仕事の悩み

仕事が暇で辛い!そんな人が転職で自分を見つめ直す方法とは?

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「会社に行ってもやる仕事がない、、、暇」

このような悩みを抱えている人はいないでしょうか?

仕事が暇だということが悩みの場合、周囲の共感が得られず、悩みを抱えたままの人も少なくありません。

この記事では、仕事を暇だと感じている仕事を続けることの問題点やその悩みを解決するための方法を紹介していますので、仕事が暇なことに悩んでいる人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、自分の働き方について少しでも考えてもらえれば、嬉しく思います。

仕事が暇、、、そんなことあるの?仕事が暇で辛い理由とは?

「仕事が暇で辛い」

忙しい仕事で苦しんでいる人にとっては羨ましい話に聞こえますが、仕事が暇で苦しんでいる人にとっては本当に辛く、考え方によっては仕事が忙しい人より辛いことも。

仕事が暇で辛い思いをする理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

とにかくやることがない

暇な仕事をしている人が辛く感じる理由の全てはこの一言に尽きます。

とにかくやることがないため、その日にやるべき仕事が終わってしまうと、どうしていいのか分からなくなってしまうことがあります。

もう完全に綺麗になっている机周りをもう一度掃除してみたり、事務所内や入口の掃除など、どこかの掃除業者ではないかと思うほど掃除をすることも。

毎日そんなに掃除をしていれば当然汚れもたまらず、掃除をする場所もいずれなくなってしまうことに。

そのため、汚れている場所やホコリを見つけた時は心の中で小さなガッツポーズをしてしまうことすらあることも。

掃除をする場所がなくなれば次は備品のチェックをするなど、とにかく日々自分のやるべき仕事を見つけることに苦労することで仕事が辛いものに感じることがあります。

日々充実感がない

会社に行ってもとにかくやることがないため、朝会社に出勤した後は本気でやれば午前中で簡単に終わってしまう仕事を1日かけてやることに。

いかに1つ1つの仕事を時間をかけてやるのかのみに神経を注ぐ日々を過ごすことに。

もちろん仕事を頑張っているという気持ちもなく、仕事から充実感が感じられないことから日々の仕事を辛く感じることがあります。

時間が経つのが遅く感じる

忙しい仕事をしている時は無意識のうちに仕事に集中し、気付いた時にはお昼の時間になっていたということも少なくありません。

そのため忙しい仕事をしている時は肉体的には疲れることがあっても、1日の仕事時間があっという間に過ぎてしまうと感じることも。

一方、暇な仕事をしている時はとにかく時間が経つのが遅く感じることに。

「さっき時計を見てからまだ2分しか経ってない、、、、」

そんなこともしばしば。

とにかく時間が経つのを遅く感じるため、1日の仕事が終わった時には肉体的な疲労感はあまりなくても、精神的な疲労感で疲れ切ってしまうことがあります。

忙ししく働いている周りの人達に置いていかれた気持ちになる

自分の会社内では時間が止まったようなゆっくりとした時間が流れている一方、会社を一歩出れば忙しそうに働いている人たちで溢れている現実が。

その人たちを見ていると自分だけが置いていかれてしまったような感覚になることも。

特に新卒の方などは初めて経験する仕事に対して不安も大きなものに。

学生時代の同級生と会った時など、慣れない仕事で苦しみつつも忙しい仕事を頑張っている同級生の姿が眩しいものに見えることも。

自分のなんとなく暇な毎日を過ごしてしまっている状況と忙しそうに働いている周囲とのギャップを辛いものに感じてしまうことがあります。

暇な仕事をしている自分。このまま暇な仕事を続けるとどうなるの?

暇な仕事が辛いものに感じる理由には日々の生活から生きがいを見出せない精神的なことが大きく影響していることを見てきましたが、暇な仕事を続けることでどのような問題があるのでしょうか?

今の暇な仕事を続けている状況から抜け出せないと感じてしまう

毎日暇な仕事を続けていくことで、この生活がこれからもずっと続いてしまうような感覚になってしまうことも。

仕事は暇でやりがいは感じられないものの、周りの人や学生時代の同級生が遅くまでの残業や忙しい仕事に苦しんでいる状況を聞くと、自分の状況の方がまだマシだと思い仕事を辞めるまでの行動はとれず、どっちつかずの宙ぶらりんの状態で仕事をすることになります。

会社が潰れた時のことを考えると不安になる

今の仕事を続けている間は暇な仕事を我慢していればいいものの、もし今の会社が潰れたことを考えることで不安な気持ちになることがあります。

今の会社で働いている時に身につけた経験では転職する時に苦労することは自分が一番感じていることに。

どこの会社に行っても通用するようなスキルもないことから、今の会社の外に出された時のことを考えると不安な気持ちになることがあります。

転職が難しくなる

転職する時はこれから何をしたいのかが大切ですが、今までの仕事で何をやってきたのかも必ず聞かれることに。

そのため、アピールできるような仕事をしてこなかったことから転職活動が思うように進まないこともあります。

また、転職ができた後も今までのゆったりとした働き方に慣れてしまい、転職先が忙しい場合は最初のうちにひどく苦労することもあります。

スキルアップできない

暇な仕事をしていることで経験できる仕事も限られることになり、スキルアップをすることが難しいことも。

自分で仕事をやろうとしても仕事自体が限られているため、スキルアップできるような仕事ができないことがあります。

暇な職場で暇潰しなんかもったいない!暇な仕事に感謝し、今の自分にができることを考えよう

暇な仕事を続けることで、今の状況から前に進むことが難しくなることを見てきましたが、今できることには暇な仕事をこのまま耐えることしかないのでしょうか?

