その他

仕事に集中できない!集中できない原因はあなた自身の問題?

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「やらなきゃいけない仕事はたくさんあるのに、どうしても仕事に集中できない」

そんな悩みを抱えている人はいないでしょうか?

仕事に集中しようとしても、思うように仕事に集中できない原因は、あなた自身の問題だけではなく、あなたがやっている仕事に原因があるかもしれません。

仕事に集中できないことで悩んでいる人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、あなたが自然と仕事に集中できる働き方ができるようになれば嬉しく思います。

今日もダメだ。仕事に集中できない原因とは?

仕事をしているとどうしても集中できない時があるもの。

なぜ仕事に集中できないのでしょうか?

職場環境

職場環境によって仕事に集中できないことがあります。

完全な無音状態よりも、カフェのように適度に音がしている場所の方が人間は集中できるという研究結果もあるようですが、

・職場環境がうるさ過ぎる
・人の出入りが多く落ち着かない
・電話が多くていつも仕事が中断されてしまう

など、職場環境によって仕事に集中できないことがあります。

仕事の疲れ

毎日仕事をしていれば疲れが日々溜まってくることに。

仕事の疲れにより仕事中でも眠くなってしまい仕事の集中が続かないことも。

疲れが原因で仕事に集中できないことがあります。

プライベートな問題

仕事とプライベートはしっかりと分けるもの。

頭では分かっていても、人間誰しもきっちりと分けられる人ばかりではありません。

失恋や家庭の問題など、プライベートな問題で乱れた気持ちを仕事に引きずってしまい、仕事に集中できないことがあります。

仕事の時間帯

皆さんはお昼過ぎの時間帯も仕事に集中できていますか?

お昼を食べてお腹がたまると、気持ちよくなり眠くなることはないでしょうか?

本当に気持ちいいい時間帯ですが、午後になれば仕事が始まります。

仕事が始まっても眠たさがなかなか抜けず、仕事に集中できないことがあります。

また仕事を始めたばかりの朝一番はなかなか仕事に集中できないけれど、仕事を進めていくと次第に気分も乗ってきて集中できるようになることも。

仕事の時間帯によって、仕事に集中できないことがあります。

仕事に集中できないことで起きる問題とは?

仕事に集中できない原因には職場環境から仕事の時間帯まで様々なものがありましたが、仕事に集中できないことでどのような問題があるのでしょうか?

仕事でミスや怪我をする

皆さんも経験があるかと思いますが、仕事に集中できていないと何も考えずになんとなく仕事をしてしまうことも。

そんな時は仕事をしている時は気づくことはなく、後で大きなミスをしていることに気づくことも少なくありません。

また仕事のミスなら後で修正することも可能ですが、仕事に集中できない状態で仕事をしていると、仕事によっては大きな怪我に繋がることも。

仕事に集中できないことで仕事のミスが増えるだけでなく、怪我をしてしまうことがあります。

自分の時間がなくなる

仕事に集中できない状態で何となく仕事をやっている場合と、仕事に集中して取り組む場合を比べると驚くほど仕事の成果が違うものになることがあります。

仕事に集中している時の1時間は仕事に集中できない状態の3時間に相当するとも言われており、仕事に集中できない状態で仕事をすると1つの仕事を終わらせるのにより多くの時間がかかることに。

仕事を終わらせる時間がかかることで、場合によっては残業をしなければならない時もあります。

仕事に集中できないことで仕事を終わらせる時間が遅くなり、自分の時間がなくなってしまうことがあります。

仕事に集中できない時にやるべき事とは?

仕事に集中できないことで仕事でミスが増えるだけでなく、怪我につながったり自分の時間がなくなってしまうことを見てきましたが、仕事に集中できない時にはどうすればいいのでしょうか?

やるべき仕事とその期日を確認する

今まで職場環境や仕事の時間帯の問題など、仕事に集中できない様々な原因を見てきましたが、根本の原因はその日にやるべき仕事がはっきりしていないことで集中できないことがあります。

どんなにうるさい職場環境や眠たくなる時間帯があっても、その日にやるべき仕事がはっきりしていて、それを今日までにやらなければならないとしたら「集中できない」とは言ってられないですよね?

