上司が原因で仕事を辞めたい!転職前に上司と関係修復する方法

「どうやっても今の上司と上手くいかない。今の状態が続くなら仕事を辞めたい」

退職理由になることの多い職場の人間関係ですが、中でも普段から関わることの多い上司との関係に悩む人も多いのではないでしょうか?

上司との関係がうまくいかず仕事を辞めたいと考えている人は是非この記事を読んで見てください。

この記事が上司との新しい関係を考えるきっかけになれば嬉しく思います。

1.仕事を辞めたいほど職場の上司が嫌になる理由とは?
2.上司が嫌で仕事を辞めたいあなたが転職前にやるべき事とは?
3.上司が嫌で仕事を辞めたいあなたが、満足のいく転職をするためにやってはいけない事

1.仕事を辞めたいほど職場の上司が嫌になる理由とは?

多くの人が仕事をしていると悩むことになる職場の人間関係ですが、中でも仕事をしていく中で関わることの多い上司との関係に悩む人は少なくありません。

仕事を辞めたいと思うほど上司との関係が悪くなってしまうこともありますが、仕事を辞めたいと思うほど上司のことを嫌いになってしまう理由にはどのようなものがあるので
しょうか?

・偉そう

確かに偉いのかもしれません、上司ですから。

「書類作っとけよ」

「仕事遅いぞ、早くしろ」

そんなに偉そうにしなくてもいいのに、、、、そんな気持ちになってしまうほど偉そうにしている上司と一緒に仕事をすることで嫌な気持ちになると同時に大きなストレスを感じることになります。

上司と関わるたびに嫌な気持ちになることから少しでも上司と関わる機会を減らそうとしますが、関わる機会を減らそうとすればするほど上司との関係がさらに悪いものになり、上司と接する時にはさらに気まずい位雰囲気の中で仕事をする事にになってしまうこともあります。

偉そうな上司と一緒に仕事をすることで仕事を辞めたいと思う事があります。

・すぐ怒る

「バカヤロー」

「なんでこんなミスするんだ!何回この仕事やってるんだ!」

こんな上司がいる職場はもう恐怖以外の何物でもありません。

今は昔に比べてこのような上司も少なくなってきたとはいえ、やたらと怒る上司がいると本当に仕事が辛く嫌なものになります。

「ミスをした私が悪いですが、なぜそこまで怒鳴られなければいけないのでしょうか、、、、、あなたはミスをしませんか?」

時にはこんな言葉を上司にぶつけてみたくなることもあります。

しかし多くの人は目の前の怒り狂う上司の顔を見ながら時が過ぎるのをじっと耐える事になります。

些細な事ですぐに怒ったり意味もなくいつも怒っている上司と一緒に働くことで会社に行くこと自体が辛くなり、仕事を辞めたいと思うことが多々あります。

・なんとなく好きになれない

やはり人間誰しも合う人と合わない人がいるものです。

何かひどいことをされているわけではないけれど、なんか上司のことが好きになれないという場合もあります。

一見大した問題ではないように見えますが、この「なんとなく上司を好きになれない」ということが意外と大きな問題になることがあります。

偉そうな上司や怒りやすい上司は嫌いな原因が分かっているので自分の中でも対処のしようがありますが、上司のことがなんとなく好きになれない場合は嫌いになる原因が分からないことでどのように対処すればいのか自分でも分からないことになります。

日々一緒に働いていく中で少しづつストレスが溜まっていくことになり、ストレスが大きくなるにつれて気づいた時には仕事を辞めたいほど上司の事が嫌になっていることがあります。

2.上司が嫌で仕事を辞めたいあなたが転職前にやるべき事とは?

仕事を辞めたいほど上司のことが嫌いになる理由には上司の態度や性格が影響していることをみてきましたが、自分と合わない上司が嫌で転職を考える人も多くいますが、転職を決意した後はもうすぐに転職活動をしたほうがいいのでしょうか?

転職以外にやるべきことはないのでしょうか?

