その他

こんなことまでやってるの!?仕事での休憩時間の過ごし方

管理人ミチオ
管理人ミチオ
皆さんは、仕事の休憩時間はしっかりと休んでいますか?

午前中の仕事の疲れを癒し、午後の仕事に備えてしっかりと休む時間の休憩時間ですが、人によっては休憩時間を様々な時間として利用しています。

みんなの休憩時間の過ごし方に興味がある人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、休憩時間を少しでも有効に活用することができればうれしく思います。

仕事での休憩時間は労働者の権利?休憩時間の定義とは?

いつも当たり前のようにとっている仕事の休憩時間ですが、休憩時間は時間の長さなど、どのように定義されているのでしょうか?

休憩時間の長さ

休憩時間の長さは、労働基準法第34条によって次のように定められています。

労働時間 休憩時間
6時間を超え、8時間以下の場合 少なくとも45分
8時間を超える場合 少なくとも1時間

普段当たり前のように休んでいる休憩時間も、労働時間によって休憩時の長さも変わることになります。

また職場によっては休憩時間中の来客や電話の対応が日常的に行われている会社もあると思いますが、法律からするとNGに。

休憩時間は労働者が労働から離れることが保障されなければならないため、来客対応や電話対応は完全に労働から離れていない待機時間に該当し、休憩時間にはならないことになります。

そのため、電話対応や来客対応をした時間分は新たに休憩時間として休まなければいけないことになります。

参考→厚生労働省 労働時間・休憩・休日関係

えっ、そんなことまでやってるの?仕事の休憩時間の過ごし方

普段当たり前のように休んでいる休憩時間も、労働時間によって長さが変わり、休憩中の過ごし方によっては休憩時間とみなされないことを見てきました。

本来は休むべき時間の休憩時間を、みなさんはどのように過ごしているのでしょうか?

休憩時間の目的通り、しっかりと休憩だけしているのでしょうか?

何もせずしっかりと休む

仕事の休憩時間の清く正しい過ごし方です。

もちろん仕事や何か特別なことをするわけでもなく、ただひたすら休む。

休憩時間の本来の姿ですが、休憩時間を利用して何か雑用をしてしまうなど、できそうでできない休憩時間の過ごし方となります。

寝る

これでもう午後の仕事もバッチリですね。

寝ることで気持ちのリフレッシュはもちろん、体もしっかりと休めることができます。

ただし、油断すると休憩時間を寝過ごすほど寝てしまうことも。

適度な昼寝はいいですが、寝過ぎることで逆に体がだるくなってしまうこともあるので注意が必要です。

室内で静かに過ごす

少しアクティブになってきました。

甘くて美味しいスイーツを食べて幸せな気持ちになったり、好きな音楽を聴いてリラックス、静かに読書、、、などなど。各自が好きな時間を過ごしリフレッシュすることに。

自分が好きなことをする。

これが一番の休憩かもしれませんね。

ストレッチ

いよいよ行動してくるパターンが出てきました。

体を休める時間に体を動かすことは、、、、とも思いますが、デスクワークなどをやっている人はお昼を食べた後、時間をおいてからのストレッチは血行も良くなり午後の仕事にもプラスの効果。

ただしあまり激しいストレッチをしてしまうと程よい疲れと満腹感から、午後の仕事が睡魔とのガチンコバトルになることもあるので注意が必要です。

運動する

もう「休憩」の時間ではないですがいいんです。

本人が運動をしたいのですからいいんです。

会社によっては社内で好きな人が集まり、バレーボールやフットサル、キャッチボールからテニスなど気軽に初めて終わることができる球技などをやる企業もあるとか。

完全に仕事から頭も体も切り替えることができるので、リフレッシュには運動が最もいいのかもしれませんが、多くの企業では60分の休憩時間。

お昼を食べる時間や少し体を落ち着かせる時間などを考えると少し慌ただしいことも。

日本の休憩時間。

90分くらいになりませんかね?

買い物や所用を済ます

お疲れ様です。

主婦の方などは休憩時間を使い、その日の夕食の買い物を済ませたり、休みの日にはやっていない銀行や役所での所用を済ませることも。

中には休日と休診日が重なることから、病院に行くという人も。

みんな様々な休憩時間を過ごしているんですね。

いづれにしても主婦の方々、お疲れ様です。

仕事をする

「休憩時間はいらない」

そんな考えから、休憩時間にもかかわらず仕事をする人も。

自分が好きで働く場合はいいのですが、注意してほしいのは上司の方。

上司が休憩時間も働いちゃうようなタイプだと、周りの部下も気を使い休むは休むけど、、、なんだか休めないよ!

そんな気持ちになってしまうことに。

休憩時間だもん。

休みましょ?

別の意味で休憩時間はいらない

「何しゃべればいいんですか?」

休憩時間に何を喋ればいいのかわからず、逆に気を使ってしまい休憩時間が休憩ではなく気を使う時間になることも。

特に休憩室が狭く休む場所がそこしかないような職場は、お昼を食べた後はそそくさと自分の席に戻る人も。

車通勤の人はお昼自体を車でどこかに食べに行くという人も少なくありません。

「うーん、なんか疲れた。休憩時間くらい気を使わず1人でゆっくりしたい」

そんな意見も特に若い人から多く聞かれました。

転職活動をする

「職場で転職活動ですか?」

今の職場に何かしらの不満があるという人の中には休憩時間を利用して転職活動をする人も。

「今すぐに転職をしたいとは考えていないけど、いい仕事があれば転職してもいいかな」

そんな気持ちで求人を探す人も少なくありません。

仕事を辞めてからの転職活動になると様々なリスクがあるため、在職中に仕事を決めてから安心して退職する方がいいですね。

(私が転職先を決める前に退職して苦労した話はコチラ)
仕事から逃げたい時は逃げていい。そんな記事もあるけれど、、、

今の働きたくないと感じている職場で転職活動をすることにより、今の会社から離れることに向けて前進していると実感できることから転職のモチベーションが上がるという人もいます。

ただし、場所が場所なだけに、周りの目も気にしながら転職活動をすることが大切です。

気楽に転職活動を始めたい人も、がっつり転職をしたいと考えている人も自分1人で転職活動をするときは求人を探すことはもちろん、履歴書の作成や面接の調整など色々と面倒なことも少なくありません。

そんな時は転職エージェントを利用しながら転職活動することをお勧めします。

転職エージェントを利用して自分が希望する転職条件を伝えておけば、条件にあった求人を紹介してくれるだけでなく、一人で転職活動をする時には大きな負担となる転職先に提出する履歴書や職務経歴書などの提出書類の添削、面接の日程調整なども無料でサポートしてくれます。

職場の休憩時間に人目を気にしながら転職活動をすることももう必要ありませんよ。

転職エージェントにも様々な会社がありますが、オススメは転職といえばでおなじみのリクルートがさんが運営しているリクルートエージェント

知名度や業界トップクラスの求人数だけでなく

直接の面談が難しい人は電話による面談が可能など、転職者に合った細かい転職サポート

が充実していることが大きな特徴です。

転職前から転職後のサポートまで充実しているのがいいですね。

しかし休憩時間に転職活動をするんですね。

小心者の私はできませんでした。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。

休憩時間といっても過ごし方は人それぞれ。

仕事の中で唯一リラックスできる貴重な時間です。

午後の時間に備えてしっかりと体を休んめてくださいね。

みなさんも休憩時間を有効活用しながら楽しく有意義な時間をお過ごし下さい。