その他

コミュニケーションが苦手な人が自分らしく働ける仕事とは?

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「あー、また明日も会社に行くのか。あの職場の無言が辛い」

このように、コミュニケーションがうまく取れないことが原因で、仕事に行くことを辛く感じている人はいないでしょうか?

私、管理人のミチオも、職場でのコミュニケーションが苦手で、そのことが原因で転職をしたこともあります。

この記事では、コミュニケーションのうまいとり方や、私が実際にやってみて、あまりコミュニケーションを必要としなかった仕事を紹介しています。

職場でうまくコミュニケーションがとれないことに悩んでいる人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、あなたがコミュニケーションを少しでも気軽にとれるようになれれば、嬉しく思います。

苦手で苦痛で辛くなる、、、仕事でコミュニケーションがうまくとれない原因とは?

仕事をしていれば何をするにしても必要になってくるコミュニケーション。

周りを見てみると誰とでも問題なくコミュニケーションをとれている人もいれば、いつもコミュニケーションをとることに苦しんでいる人も。

仕事でコミュニケーションが取れない原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

緊張してしまう

相手は何も気にしていないのに自分の方で色々なことを気にし過ぎてしまい、緊張することでうまくコミュニケーションがとれないことがあります。

「自分がこんなことを言ったら相手にどう思われるんだろう?」

「こういう言い方より、別の言い方の方が相手は傷つかないかな?」

もう考え出したら止まらなくなってしまいますが、自分が言ったことに対して相手がどう思うのかを気にするなど、相手とは関係なく自分1人で色々なことを考えてしまいうまくコミュニケーションがとれなくなることがあります。

怖い

自分が発する言葉や相手から言われる言葉によって自分が傷ついたり相手を傷つけることを怖がるあまり、コミュニケーションがうまく取れないことがあります。

またコミュニケーションを取っていると、会話の途中で無言になることも。

無言になることで相手が何を考えているのか分からず、無言の状態になることを恐れることからうまくコミュニケーションが取れないことがあります。

上司への質問、、、コミュニケーション不足によって困る職場の場面とは?

コミュニケーションがうまく取れない原因には相手の気持ちや自分の気持ちを気にし過ぎることが大きく影響していることを見てきました。

具体的に、コミュニケーションがうまくとれないことで困る仕事の場面には、どのような場面があるのでしょうか?

上司とのコミュニケーション

コミュニケーションをとる相手で最も難しい相手の1人になる上司とは、できることなら必要以上にあまり関わりたくない存在に。

上司とは仕事を進める上で業務の報告や連絡、相談など何かとコミュニケーションをとらなければいけない場面も少なくありません。

その時に上司とうまくミュニケーションがとれないことで困ることが多くあります。

仕事の休憩時間

仕事の休憩時間は本来リラックスして仕事の疲れを取る時間のはずですが、コミュニケーションがうまく取れないことでリラックスどころか修行のような苦痛に耐える時間になることがあります。

仕事中は基本的に話す内容も仕事のことになるため話のネタには困らず、無言なら無言で仕事中のため特に違和感もなく気にならないことに。

しかし仕事の時間が一時中断する休憩時間は自由な時間となるため何を話してもいいことになり、それが逆に何かを話さなければいけないプレシャーになってしまうことも。

話すことがない時は一刻も早く1人になる時間を求めて休憩室から脱出を試みる人も多くいますが、休憩室以外に自分の居場所がない人は地獄のような時間を休憩室の中で耐え続けることになります。

自由なコミュニケーションがとれる休憩時間が、困る場面になってしまうことがあります。

こんなことまでやってるの!?仕事での休憩時間の過ごし方

 

仕事の移動中

仕事によっては上司や同僚と車や電車、飛行機などを利用して移動することもあります。

気の合う人との移動なら仕事中とはいえ軽い旅行気分も味わうことができますが、自分と合わない先輩や上司などとの移動になると移動時間が耐え難い時間になることもあります。