・上司と合わない原因を考える

先程も上司と合わない理由のところで見たように、上司と合わないことでただ上司のことが嫌いだと考えるのではなく、上司と何が合わないのか原因を考えることが大切です。

仕事を辞めたいと思うほど上司と合わない状態です。

そう簡単には今の関係を変えることは難しいかもしれませんが、上司との新しい関係を築くために次の3つを試してみて下さい。

・上司の好きなところを見つける

人間誰しも自分と合わないと感じている人に対しては嫌なところばかりに目がいってしまい、その人の良いところには目がいかないものです。

もう本当に大っ嫌いな上司かもしれませんが、何か上司のいいところはないでしょうか?

「いつも偉そうにしているけど、仕事はきっちり調整してみんなが働きやすいようにしてくれる」

「すぐ大声で怒鳴るけど、困っている時にはさりげなく優しさを見せてくれる時がある」

思い返してみると1つや2つ、上司のいいところが頭に浮かばないでしょうか?

ここで大事なことは

上司の全部を好きになる必要はない

ということです。

人間誰しも完璧な人などいません。

上司そのものを好きになろうとすれば無理がありますが、上司の良いところを1つ見つけることならできるのではないでしょうか?

なかなか嫌な上司を目の前にすると難しい時もありますが、嫌なところにいきがちな目を上司の良いところに向けてみることで、上司との新しい関係を築くきっかけをつかむことができるかもしれません。

・自分から話しかける

これは上司の良いところを見つけることよりさらに難しいことかもしれませんが、上司にこちらから話しかけることで上司との新しい関係を築くきっかけをつかめることがあります。

自分から嫌いな上司に話しかけることになります。

気分のいいものではないですよね。

「何で自分から話しかけるんだ!上司の方が部下に気を遣い話しかけるのが筋だろう!」

そんな気持ちになる人もいると思いますが、自分が大人になったつもりで1度やってみて下さい。

ここで少し考えて欲しいのは

あなたと同じように悩んでいる上司も多い

ということです。

「上司」と一言でいってもあなたが初めての部下になる新米上司から、長年上司としてやってきたベテラン上司まで様々な上司がいます。

新米上司とベテラン上司では当然部下との接し方も変わってきますよね?

