こんな仕事のはずじゃ、、、転職を後悔した人がやるべき事

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「転職に失敗した!」

転職はしたものの自分の思っていたような転職ができず、転職を後悔している人はいないでしょうか?

転職をする前は今の職場から少しでもいい職場へ転職しようと期待を膨らませていても、いざ転職をしてみると思っていた職場と違うということも。

転職を失敗して後悔している人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、少しでも転職で後悔する人が少なくなれば嬉しく思います。

転職に失敗した!転職を後悔する理由とは?

誰もが自分の思い通りの転職ができれば一番いいのですが、誰もがそのようにいかないのもまた現実。

転職で後悔してしまう原因には何があるのでしょうか?

転職前に思っていた仕事と違う

転職前に面接や会社情報を通して転職先の仕事内容を多くの方は確認していますが、実際に働き始めることで現実との違いに戸惑う人も。

実際に働き始めることで、イメージしていた仕事とのギャップが大きく、転職を後悔することがあります。

転職前に聞いていた労働環境と違う

転職を後悔することは仕事内容だけではなく、労働環境が違うことで転職を後悔することがあります。

面接の時には残業はほとんどないという話でも、実際に働き始めてみるとほぼ毎日のように残業の日々ということも。

また残業だけではなく、年間の休日日数やひどい場合では給与額が違うというところも。

転職前に聞いていた労働環境と実際に働く労働環境が違うことで転職を後悔することがあります。

職場の人間関係が悪い

転職前に仕事内容や給与面など、ある程度目に見えるものでさえ実際に働き始めると考えていたものとは大きく違うことも少なくありません。

人間関係のように目に見えないものではさらにイメージとずれてしまうことが多く、職場の人間関係が実際に働き始めて悪いことが分かり転職を後悔することがあります。

転職を後悔しながら働き続けることで起きる問題とは?

転職を後悔する原因には、転職前と後のギャップが大きく影響していることを見てきましたが、転職を後悔しながら働き続けることでどんな問題があるのでしょうか?

仕事のモチベーションが上がらない

転職を後悔しながら働き続けることで仕事に対するモチベーションが上がらず、思うように仕事に集中できない問題があります。

転職前は前職に比べて少しでもいい職場で働きたいという思いで転職してきた現在の職場。

しかし、いざ働き始めてみると転職前にイメージしていた職場と大きく異なり仕事へのモチベーションも上がらないことに。

転職前の期待が大きければ大きいほど転職への後悔も大きいものになり、転職後のモチベーションも上がりにくいものになります。

前の仕事や他の仕事がよく見えてしまう

今の職場に転職したことを後悔することで

「こんな職場だったら焦って転職先を決めなければよかった」

「こうい職場だったら、まだ前の職場の方がましだった、、、、」

転職を後悔しながら働き続けることで、他の仕事や前職がよく見えてしまうことがあります。

転職を後悔したあなた。次の仕事を後悔しないものにするためにできる事とは?

転職を後悔しながら働き続けることで、仕事のモチベーションが上がらないだけでなく、他の仕事や前職までもがよく見えてしまうことを見てきましたが、思うような転職ができずに転職を後悔している人は今の職場できることには何がるのでしょうか?

また次の転職を後悔しないものにするためにはどんなことができるのでしょうか?

今の職場で自分ができることを考える

転職に失敗して、今の職場が嫌で嫌でしょうがないあなたは、今の職場でもうできることは何もないでしょうか?

今の働いている職場は、後悔した転職先とはいえ、少なくとも一度はあなたが働きたいと感じた職場です。

今の職場でできることはないでしょうか?

  • 今の仕事はあなたが将来やりたいことに全く結びついていないでしょうか?
  • 今の職場で可能なかぎりスキルアプをして、その技術を次の転職先で生かすことはできないでしょうか?
  • 今の職場の仕事は全てあなたにとって無駄なことばかりでしょうか?

転職を後悔している今の職場でも、今のあなたができることを探して見てください。

また、今回の転職が後悔したものになった原因は何だったでしょうか?

  • 転職の準備不足が原因でしょうか?
  • 転職先がなかなか決まらず、焦って転職先を決めてしまったことでしょうか?
  • それとも、あなたにはどうすることもできない原因が転職を後悔するものになったでしょうか?

今回の転職がたとえ後悔をするようなものになっても、今回の転職の失敗を次の転職に生かすことはできます。

まずいきなり転職を考えるのではなく、後悔した転職から今あなたができること考えましょう。

転職の目的をはっきりさせておく

転職を後悔するものにしないためには、なぜ転職をするのか転職の目的をはっきりさせておくことが大切です。

自分が何のために転職をするのか目的をはっきり持つことで、転職時にも転職先を決めるときの条件がブレることなく、後悔する転職になる確率も低いものになります。

また転職後に思っていた仕事と違う仕事だと分かった時も、自分の転職目的がはっきりしていればその職場で自分ができることを探し、自分が思っていた転職ではないものからも多くのものを学ぶこともできます。

転職前後のギャップをなるべく小さくする

転職が後悔するものになってしまう多くの理由が転職前と転職後のギャップによることを見てきましたが、このギャップを少しでも小さなものにすることで転職を後悔しないものにすることができます。

そんな時は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めることをお勧めします。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントの利用
メリット デメリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

リクルートエージェントは1977年の創業以来、37万名以上の転職者を転職成功に導いてきました。

この転職成功者の実績は業界NO1で、現在も年間23,000人の転職成功者を生み出し続けています。

転職エージェントの中には転職実績を公表していないところも多くあります。

そのため、リクルートエージェントはイメージではなく実際に結果が出せる転職エージェントであることが分かります。

 

またリクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介できる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

 

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

・急な退職者など、すぐに人材が必要な場合

・会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合

・大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合

・採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)

・採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

 

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになります。

少しでも多くの求人の中から、自分に合った求人を選びたい人は、全て無料で利用できる
リクルートエージェントをフル活用してみて下さい。

 

管理人ミチオ

管理人ミチオ
先ほど、転職エージェントのデメリットとして、担当者によってサービスのばらつきがあることを紹介しました。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性は転職を成功させるための大切な条件になります。

私も実際にリクルートエージェントを利用した時に、どうしても自分と合わない担当者に当たったことがあります。

担当者を変えてもらうことは少し気まずかったのですが、メールで連絡すると2日後に担当者を変更してもらうことができました。

リクルートエージェントでは、どうしても担当者が合わない時はメールで気軽に担当者の変更もできますので、気軽に利用してみて下さい

リクルートエージェントの担当者変更はこちらからできます → 問い合わせ

 

転職エージェントをうまく利用して、あなたが後悔のない転職ができることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントに登録する(無料)