仕事の悩み

仕事にも自分にも自信がない、、、じゃあすぐに転職でいいの?

自分に自信がないままでもいい。でも仕事でちょっと自信がつくと自分に自信が持てるかも。

「何だかあの人は生き生きして輝いてるな」

あなたの会社や周りにはそんな人はいないでしょうか?

そんな人を見ていると

「自分もあの人みたいに生き生きしたいけど、自分に自信がない」

そんな気持ちになることはないでしょうか?

それとも、

「へっ、何だかあの人、自分に自信を持って生き生きしちゃって。羨ましくないわよ」

そんなんことを言いつつ、心のどこかで羨ましいと感じている、、、そんな自分に素直になれない人もいるでしょうか?

ちなみに私は完全に後者のタイプです、、、。

あなたに自信がつくことで

「これやってみようかな?」

今までは自信がないことでやる前に諦めてしまったことも、自信を持つことでまずはやってみると行動が変わることも。

この変化は仕事にも当然現れ、仕事にもまずは自分から取り組むようになり、仕事をやる中で小さな成功体験を繰り返すことでさらに自分に自信がつくことに。

仕事で自信をもつことで、さらに自分自信にも自信がつくというようにいい循環が生まれてきます。

あなたは仕事に自信がないのでしょうか?自分に自信がないのでしょうか?

自分に自信がない人は、仕事においても自信がないもの。

では自分に自信を持つためにはどうすればいいのでしょうか?

自分に自信を持つためにはどんなことでもいいので、自分の中で小さな成功体験をすることが自分の自信につながります。

その成功体験は皆さんも1日の中で多くの時間を過ごしている仕事の中で体験しやすく、仕事での成功体験はあなたにいい循環をもたらしてくれます。

ここで話が少し脱線してしまいますが、私の話を。

私は小学校の頃は典型的な引っ込み思案で、楽しいことは好きだけど授業中は絶対に先生に指されたくないので静かにしテイルタイプ。

先生が

「これ分かる人?」

なんて聞いてきても

「ハーーイ!、ハーーイ!」

なんてもちろん1度もやったことがないような子でした。

こんな性格なので、当然大人になっても性格がそんなに大きく変わることもなく、仕事で会議があっても静かに手元の資料を見ているようなタイプでした。

「会議に出ても発言しない人は、会議に出てる意味がないよね?」

”何だか私はちょっと仕事ができますよ”風な人が得意そうに話しているのを聞くと

「けっ、お前はどんだけいいことを会議で言ってるんだ」

と思いつつ、心のどこかで

「確かに何か意見は言うべきだよな」

なんて後ろめたく感じているけれど、かといって次の会議でも発言することができない小心者でちょっと性格がひねくれた自分がいます。

そんなある日、指されない限り会議では発言しない私ですが、その日はどうしても早く会議を終わらせたい理由がありました。

こんなことを書いては怒られてしまいますが、翌日の休みを利用して当日の夜からなんとしても夜釣りにいきたかったのです。

「遊びのために早く会議を終わらせたいと思うなんて、、、」

そのように怒る人もいるかもしれませんが、本当のことだからしょうがないのです。

仕事で嫌なことがあっても、海に行って気持ちい潮風を浴びていれば嫌なことも忘れてしまう。

その当時は1人で釣りに行くことが自分の唯一の救いだったので

「ちょうど今はアジが釣れる季節なので先に帰ります!」

それくらい言いたい気持ちはありましたが、当然言うこともできず。

上司のスケジュールが合わず、帰社時間直前というか帰社時間をかなり過ぎてから会議を始めることに。

またその会議に出ているメンバーも私までとはいかないまでも、あまり自分から発言するタイプの人たちではなく、会議が始まる前から会議が長引きそうな匂いがプンプンしていました。

