仕事の悩み

面接対策に自己分析。仕事が決まらない今こそ転職成功のためにやるべき3つの事

管理人ミチオミチオ
管理人ミチオミチオ
「転職したのはいいけど、仕事がなかなか決まらない」

みなさんの中で、このような状況に苦しんでいる人はいないでしょうか?

仕事が決まらないことで、気持ちばかりが焦ってしまい、思うように転職活動が進まないこともあります。

今の仕事が決まらない状況をなんとかしたいと考えている人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、仕事が決まらないことによる不安や焦りが少しでも小さなものになり、あなたの転職活動が少しでもいい方向に進めば嬉しく思います。

どうして仕事が決まらないの?転職先が決まらない原因とは?

「こんなに頑張って転職活動をしているのに、どうして仕事が決まらないの?」

仕事が決まらないことによるプレッシャーは経験した人でなければ分からない独特の苦しさがありますよね?

この苦しさから逃れるためにも何とか仕事を早く決めたいと転職活動を続けていきますが、中々思い通りにいかないことも少なくありません。

何が原因で転職活動がうまくいかずに仕事が決まらないのでしょうか?

会社への応募数が少ない

会社への応募数が少ないことで、仕事が決まらないことがあります。

転職成功者の平均応募者数が、17.7社となっています。

「DODA転職成功者 平均応募社数」より

皆さんが企業へ応募した数はどれくらいでしょうか?

「〇〇社応募すれば必ず内定がもらえる」

そんなゴールがはっきりしないところに転職活動の辛さがありますが、1つだけ間違いないことがあります。

応募する企業の数が増えれば増えるほど、内定を獲得できる確率も比例して増える

それぞれの転職者の状況によって応募できる企業の数も変わってきますが、今転職活動が思うように進んでいない人はこの13.1社という数字を参考に

「今月は〇〇社応募する」

というように、応募する企業数を目標に転職活動を進めていくことで、仕事がなかなか決まらない現状を打開できることがあるかもしれません。

面接がうまくいかない

エン人事のミカタ「アンケート調査から探る 求職者にとって、面接とは?」より

このデータからも分かるように、転職者の半数が苦手に感じている面接。

(もっと面接を苦手にしている割合が多いと思ったのですが、、、、)

この面接がうまくいかないことで思うように転職活動が進まず仕事が決まらないことがあります。

書類選考は無事に通っても面接になると緊張してしまい、面接の帰り道はいつも下を向いて帰っている人も少なくないのではないでしょうか?

かくいう私も面接を苦手にしている一人でした。

毎回面接がうまくいかないことから

「本当にこのまま永遠に自分は転職できないんじゃじゃないだろうか?」

本気で考えたことも何度もあります。

面接も様々な状況をシミュレーションして対策を立てていきますが、面接は突き詰めていくと当日の「一発勝負」という側面もあることから、面接による強いプレッシャーを感じることになり、面接がうまくいかないことが原因で仕事が思うように決まらないことがあります。

転職活動のモチベーションが維持できない

会社への応募と不採用を何度も繰り返すうちに次第に「仕事が決まらないこと」自体に慣れてしまうこともあります。

仕事が決まらない状況に慣れてくると転職活動に対するモチーションも上がらない状態が続くことになり、途中で転職活動を諦めそうになってしまうことも。

転職を諦めそうな男性A
転職を諦めそうな男性A
どうせまた応募しても落ちるだろうし。
履歴書とか書くのも大変だし、なんかもう転職活動のやる気なくなってきた。
転職を諦めそうな女性B
転職を諦めそうな女性B
ここまで落とされると、なんだか落とされ慣れてくる。
自分がいける会社とかってもうないのかもしれない、、、

こんな投げやりな気持ちになってしまうこともあるのではないでしょうか?

先ほども言ったように、転職活動ではゴールがはっきりしないことから、転職活動のモチベーションをいかに維持するかが大きな問題になってきます。

仕事が決まらないことで転職活動のモチベーションが下がり、モチベーションが下がることでますます仕事が決まらないという悪循環に陥ってしまうことがあります。

転職は失敗?仕事が決まらないことで起きる問題とは?

仕事が決まらない原因には企業への応募数や面接など実務面だけではなく、転職活動に対するモチベーションなど精神面も大きく影響していることを見てきましたが、仕事が決まらない状態が続くことによりどんな問題があるのでしょうか?