また様々な部下がいるのと同じように、話すことが得意な上司もいれば話すことが苦手な上司もいます。

あなたとどう関係を築いていけばいいのか分からず、あなたに話しかけたいけれどどうすればいいのか分からずに悩んでいる上司も少なくありません。

そのためあなたから話しかけたことをきっかけに、あなたと上司の新しい関係を築けることがあるかもしれません。

「頼まれてた仕事は終わりましたが、何か他に急ぎの仕事はありますか?」

話しかけると言っても、このような確認するだけの短い一言でも十分です。

ここで大事なのはたくさん話すことではなく、

こちらから話かける

ということです。

部下から話しかけられて嫌な気持ちになる上司は、よほどひねくれた上司でない限りいません。

一度あなたが大人になったつもりで上司に話しかけてみて下さい。

上司との関係が少しづつ変化するかもしれません。

・上司を反面教師にする

こちらから上司の好きなところを見つけたりこちらから話しかけるなど、上司との新しい関係を築くために動いても思っているようないい関係を築けないこともあります。

そんな時は上司との関係を完全に割り切ったものとして考え、上司の嫌な点を反面教師として学ぶようにしてみて下さい。

自分が嫌だと感じている上司です。

自分はこうなりたくないと、上司からが学ぶことは少なくないはずです。

上司を反面教師として、上司からは悪いことを学ぶと割り切りながら働くことで、今の上司との辛い状態から少し気持ちに余裕を持って働くことができるようになります。

自分の心に余裕がもてることで、それをきっかけに上司との新しい関係を見つけられることもあります。

3.上司が嫌で仕事を辞めたいあなたが、満足のいく転職をするためにやってはいけない事

上司が嫌で仕事を辞めたい人が転職する前に上司との関係を変えるために今の職場でやるべきことを紹介しましたが、それでも今の上司との関係を改善できないこともあります。

そんな時は転職する事も考えてみてください。

あなたは今の職場でできることは全てやりました。

堂々と次の職場へ向けて動いていきましょう。

もしあなたが今の職場でできることをやらずにすぐに転職していた場合、次の職場で
また同じような問題にぶつかり転職を繰り返すことになるかもしれません。

今の職場でやるべきことをやった上で転職する

そのことが大切です。

しかし今すぐ退職をして転職活動を始めようとしている人はちょっと待って下さい。

今の一時の気持ちの高ぶりや勢いで仕事を辞めてしまうことで自分が満足のいく転職ができないことがあります。

あなたが満足のいく転職をするために、今の職場を退職するまでやってはいけない事を紹介します。

・上司への態度に気をつける

「もうどうせ自分は今の会社は辞めるし、上司との関係なんかどうでもいいや」

そんな気持ちになり、今まで我慢していた上司に対する怒りの気持ちから上司に対してもいい加減な態度をとってしまう人もいるかもしれません。

でもこれは絶対にやめましょう。

今まで上司から本当にひどいことを言われたり、どうしても納得できないようなことをされた人もいるかもしれません。

その時の出来事が今でも心の中に残っていて、上司に対して仕返しのような気持ちからひどい態度をとりたくなる気持ちも分かりますが、上司からされた酷いこと理由にあなたが上司に酷い態度をとっていい理由にはなりません。

何より相手を傷つけるような酷い態度をとった上司のように、あなた自身が自分を下げる必要があるでしょうか?

先ほど紹介した反面教師のように、自分は上司のようにはならないと心に思い、退職するまでは自分自身のためにも上司に対してはしっかりとした態度をとるようにしましょう。

・転職先を決める前に退職する

今の嫌な上司との関係から一刻も早く逃れたいために今直ぐ退職することを考える人もいますが、転職先を決める前に退職することは可能な限り避けて下さい。

上司との関係が原因で体調を崩し、これ以上働くことが難しい場合などは直ぐに今の環境を変えることも考えなければいけませんが、それ以外の人は次の転職先を決めてから今の職場を退職するようにしましょう。

転職活動が自分の思うようにスムーズに進めば問題はありませんが、転職活動が思うように進まず仕事が決まらないことで精神的な不安だけでなく、経済的な問題が起きます。

在職中に転職活動をする人は仕事を続ける限り経済的な不安はありませんが、次の転職先を決めずに退職した人は収入がない状態で転職活動をすることになり、貯金などを切り崩しながら転職活動をすることになるため、仕事が決まらないことで生活を維持することが難しくなることがあります。

リクナビネクスト 転職成功のための資金計画より

このデータによると、1〜3ヶ月の転職活動では平均すると約55万円の費用がかかることになっています。

「えっ、そんなかかるの!?」

そんな気持ちになる人も多いと思いますが、これはあくまで平均値なのでこのデータを見るともっと少ない額の人も半数以上いますが、逆に100万円以上かかっている人も少数ながらいることに。

またこのデータからは在職中に転職活動を行った人と退職後に転職活動を行った人の間ではかかった費用に2倍の開きがあることが分かります。

人間、何もしなくてもお腹だけはしっかりと空いてきます。

毎月の食費から住んでいる家の家賃も払わなければいけませんし、水道光熱費やネットの通信費など、生活をしていれば毎月必ず支払うことになる固定費が掛かってくることに。

それを収入がない中で毎月減っていく預金通帳とにらめっこをしながら転職活動を進めていくことになるため、次の仕事を早く決めなければいけないというプレッシャーに苦しみながら転職活動をすることになります。

そのため早く仕事を決めたい気持ちから自分の転職条件を緩めて転職することになり、転職後にうまくいかずにまたすぐに転職を繰り返してしまうこともあります。

「次の仕事が決まるまでは転職をするな」

このように言う人の理由もここにあります。

・在職中に転職先を決める方法

このような経済的な理由から在職中に転職先を決めておくことが大切になりますが、在職中に転職活動をする時には大きな問題になることが1つ。

在職中に転職活動をする人は当然普段はいつもの仕事をしていることになります。

そのため仕事が終わった後や休みの日など仕事以外の時間を使って転職活動をすることになりますが、転職先の求人検索はもちろん、履歴書や職務経歴書など転職先への提出書類の作成や面接の日程調整など転職活動はとにかくやらなければいけないことが多くあります。