案の定、会議が始まるとほとんど発言する人もおらず、議題も進まないため会議が長引きそうな雰囲気が濃厚に。

しっかり会議に参加しろよと言われそうですが、一刻も早く帰りたいと思いながら悶々とした状態に。

釣り場までの距離を考えると片道車4時間、帰宅時間や出発の準備なども考えると、、、本当にこのまま会議が長引くと夜釣りの時間がなくなると思い

夜釣りに行きたい>会議で発言したくない

という気持ちになってしまい、玉砕するような気持ちで恐る恐る小さく手をあげることに。

会議中は全然動かないでヌボーっとしているぬりかべのように思われていた私が、いきなり小さく手を上げて発言したので、一瞬みんなからの

「んっ?おっ?」

という視線は感じたものの、会議も珍しい発言者をきっかけに何だかんだで無事に進み思っていたより早めに終わることに。

正直、私の発言が会議が早く終わることにどれくらい繋がったかは疑問も残りますが、無事に夜釣りにも行くこともできました。

この会議の件によって、無事夜釣りに行けたという嬉しことはもちろんありましたが、嬉しいことはそれだけではありませんでした。

会議で発言した動機は本当に不純なもですが、会議で発言したことによって少しだけ仕事に自信を持つことができ、自分にも少しだけ自信がついたという嬉しいことがありました。

「何だそんなことか」

そんなふうに思う人もいるかもしれませんが、人前で何かを発言するということは自分にとって簡単なことではなく、それができたことにより本当に少しですが自分に自信を持つことがでいました。

仕事で自信をつけるためには何かすごいことをする必要はなく、

自分が昨日までできなかったことが、今日は少しだけできるようになった

これだけで十分なんだと思うようになりました。

正直にいうと、その小さな成功体験があったからといって、自分が変わったかというとそんなことはありません。

自分の根本的なところは変わっていないですし、会議でも相変わらずぬりかべのようにヌボーッと座っていることの方が多いです。

でも

「自分が何か意見を言ったりしても大丈夫なんだな。周りの人にも変な風に思われないんだな」

そんなことが分かっただけで気持ちが楽になり、いろんなことに自信がない自分から少しだけ変わることができました。

この小さな成功体験はあなたの今やっている仕事でもきっとできるはずです。

  • 今まで職場で朝の挨拶が小さな声だったが、大きな声で挨拶をする
  • いつも20分かかっている仕事を今日は15分で終わらせる
  • 私のように?会議で一度は自分の意見を言う

なんでもかまいません。

あなたが昨日できなかったことが今日できるようになるよう楽しみながら挑戦してみましょう。

まずはあなたの職場でできることがきっとあるはずです。

まずはそれを期間を決めてやってみることをお勧めします。

1ヶ月なら1ヶ月、自分の中で自分ができなかったことができるようになるために、日々の仕事の中でできることを見つけて挑戦してみてください。

やることはやった!それでもダメなら自信がない仕事を辞めて転職しよう!

あなたが今の職場でできることをやって、それでも今の仕事を続けていく自信がなく、このまま続けても自分に自信がもてないと感じた時は転職を考えてみてください。

いきなり今の仕事に自信がないからと転職するのではなく、今の職場でやるべきことをやった後に転職をする。

今の職場で働く期間は1ヶ月ほどしか変わらなくても、今の職場でできることを探して自分で挑戦した経験は必ず次の職場でも生かすことができます。

自分の気持ちの中でも

私は今の職場でやるべきことをやった。次の職場へステップアップのために転職しよう!

自分自身も納得でき、堂々と転職することができるのではないでしょうか?

転職をするときの注意点として1つ。

可能な限り今の仕事に在職中に次の転職先を決めてください。

次の転職先を見つける前に退職することで大変な思いをすることもあります。

私が大変な思いをしたことを紹介した記事はコチラ→

仕事から逃げたい時は逃げていい?会社のストレスから逃げても、後悔しない転職をする方法

 

転職活動をするには大きなエネルギーが必要です。

求人探しから提出書類である履歴書や職務経歴書の作成、書類審査が通れば面接の日程調整などやることは本当に多く、これを在職中にやる場合は普段の仕事から疲れて帰った後や休みの日を利用して転職活動をすることになります。