経済的な問題

転職活動が思うように進まず仕事が決まらないことで精神的な不安だけでなく、経済的な問題から生活することが難しくなる場合があります。

在職中に転職活動をする人は仕事を続ける限り経済的な不安はありませんが、今やっている仕事が忙しく転職活動に手が回らない人は転職活動に専念するために転職先を決める前に退職してしまうことも。

また今の仕事を続けることがどうしても辛く、一刻も早く今の会社を辞めたいことから次の転職先を決めずに退職する人も少なくありません。

そのような次の転職先を決めずに退職した人は収入がない状態で転職活動をすることになり、貯金などを切り崩しながら転職活動をすることになるため、仕事が決まらないことで生活を維持することが難しくなることがあります。

リクナビネクスト 転職成功のための資金計画より

このデータによると、1〜3ヶ月の転職活動では平均すると約55万円の費用がかかることになっています。

「えっ、そんなかかるの!?」

そんな気持ちになる人も多いと思いますが、私もこれを見てビックリしました。

これはあくまで平均なのでこのデータを見るともっと少ない額の人も半数以上いますが、逆に100万円以上かかっている人も少数ながらいることに。

またこのデータからは在職中に転職活動を行った人と退職後に転職活動を行った人の間ではかかった費用に2倍の開きがあることが分かります。

人間、何もしなくてもお腹だけはしっかりと空いてきます。

毎月の食費から住んでいる家の家賃も払わなければいけませんし、水道光熱費やネットの通信費など、生活をしていれば毎月必ず支払うことになる固定費が掛かってくることに。

それを収入がない中で毎月減っていく預金通帳とにらめっこをしながら転職活動を進めていくことになるため、次の仕事を早く決めなければいけないというプレッシャーに苦しみながら転職活動をすることになります。

私は退職後に転職を始めて、まさにこの状況の中で転職活動をしたことがあるのですが、無職の状態で転職活動をすることは想像以上に強いプレッシャーを受けながら転職活動をすることになります。

そのため早く仕事を決めたい気持ちから自分の転職条件を緩めて転職することもあり、実際に私もそのような気持ちから転職をしてしまい、結局転職後にうまくいかずにまたすぐ転職を繰り返してしまったことがあります。

「次の仕事が決まるまでは転職をするな」

このように言う人の理由もここにあります。

転職活動で仕事が決まらないことにより、転職期間が長引けば長引くほど経済的な問題が大きくなるだけでなく、経済的な問題による精神的なプレッシャーも受けるようになります。

転職活動期間が延び続ける

転職先が決まるまでは当然転職活動が続くことになりますが、この転職活動期間が思いの外厄介な問題になることに。

在職中に転職活動を行う人は基本的に通常の仕事が終わった後に転職活動を行うことになりますが、いつもの仕事が残業で帰りが遅くなった時には家に帰ってそのまま休みたい気持ちになることも。

ここで大きな問題になることに、そのまま家に帰って休んでも誰にも文句を言われることはなく、誰も困る人がいないということです。

転職活動をしているのはあなた自身です。

転職活動をいつまでにしなければいけないという明確な締め切りがない場合は、転職期間はあなたのさじ加減一つでどうにでもなってしまいます。

転職活動をしなくてもあなた以外に困る人は誰もいないため、どれだけ転職活動期間を伸ばそうとも誰からも文句を言われません。

さらに在職中に転職活動をしている人は今の仕事をしている限り生活に困ることもないため、このような状態で転職活動を続ける場合には仕事が決まらないことの方が多く、転職期間も伸び続けることになります。

一方、仕事を退職して転職活動に専念している人は転職活動期間が短く済むかというと、そのように単純にはいかないことに。

確かに転職活動に使える時間も多くあり企業にどんどん応募していけば転職先も決まりそうなものですが、転職活動をした人なら分かるように転職先がいつもスムーズに決まる転職活動ばかりではありません。

転職先が決まらないことによるプレッシャーは仕事が決まらないことだけではなく、先ほど紹介した経済的な問題によるプレッシャーもあるため、転職活動期間が長引けば長引くほどプレッシャーもより大きなものになっていくことになります。

また転職活動に専念している人は会社に行くこともなく、面接や転職活動以外は家にいることが多くなってくるため、社会との接点が少なくなっていくことになります。

そのため本来気にする必要はないのですが、近所の目が気になってしまったり、経済的にも外出すれば何かと出費がかさむことから、さらに家の中で過ごす時間が多くなることに。

転職活動が思うように進まず仕事も決まらないことでフラストレーションも溜まっていきますが、社会との接点が少なく一人でいる時間が多いことからそれを発散するいい方法も見つからない場合も少なくありません。

そのため考えることも次第にうまくいかない転職活動のことばかりになっていき、精神的にも辛い状況になってしまうことがあります。

自分の中でうまく気持ちが切り替えられる人はいいですが、仕事が思うように決まらず社会との接点も少なくなる中で世の中から自分だけが取り残された感覚になってしまい、転職活動も思うように進まず、転職活動期間もどんどん伸びてしまうことがあります。

仕事が決まらない!そんな時だからこそ転職成功のために今すぐやるべき3つの事

仕事がなかなか決まらないことで経済的な問題から生活が難しくなるような現実的な問題だけではなく、精神的な問題からも転職活動を続けていくことが難しくなることをみてきましたが、仕事が思うように決まらない時にはどうすればいいのでしょうか?