そのため仕事が忙しい時や残業があった日など、仕事が終わって疲れて家に帰った時などは転職活動をする気力もなくなってしまう時もあり、思うように転職活動が進まない日が続くことで

「今の職場は上司が嫌だし不満も多いけど、会社に行ってればひとまずお給料はもらえて生活はできるし、、、もう少し仕事が落ち着いてから転職活動すればいいかな。」

そんな気持ちから転職活動を途中で諦めてしまう人も少なくありません。

そんな時は転職エージェントを利用しながら転職活動をしてみてください。

転職エージェントを利用すればあなたが忙しく仕事をしている間に、あなたに代わって
転職エージェントが転職活動を進めてくれます。

具体的には自分が希望する転職条件を転職エージェントに伝えることで、条件に合った求人を紹介してくれるだけでなく、一人で転職活動をする時には大きな負担となる転職先に提出する履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削、面接の日程調整なども無料でサポートしてくれます。

また転職前に知ることが難しい転職先の職場の様子や職場の人間関係など、ネット上だけでは知ることができない職場の生の情報を知ることができるため、転職エージェントを利用することで転職の失敗を大幅に減らすことができます。

そのためあなたはいつもの仕事に集中して取り組みながらしっかりと生活費を稼ぎつつ、自分の転職条件に合った求人を転職エージェントから自動的に受け取りながら転職活動を進めていけることになります。

転職エージェントを利用すればいいことばかりのように聞こえますが、利用する転職エージェントによっては転職エージェントのペースで転職活動が進められてしまい、自分が納得のいく転職活動がしにくい転職エージェントも残念ながらあります。

また転職中のサポートが事務的な仕事の紹介になってしまい、細かい転職希望を聞いてもらえないというケースも。

そんな時は1977年の創業以来、37万名の転職成功実績を誇り、年間23,000名の転職成功者を排出しているリクルートエージェントを利用してみて下さい。

知名度や転職成功実績、業界トップクラスの非公開求人数だけでなく、公式サイトで無料登録することで次のような特典を受けられます。

・業界トップクラスの非公開求人数10万件以上から自分に合った仕事を見つけら
れる。

・1977年の創業以来37万名の転職成功実績を誇り、年間23,000名の転職成功者を排出しているため、今までの転職成功データを元に自分が希望する求人に出会える可能性が高い。

・受講した人の99%が「満足」と回答している「面接力向上セミナー」を無料で
受講できる。

→セミナーでは転職活動成功のために避けることのできないに面接対策として、面接時に必要なノウハウ(企業が求める人物像、自己PRのシナリオ作成、不採用理由の分析等)のポイントを学ぶことができる。

→受講者の面接通過率が15%UP

リクルートエージェントを利用することで、自分に合った仕事を転職エージェントが探してくれるだけでなく、セミナーの受講や転職エージェントからのサポートによって転職成功率を高めつつ自分自身の転職力も高める事ができます。

・非公開求人と転職エージェンのサポートを利用して、少しでも自分に
 合った求人に出会う確率を高めたい人

・いつも面接でどのように受け答えをしていいのか分からず、面接に苦手意識
持っている人

・何はともあれ転職先を早く確実に決め、今の辛い状況を変えたい人

このような人は下にあるリクルートエジェント公式サイトの青いボタンから無料登録をして利用してみて下さい。

リクルートエージェントを利用することで転職活動をスムーズに進めることはできますが、転職するのはあなた自身です。

今の状況に留まる自由も、今の自分にできることを考え実際に行動していく自由も、全てあなたが持っています。

国内の政治経済の状況はもちろん、グローバル化した現在は海外の動向にも大きな影響を受ける国内の雇用状況ですが、現在は売り手市場が続いており転職しやすい状況となっています。

明日、明後日の自分の姿だけを考えるのではなく

「1年後にどのような自分になっていたいのか」

という未来の自分の姿を想像しながらあなたにとって一番いい選択をして下さい。

あなたが上司との関係から今の仕事を辞めたいと思っている悩みが、少しでも小さなものになることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェント(無料)