今の恵まれた環境に感謝する

今の環境はあなたにとってはやりがいもなく、とにかくやることを日々探しているような辛い状況となっています。

しかし、周りを見渡してみるとどうでしょうか?

あなたと同じように今の仕事に満足できない人で仕事が忙しい場合、その人は忙しい仕事の合間を縫って転職活動をしたり自分のやりたいことを探すことになります。

多くの人が仕事の忙しさなどを理由に転職活動を途中で断念したり、余裕がない状況が続き精神的に働くことが難しくなる人も少なくありません。

「あなたの方が楽で、仕事が忙しい人の方が大変」という話ではありません。

仕事が忙しい人は、仕事の忙しさによって、あなたほど仕事や自分の働き方について悩む辛さを経験しなくて済むかもしれません。

それぞれ仕事の大変さが違うということです。

しかし、少なくとも今のあなたは暇な辛い仕事を我慢することで、次の2つを毎月安定的に手に入れることができます。

  • 自由になる時間
  • 生活できるだけのお金

この2つをうまく使いながら、自分のやりがいを感じることや、やりたいことに向けて行動していけばいいのです。

あなたのやりたいことは何ですか?

今、あなたが何を求めているかによって”自分の時間”と”お金”の使い方も大きく変わってきます。

今のあなたが求めているものは何でしょうか?

  • 仕事で忙しく動き回っている自分の姿でしょうか?
  • 仕事のやりがいでしょうか?
  • 安定した生活でしょうか?

今の暇な仕事が本当に我慢ができないほど嫌な時は、仕事を変えればいいだけです。

そんな簡単に言われても。

この暇な職場の働き方に慣れた自分が、普通の会社で働けるの?

そんな不安な気持ちを抱えている人が、いるかもしれません。

その不安な気持ちによって自分が思うように行動できない人は、あなたにたくさんある「自由になる時間」を使って、不安を取り除く方法を考えてみて下さい。

何かの資格を取得することで、暇ではない、新たなた職場でくことの不安を取り除くことができる人は資格の勉強をすればいいのです。

忙しい仕事をしている人は、自分のやりたいことをするために、なんとか時間をやりくりしています。

それでも仕事が忙しく、時間の都合がつかない人は、仕事を辞めて貯金を崩しながら自分のやりたいことに向けて行動している人もいます。

あなたは仕事が忙しい人に比べて、自分のために行動しやすい環境にいます。

この環境を最大限に生かし、あなたのやりたいことに向けて行動していきましょう。

いづれにしても、「仕事 暇つぶし」などをネットで検索し、仕事中にできる暇つぶしの方法を探している時ではありません。

そんなことをしていたら、あなたの大切な時間が本当に勿体無いです!

まずは、あなたが思うやりたいことに向けて出来ることから行動していきましょう。

今まで自分がやったことがない仕事に挑戦する時は?

自分のやりたいことを考えた時、今まで経験したことのない、未経験の仕事に挑戦する人もいます。

今まで暇な仕事をしてきたこともあり、応募することに躊躇する人がいるかもしれません。

このように、未経験の仕事へ転職することに不安を感じている人は、転職エージェントの
ハタラクティブ
を利用してみて下さい。

 

ハタラクティブは未経験業界への転職に特化した転職エージェントになります。

未経験の仕事に挑戦する人をサポートするということで、転職サポートには定評があり、
書類審査通過率が91.4%となっています。

応募した10人中9人以上が書類審査を通過することになり、ほとんどの応募者が面接に挑戦することができます。

書類審査を通過し、面接に挑戦した人が内定を獲得する転職内定率は80.4%と高い数値になっています。

この転職内定率の数値は、各転職エージェントが転職内定率を公表していないので、一概に比較することは難しくなっています。

しかし、次の一般的な転職エージェントの内定率のデータを見てもらうと、ハタラクティブの転職内定率の高さが分かります。

・書類選考通過率:30%程度

・1次面接通過率;30~40%程度

・最終面接通過率:30~50%程度

もし上記の歩留まり率で選考が推移したとして、高めに見積もっても、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。

「すべらない転職」より

このように、ハタラクティブを利用することで、イメージではなく、実際に未経験の仕事へ高い確率で転職できることが分かります。

 

ハタラクティブの高い書類審査通過率や内定率の理由は、紹介されている求人が実際に足を運び確認されている会社ということがあります。

そのため、会社側がどのような人材を欲しがっているのかが事前に確認されている求人となり、あなたの「未経験の仕事に挑戦したい」という気持ちと、会社側の「こんな人と一緒に働きたい」という気持ちを、しっかりとマッチングしてくれます。

  • 未経験の仕事ということで、書類審査に落とされないか不安
  • 本当に未経験の仕事に転職できるのか不安
  • 転職後に思っていた会社と違い、転職を後悔することがないか不安

未経験の仕事へ転職することに対して、このような不安を感じている人は、ハタラクティブを利用することで不安を解消することができます。

 

良いことばかりのように思えるハタラクティブですが、気をつけなければいけない事として、転職活動を全て任せてしまい、転職活動自体が受け身になってしまうことがあります。

仕事の忙しさから、ハタラクティブに紹介された求人だけをチェックし、自分で求人を探すことを止めてしまう人もいます。

ハタラクティブを利用することで転職活動をスムーズに進めることはできますが、転職するのはあなた自身です。

 

暇な仕事を我慢しながら働き続けることも、自分のやりたい仕事に向けて行動していくことも、全てあなたが自由に選択することができます。

あなたが、自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:ハタラクティブで未経験の仕事に挑戦する(無料)