やるべき仕事と仕事の期日をはっきりさせることで、仕事に集中できない問題を解決することができます。

手を動かす

何だか今日は仕事がいまいち乗らないと感じて仕事に集中できなくても、仕事に集中できない中で手を動かしながら仕事をすることで、次第に仕事に集中できるようになることがあります。

皆さんもこんな経験はないでしょうか?

朝はボーッとした頭で仕事に集中できなくても、いつもやっている仕事を手を動かして処理していく中で集中していき、気付いた時にはもうお昼の時間、ということも。

手や体を動かしながら仕事を進めていくことで頭も自然と仕事モードに切り替わっていき、集中できない問題も解決することができます。

どうしても仕事に集中できない時は

集中するためにやるべきことをやっても、どうしても今の仕事に集中できないこともあります。

そんな時は、今の仕事があなたに合っていない可能性もあります。

自分が好きな事ややりたい事をやっている時は、頑張って集中しようとするでしょうか?

なにも考えず無意識のうちに集中しているのではないでしょうか?

仕事でも同じことが言えます。

無理に自分が集中をしようとするような仕事ではなく、無意識のうちに仕事に集中してしまうような仕事をすることで、仕事に集中できない悩みが解決できるだけでなく、仕事自体を楽しいものにすることができます。

しかし、今の仕事をこれから1年、3年とやり続けても、どうしても仕事を楽しいものにできないと感じる人もいます。

そんな人は転職することも考えてみてください。

人には向き、不向きがどうしてもあります。

みんなと一緒に協力しながら取り組む仕事が好きな人もいれば、一人でコツコツと取り組む仕事が好きな人もいます。

そのため、自分に合わない仕事があることも自然なことです。

どちらが良い、悪いということではありません。

 

しかし、多くの人が生活の心配や転職先が無事に決まるのかといった様々な不安から、今の仕事をいきなり辞めて転職することには躊躇してしまうはずです。

そんな時は、在職中から転職活動を始めていき、在職中に転職先を決めるリスクのない転職をして下さい。

今の仕事を辞めた後に転職活動をする場合、転職活動に専念する事ができますが、転職先が決まらない時には大きなプレッシャーの下で転職活動をすることになります。

一方、在職中に転職活動を始めることで、今の仕事を続ける限り経済的なリスクもなく、
自分が納得のいく転職活動にする事ができます。

しかし、在職中に転職活動を行う場合は、仕事の忙しさから転職活動の時間を確保する事が難しく、途中で転職活動を諦めてしまう人もいます。

そんな時は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めていって下さい。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントの利用
メリット デメリット
・転職希望を伝えた求人を探してくれる
・履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
・企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
・転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
・全てのサービスを無料で利用できる
・担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

リクルートエージェントは1977年の創業以来、37万名以上の転職者を転職成功に導いてきました。

この転職成功者の実績は業界NO1で、現在も年間23,000人の転職成功者を生み出し続けています。

転職エージェントの中には転職実績を公表していないところも多くあります。

そのため、リクルートエージェントはイメージではなく実際に結果が出せる転職エージェントであることが分かります。

 

またリクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介できる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

 

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

・急な退職者など、すぐに人材が必要な場合

・会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合

・大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合

・採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)

・採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

 

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになります。

少しでも多くの求人の中から、自分に合った求人を選びたい人は、全て無料で利用できる
リクルートエージェントをフル活用してみて下さい。

 

管理人ミチオ
管理人ミチオ
先ほど、転職エージェントのデメリットとして、担当者によってサービスのばらつきがあることを紹介しました。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性は転職を成功させるための大切な条件になります。

私も実際にリクルートエージェントを利用した時に、どうしても自分と合わない担当者に当たったことがあります。

担当者を変えてもらうことは少し気まずかったのですが、メールで連絡すると2日後に担当者を変更してもらうことができました。

リクルートエージェントでは、どうしても担当者が合わない時はメールで気軽に担当者の変更もできますので、気軽に利用してみて下さい

リクルートエージェントの担当者変更はこちらからできます → 問い合わせ

 

あなたが転職エージェントをうまく利用しながら、自分が自然と集中できるような仕事に出会えることを願っています。


公式サイト:リクルートエージェントに登録する(無料)