仕事が決まらない時こそ転職を決意した理由を思い出す

この記事を読んで頂いている人の中には転職活動が思うように進まず、仕事も決まらない状況に苦しんでいる人も多くいらっしゃると思います。

自分は転職活動で積極的に企業へ応募しているし、面接対策もしている。

先ほど紹介した転職成功者の平均応募企業数13.1社よりも多くの企業に応募しているのに内定がもらえない。

そんな人もいるかもしれません。

自分の中でやるべきことをやっているのに転職先が決まらず、転職先が決まらないことでモチベーションも下がってしまい、これから何をやっていけばいいのか分からなくなっている人も。

そんな人はこのように転職先が決まらない状況だからこそ、もう一度転職を決意した理由を思い出してみて下さい。

あなたが今回転職を決意した理由は何だったでしょうか?

職場の人間関係が悪かったことでしょうか?

それとも自分がやりたい仕事ではないという仕事内容の問題でしょうか?

何かの理由をきっかけに仕事を辞めて転職しようと考えたはずですが、今回の転職であなたが実現したいことは何なのでしょうか?

人間関係の問題が少ない職場に転職することでしょうか?

自分のやりたいことを仕事にすることでしょうか?

もっと給料のいい会社に転職することでしょうか?

今の職場でこれ以上働くことが辛く、止むを得ず転職したため転職後のことを考える余裕がなかった人もいるかもしれません。

いずれにしても、今の職場で働き続けることでは実現できない何かを求めて他の仕事に転職しようと考えたはずです。

思うように転職先が決まらない現在、この転職の目的を忘れずに転職活動ができているでしょうか?

転職先が思うように決まらないことで、転職しようと考えた時の転職の目的が次第に薄れていき、何とかして転職先を決めることが転職の目的になってしまっていることはないでしょうか?

この転職の目的がはっきりしない中で転職活動をすることにより、求人を探す時に始まり、企業に提出する応募書類の作成から面接の時まで、転職活動の始まりから終わりまで自分の気持ちがブレずに転職活動をすることができているでしょうか?

「自分がやりたいことができる仕事に必ず転職したい」

多少精神論的なことになってしまいますが、転職の目的をはっきりと持ちながら転職活動に臨んでいれば、応募先の企業にもその気持ちは必ずどこかで伝わるものです。

それは面接に限らず、応募書類の文面などにも自分が気づかないところで現れているかもしれません。

思うように転職先が決まらないことで精神的にも辛い状態だと思いますが、逆にこういう時だからこそ、もう一度転職をしようと思ったきっかけを思い出し、この転職で自分は何を実現したいのかという転職の目的を持ちながら転職活動にもう一度臨んでみて下さい。

自分の転職活動に臨む姿勢が変わることでモチベーションも自然と上がることになり、意外とすぐに結果として現れてくることがあります。

転職活動期間を区切る

転職が決まらない時の問題点として転職活動期間が伸びてしまうことを先ほど紹介しましたが、転職活動期間もマラソンや受験勉強のように仮のゴールを決めてしまうことで転職活動をスムーズに進められることがあります。

転職活動にかける目安はその人の状況にもよりますが、一般的に「3カ月から半年程度」と言われています。

しかし長い人は1年以上かけて転職活動をする人もおり、転職活動の期間が長くなればなるほどモチベーションを維持することも難しくなるだけでなく、経済的な問題や精神的にも大きなプレッシャーを受けることになり、思うように転職活動が進まないことも少なくありません。

そんな時は自分の中で「〇〇月〇〇日までに転職する」という具体的な転職の締切日を設定することで、なんとなく転職活動をしていた生活に張りを与え転職期間中に集中して転職活動に取り組むことができます。

私も11月の初めに会社を退職して転職活動を始めたことがありました。

年内になんとか転職先を決めて気持ちよく新年を迎えたいと、いつもグータラな私も短期集中で転職活動をしたところ、年末直前の12月25日に内定をもらうことができました。

サンタさんからの最高のプレゼントということで日付もよく覚えているのですが、締め切りを設定して転職活動期間を区切ることで、いつも以上に集中して転職活動に臨むことができますので、転職活動がなんとなくマンネリになってきている人は是非試してみて下さい。

面接対策をする

企業への応募数、転職活動のモチベーション、経済的な問題、転職活動期間。

今すぐ転職を決めるためにそれぞれの対策を紹介してきましたが、最後に一番大きな問題である「面接対策」を紹介してきます。

皆さんは面接対策をどのようにしているでしょうか?