同行者が先輩や上司の場合はこちらも気を使い何かを話そうとしますが、もちろん話すことはすぐになくなり無言の時間に。

特に車での移動は車内で2人だけとなり、気まずさもかなりのものに。

移動中に気を使うことで、移動先で仕事をする時にはエネルギーの70%ほどを既に消費し切っていることも少なくありません。

仕事の移動中にコミュニケーションがとれないことで困ることがあります。

身につけよう!コミュニケーションスキルを身につける方法

仕事をする上でコミュニケーションがとれずに困る場面は職場内だけでなく、社外にもコミュニケーションがとれずに困るシチュエーションがあることを見てきました。

コミュニケーションをとるために欠かせない「コミュニケーションスキル」を身につけるためには、どうすればいいのでしょうか?

何はともあれ笑顔

いつもしかめ面をしている人といるとこちらまで暗い気持ちになることも。

一方、何だかよく分からないけれどいつもニコニコしている人と一緒にいる時は、こちらまで何だか楽しい気分になることも。

何も話すことがない無言の時も、笑っていればお互いの気まずさも少しは軽いものに。

あまり意味もなく笑っていると気持ち悪いこともありますが、笑顔でいることでコミュニケーションがスムーズにとれることがあります。

無言を恐れない

コミュニケーションの中でも無視することができない「無言」の存在。

お互い話すことが何もない時は無言になりますが、この無言が怖いものでなくなれば、コミュニケーションはもはや恐れるに足らない存在になります。

それは少し言い過ぎですが、無言が怖いものでなくなれば、コミュニケーションをとることがだいぶ楽になることは間違いありません。

この無言を恐れないようにするためのコツとして、、、何かありますか?

書いている私が知りたいくらいなんです、、、。

名案が浮かばずすいません。

でも1つ言えることは「無言もそんな悪くないもの」ということです。

親しい人との間の無言を思い出してみて下さい。

どうですか?

「何か話さなければ、、、、」

そんな焦った気持ちになりますか?

親しい人との間の無言は気まずい時間ではなく、むしろ話をしている時と同じくらい
相手のことを想うことができる大切な時間なのではないでしょうか?

今は無言が気まずい時間に感じている人とも、今後いい関係を築いていくことで、無言の時間も有意義な時間に変えていくことができます。

絶対必要?コミュニケーションをあまり必要としない仕事とは?

コミュニケーションをとるために必要不可欠なコミュニケーションスキルには無言を恐れないという画期的?な方法もありました。

しかし、私も含めてコミュニケーションをとることが苦手で、どうしても苦手意識がとれない人がいることもまた事実。

そんな人は、私が実際にやってみて、あまりコミュニケーションを必要としなかった仕事を紹介するので、参考にしてみて下さい。

工場のライン作業

仕事の人間関係を築くのが苦手な人にオススメの仕事として、工場でのライン作業の仕事があります。

私が働いたのはスマートフォンの組み立てをする仕事でしたが、基本的に一度作業するラインに入ると話をすることは禁止となるため、コミュニケーションをとることが苦手な自分にはとても働きやすい職場環境でした。

ただし、先ほどコミュニケーションをとるのに困る場面で紹介したように、私が働いていた工場は休憩室が1つしかなく、休憩時間はそこに全員が集まることになりました。

私は車通勤だったので車の中でお昼を食べることもできましたが、もし自分が自転車や電車通勤で、休憩時間をあの部屋で過ごさなければいけなかったと思うと、、、。

お昼休みの問題などはありましたが、工場でのライン作業の仕事は、基本的にコミュニケーションをあまり必要としない仕事になります。

私が実際に、スマートフォンの組み立ての仕事を探したのはこちらのサイトです。


公式サイト:ジョブペーパー(無料)