このように辛い状態で転職活動を続けているとこんな気持ちになることも。

「今の仕事も嫌なところもあるけど、まあ続けられないほどじゃないし。
転職活動も何だか面倒くさくなってきたからやめようかな」

実際、在職中に転職活動を途中でやめてしまう人は少なくありません。

自分だけで転職活動をやっていくことが大変な理由に

「転職活動のモチベーションが続かない」

ということがあります。

1人でやっていると転職活動をやってもやらなくても誰も困ることはありません。

「今日は仕事で疲れたし面倒くさいから辞めようかな」

そう思い転職活動をしなくても、誰から怒られることもなく、誰かが困ることもありません。

転職活動をしなくても何の問題もなく明日を迎えられます。

ただし、会社でまた嫌なことがあると、今の仕事を続ける自信がない自分が出てきて転職を考えることに。

これを何度も繰り返すこととなり

気づいたら何も変わらず時間だけが過ぎていた

ということに、、、、これって大問題ですよね?

あなたの心の中にもどこかに

「このままではいけない」

そんな気持ちがあるのではないでしょうか?

でも実際に行動すると、目の前のことだけに頭がいってしまい、なりたい自分の状態にいつまでたっても近くことができない。

そんな気持ちがある方は、少し荒療法ですが、

自分がそれをやらなけれないけない状態に自分を置いてみる

この方法をお勧めします。

例えばみなさんの中にもダイエットに挑戦している人がいますよね?、、、、、いませんか?

いると仮定して、ダイエットはみなさんもご存知のように中々痩せることが難しく、たとえうまく痩せたとしてもリバウンドをしてしまうなど続けるが難しいですよね。

ではなぜダイエットは続けることが難しのでしょうか?

答えは簡単

ダイエットをやめても誰もあなた以外は困らないから

これだけです。

痩せていようが今のままの状態でいようが、寝れば何事もなく明日になりますし、誰も困る人はいません。

ただし病気の方を例に出してしまうとよくないかもしれませんが、病気などをされてどうしても痩せなければいけないという人は、このままの状態でいると自分が困ることがわかっているため、なんとかしてダイエットをして痩せようとしますよね?

ダイエットに成功する方が全員とは言えないまでも、多くの方が成功されているのではないでしょうか?

またジムやプールに通ってコーチから指導を受けたりと、自分が痩せるために行動しなければいけない環境に自分を置くことでダイエットの成功する確率が高まります(健康のために行っている方はすいません)

これと同じように、転職したいけど自分1人では中々思うように転職活動が進まない。

そんな人は「転職活動をしなければならない状態」に自分を置いてみてください。

そんな時は、転職エージェントを利用しながら転職活動をすることをおすすめします。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

転職を14回繰り返す中で様々な転職エージェントを利用しましたが、他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数の多さ(非公開求人数)
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

 

1.求人数の多さ(非公開求人数)

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介してもらえる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)
  • 採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認や、面接対策・応募書類対策などの具体的なアドバイスなど、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、対応の全てが事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

私はリクルートエージェントを2回しか利用していませんが、担当者の当たりはずれがある転職エージェントであることを感じました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

このように、リクルートエージェントには担当者の当たり外れがありますが、これに関してはどの転職エージェントにもある問題となります。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

どうしても担当者と合わない時は、変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

※担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼も伝えるようにしましょう。

私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

 

3.面接対策が強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

担当者の面接アドバイスも具体的なものが多く参考になりましたが、都内ではほぼ毎日開催されている「面接力向上セミナー」が面接対策にとても効果がありました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が15%UPし、受講者の97%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

リクルートエージェントでは、担当者による面接サポートやセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます。

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになり、面接対策も強化することができます。

 

転職エージェントを利用することで、自分とは違った転職の専門家の視点で求人を探すことができるため、自分に合った求人に出会える可能性を高めることができます。

しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのはあなた自身です。

今やっている「目の前の仕事の事」だけではなく

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」

という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

 

転職エージェントをうまく利用しながら、自信がないあなたが自信を持って働ける仕事に出会えることを願っています。

 

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)