先ほど面接を苦手にしている人が半数いるというデータを示しましたが、そのデータには続きがあります。

エン人事のミカタ「アンケート調査から探る 求職者にとって、面接とは?」より

正直私はこのデータを見た時、安心しました。

性格悪い管理人ミチオ
性格悪い管理人ミチオ
よし!やったぞ!面接で後悔しているのは自分だけではないんだ!

どうですか?

性格悪いでしょ?

でも、本当にそう思ったからしょうがないんです。

このデータからも分かるように80%の人が面接で何らかの後悔をしたことがあるんですね。

どうですか?

ちょっと安心しませんか?

こう思うのは、性格の悪い私だけでしょうか?

まぁそれはともかく、この結果を見ているだけでは意味がありません。

具体的にどんなことを後悔したのかを見ていく必要があります。

ということで次のデータはこちら。

エン人事のミカタ「アンケート調査から探る 求職者にとって、面接とは?」より

 

みなさん、このデータを見てどうですか?

よし、やったぞ!

この中で面接を後悔したトップ3の理由を見て下さい。

  1. 企業研究不足だった 34%
  2. 緊張しすぎた 30%
  3. 応募動機があやふやだった 27%

これをみてどう感じるでしょうか?

自分で対策できますか?

特に、1の企業研究などは自分でやるにも限界があり、多くの転職者は複数の企業を並行しながら転職活動を行なっています。

そのため、各企業の研究をする時間がとれない人も少なくありません。

また、自分では万全だと思っていた応募動機も、いざ面接となり面接官に指摘されて初めてあやふやな点に気がついて慌ててしまうというケースもあります。

このように、面接対策を一人でするには限界があり、転職活動の最後の締めくくりである面接で悔しい思いをしてしまい、何ともやりきれない気持ちになってしまうこともあります。

そんな時は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めていって下さい。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントの利用
メリット デメリット
・転職希望を伝えた求人を探してくれる
・履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
・企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
・転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
・全てのサービスを無料で利用できる
・担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

転職エージェントの中でも、リクルートエージェントは特に「面接対策」に力を入れています。

面接対策として開催している「面接力向上セミナー」は、セミナーを受講した人の面接通過率が15%UPし、受講者の97%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

セミナー参加のレビューはこちら→
もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの面接力向上セミナーに行ってきました!

 

リクルートエージェントは1977年の創業以来、37万名以上の転職者を転職成功に導いてきました。

この転職成功者の実績は業界NO1で、現在も年間23,000人の転職成功者を生み出し続けています。

転職エージェントの中には転職実績を公表していないところも多くあります。

そのため、リクルートエージェントはイメージではなく、実際に結果が出せる転職エージェントであることが分かります。

 

またリクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介できる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

 

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

・急な退職者など、すぐに人材が必要な場合

・会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合

・大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合

・採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)

・採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

 

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになります。

少しでも多くの求人の中から、自分に合った求人を選びたい人は、全て無料で利用できる
リクルートエージェントをフル活用してみて下さい。

 

管理人ミチオミチオ
管理人ミチオミチオ
先ほど、転職エージェントのデメリットとして、担当者によってサービスのばらつきがあることを紹介しました。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性は転職を成功させるための大切な条件になります。

私も実際にリクルートエージェントを利用した時に、どうしても自分と合わない担当者に当たったことがあります。

担当者を変えてもらうことは少し気まずかったのですが、メールで連絡すると2日後に担当者を変更してもらうことができました。

リクルートエージェントでは、どうしても担当者が合わない時はメールで気軽に担当者の変更もできますので、気軽に利用してみて下さい

リクルートエージェントの担当者変更はこちらからできます → 問い合わせ

 

リクルートエージェントを利用することで転職活動をスムーズに進めることはできますが、転職するのはあなた自身です。

今の状況に留まる自由も、今の自分にできることを考え実際に行動していく自由も、全てあなたが持っています。

明日、明後日の自分の姿だけを考えるのではなく

「1年後にどのような自分になっていたいのか」

という未来の自分の姿を想像しながら、あなたにとって一番いい選択をして下さい。

今の仕事が決まらない状況を打開し、少しでもあなたの転職活動がいい方向に進むことを願っています。

 

公式サイト:リクルートエージェントに登録する(無料)