これでバッチリ!転職理由を上手に伝える3つの方法

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「よし、転職しよう!」

転職は人生の中でも大きな決断です。

転職を決意する理由は人それぞれありますが、みなさんはどのような理由で転職を決意しているのでしょうか?

この記事では、みなさんの理由転職を確認し、転職理由を上手に伝える方法を紹介しています。

みんなはどんな転職理由で転職しているの?

転職者の数だけ転職理由がありますが、どのような理由でみんなは転職しているのでしょうか?

人間関係

転職理由で最も多いのが職場の人間関係によるものとなります。

仕事をする上で完全に人と関わらずに働くことは難しですよね。

職場の同僚や上司、部下などどうしても付き合わなければいけない人も多くいます。

  • 「仕事自体は好きだけど、職場の人間関係がちょっと、、、」
  • 「人間関係のいい職場に行けばもっと楽しくて充実した日々を過ごせるのでは」

逆にいうと、多少会社に不満があっても人間関係の良い職場なら我慢して働き続ける人が多い場合も。

人間関係を転職理由に転職する人が多くいます。

お給料の不満

労働の対価として頂くお給料。

仕事のやりがいや職場の人間関係はもちろん大切ですが、もらえるお給料の金額も大切ですよね。

  • 「今の給料に満足できない」
  • 「家族も増えたのに、今の給料ではやっていけない!」
  • 「このまま今の職場で働いても、大きな昇給も望めない」
  • 「ボーナスが出ない」

お給料への不満やさらなる昇給を転職理由に転職する方もいます。

労働条件の改善

労働基準法により最低限の休日や労働時間は定められていますが、働く職場や職種によって休みのとりやすさや残業時間も大きく変わってきます。

「毎日遅くまで残業があって、自分の時間がつくれない」
「子供と休みの日に遊びに行きたいので、土日休みの職場で働きたい」

このように職場でのより良い労働条件を求めるだけでなく、職場までの通勤時間など働きやすく続けやすい職場を求めて転職する方がいます。

病気

体調不良や病気が原因で今の職場で働くことが難しくなり転職をする方もいます。

本当の転職理由が伝えにくい原因とは?

転職理由には様々なものがあることを確認しました。

本当の転職理由を応募書類や面接でそのまま伝えることに不安に感じる人も多くいます。

本当の転職理由が伝えにくくなってしまう原因には、どのような転職理由があるのでしょうか?

すぐに辞めてしまった

「人間関係がうまくいかなかった」
「実際に入社してみると思っていた会社と違った」

様々な理由により1週間や1ヶ月など短期間で会社を辞めてしまった場合、本当の転職理由を伝えにくく感じる方も多くいます。

転職回数が多い

転職回数が1回、2回の時はそれほど気にしなくても、3回以上になると書類選考や面接の時に

「転職を繰り返している人で、働いても長く続かない人と思われないか?」

と不安に感じて本当の転職理由を伝えにくい場合があります。

本当の転職理由を伝えよう!転職理由を上手に伝えるための3つの方法

本当の転職理由を伝えることが難しくなる原因を見てきましたが、伝えにくい転職理由を伝える時には、次の3点に気をつけながら、本当の転職理由を伝えるようにして下さい。

嘘はつかない

全ての大前提として嘘はつかないで下さい。

  • 人間関係がうまくいかなかった
  • 短期間ですぐに辞めてしまった

伝えにくい転職理由ですと、本当の転職理由を伝えず嘘をついて無難な転職理由を伝えたくなる気持ちもわかりますが、提出書類や面接での嘘は往々にしてバレてしまうものです。

たとえ転職できても入社後に嘘が発覚した場合など、入社時の契約や取決めによっては大きな問題になります。

しっかりと本当の転職理由を伝え、ありのままの自分が受け入れてもらえる会社を選んで下さい。

伝え方を工夫する

転職理由で嘘をついてはいけません。

ただし、伝え方を工夫することで相手への伝わり方が大きく変わることもあります。

もしみなさんが面接官だった場合、次のような転職理由を聞いた時には、どんなことを感じるでしょうか?

転職者A

転職者A
休日が少なく残業が多いため自分の時間が持てずに転職しました。

「あまり仕事に熱心ではないのかな?」
「自分の時間を大切にするのはいいけど、他の従業員とうまくやっていけるのか?」
「どうしても残業しなければいけない時、残業をお願いしづらいな」

これから一緒に働くことに、不安に感じる人もいるのではないでしょうか?

このような時は言い方を少し工夫することで、次のように伝えることができます。

転職者A

転職者A
人員不足による1人あたりの業務量の増加により、残業や休日出勤が常態化していました。

残業を減らすための作業の効率化や社内システムの提案、実施を行いましたが残業や休日出勤を無くすまでには至りませんでした。

自分の時間を確保できる環境で自分自身がスキルアップをしながら、そのスキルを仕事に活かして働いていきたいと思い転職することを決意しました。

これは一例で、転職前に残業を減らす工夫をしていたかどうかの問題もありますが、同じ「自分の時間が持てずに転職した」という転職理由でも、伝わり方が大きく変わります。

あなたが採用する側の人間だった場合、これから一緒に仕事をやっていきたいと思わせてくれるような人を採用したいですよね?

  1. なぜ転職をしたのか
  2. 転職前にどのようなことしてきたのか
  3. 転職先の会社で何をしていきたいのか

この3点に気をつけることで、本当の転職理由をうまく伝えることができます。

第3者に確認してもらう

自分の転職理由が転職先にどのように受け止められるのか。

人によって受け止め方も異なり、自分だけで考えていると限界を感じますよね。

また家族や友人など、自分と関係ある人のアドバイスをもらうこともいいのですが、やはりそこは自分をある程度知っている人の意見。

面接官のように自分のことを知らない第3者とは立場が違いますよね。

もし面接をする前に自分の転職理由がどのように受け止められるのかを事前に確認することができれば安心して提出書類の作成や面接にも臨ことができます。

そんな時は家族や友人以外の転職のプロである第三者に相談しながら転職理由を確認してもらうことをオススメします。

自分がマイナスだと考えていた転職理由が実はプラスの転職理由になったりと、自分だけでは気づかない点も教えてくれるので転職の幅を広げてくれます。公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)

まとめ

みなさん、いかがでしたでしょうか?

転職理由にはありのまま伝えづらいものもありますが、転職先でこれからどのように働いていきたいのかをしっかりと伝えることが大切です。

自分の中でなぜ転職をして違う会社で働来たいのかをもう一度考えながら、みなさんにあった会社に出会えるよう転職活動をしてください。