トラックドライバー

もう一つ、コミュニケーションが苦手な私が転職してよかった仕事にトラックドライバーの仕事があります。

私が転職したのは長距離トラックドライバーだったので、泊まりの勤務もある体力的にはキツイと感じることもある仕事でしたが、会社を出れば基本的に1人の時間となります。

そのため会社さえ出てしまえば、仕事の多くの時間を1人で過ごすことができるため、体力的な大変さはあるものの、コミュニケーションが苦手な私には働きやすい仕事となりました。

また私の職場に限ったことかもしれませんが、トラックドライバーをしている人の中には、自分と同じようにコミュニケーションが得意ではない人も少なくありませんでした。

そのため、コミュニケーションが苦手な者同士でお互いの気持ちが何となく分かることもあり、会社に戻った時も雑談しながら楽しい時間を過ごすことができました。

ただし、ずっと一緒に働くような仕事の場合は、こういった良い関係を築くことは難しかった気もします。

普段は別々に仕事をしていて、仕事が終わった時にだけ会うという、つかず離れずの関係が自分にはちょうどいい距離感で、自分にとってとても働きやすい仕事となりました。

体力や働きたいというエネルギーはあるが、コミュニケーションスキルに不安を感じている人は、トラックドライバーの仕事も考えてみて下さい。

私が初めてトラックドライバーをした時のように、コミュニケーションスキルをあまり必要としない仕事を始める時は、未経験の仕事に挑戦する場合も出てきます。

コミュニケーションをあまりとらない仕事に転職したいけど、未経験の仕事に転職するのは不安

このように、未経験の仕事への転職に不安を感じる人は、転職エージェントの
ハタラクティブ
を利用してみて下さい。

 

ハタラクティブは未経験業界への転職に特化した転職エージェントになります。

未経験の仕事に挑戦する人をサポートするということで、転職サポートには定評があり、
書類審査通過率が91.4%となっています。

応募した10人中9人以上が書類審査を通過することになり、ほとんどの応募者が面接に挑戦することができます。

書類審査を通過し、面接に挑戦した人が内定を獲得する転職内定率は80.4%と高い数値になっています。

この転職内定率の数値は、各転職エージェントが転職内定率を公表していないので、一概に比較することは難しくなっています。

しかし、次の一般的な転職エージェントの内定率のデータを見てもらうと、ハタラクティブの転職内定率の高さが分かります。

・書類選考通過率:30%程度

・1次面接通過率;30~40%程度

・最終面接通過率:30~50%程度

もし上記の歩留まり率で選考が推移したとして、高めに見積もっても、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。

「すべらない転職」より

このように、ハタラクティブを利用することで、イメージではなく、実際に未経験の仕事へ高い確率で転職できることが分かります。

 

ハタラクティブの高い書類審査通過率や内定率の理由は、紹介されている求人が実際に足を運び確認されている会社ということがあります。

そのため、会社側がどのような人材を欲しがっているのかが事前に確認されている求人となり、あなたの「未経験の仕事に挑戦したい」という気持ちと、会社側の「こんな人と一緒に働きたい」という気持ちを、しっかりとマッチングしてくれます。

  • 未経験の仕事ということで、書類審査に落とされないか不安
  • 本当に未経験の仕事に転職できるのか不安
  • 転職後に思っていた会社と違い、転職を後悔することがないか不安

未経験の仕事へ転職することに対して、このような不安を感じている人は、ハタラクティブを利用することで不安を解消することができます。

 

良いことばかりのように思えるハタラクティブですが、気をつけなければいけない事として、転職活動を全て任せてしまい、転職活動自体が受け身になってしまうことがあります。

仕事の忙しさから、ハタラクティブに紹介された求人だけをチェックし、自分で求人を探すことを止めてしまう人もいます。

ハタラクティブを利用することで転職活動をスムーズに進めることはできますが、転職するのはあなた自身です。

今の会社で働き続けることも、今の自分にできることを考え実際に行動していくことも、全てあなたが自由に選択することができます。

あなたが、コミュニケーションをとることに苦しむことなく、自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

 

公式サイト:ハタラクティブで未経験の仕事に挑戦する(無料)