仕事の探し方を知れば世界が変わる?自分に合った仕事に出会える求人検索方法とは?

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「仕事探しを始めようとしたけれど、仕事を探す方法には何があるんだろう?ハローワークに行くしかないのかな?」

このような悩みを持っている人はいないでしょうか?

この記事では、仕事を探す時におすすめの求人探し方法を紹介しています。

求人探しの方法が分からず悩んでいる人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、あなたの仕事探しが少しでもスムーズに進めば嬉しく思います。

仕事探しをする時の、求人検索方法には何があるの?

いざ仕事を探そうと思っても、仕事を探す手段が分からなければ、転職活動を始めることもできません。

仕事探しの方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

ハローワーク

まずは皆さんにも仕事探しといえばお馴染みのハローワークです。

全国各地の市町村にあるため主要都市はもちろん、地方に行ってもハローワークが設置されているので、気軽に仕事探しを行うことができます。
全国のハローワーク所在場所はコチラ

また、地元にハローワークがない場合、国と市町村が共同で運営している「ふるさとハローワーク」というものが設置されているので、そこで仕事探しから相談まで受け付けています。
ふるさとハローワークの設置場所はコチラ

その他にも、新卒の方を対象にした「新卒応援ハローワーク」や、子育て中の人の就業支援を目的にした「マザーズハローワーク、マザーズコーナー」など、仕事探しをしている人に合った様々な就業支援サービスが提供されています。

それぞれの転職者に特化したハローワークのサービスを載せていますので、自分に合ったサービスを利用しながら仕事探しを行って下さい。

  • 新卒応援ハローワーク

大学・短大・専修学校等の卒業予定者、未就職卒業者等に、求人情報の提供、職業相談等を行っています。
新卒応援ハローワークの設置場所

  • マザーズハローワーク、マザーズコーナー

子育てをしながら仕事探しをしている人でも、キッズコーナの設置などにより、お子さん連れでも気軽に仕事探しの相談ができます。

全国のマザーズハローワーク、マザーズコーナーの設置場所はコチラ

  • わかものハローワーク・わかもの支援コーナー・わかもの支援窓口

概ね45歳未満のフリーター等の方を対象に、正規雇用化に向けたサポートを行っています。
わかものハローワーク・わかもの支援コーナー・わかもの支援窓口の設置場所

  • 外国人雇用サービスセンター

卒業後に日本での就業を希望する留学生や専門的・技術的分野の外国人に対し、職業相談等を行っています。
外国人雇用サービスセンターの設置場所

  • 福祉人材コーナー

介護・医療・保育など福祉分野への就職を希望する方への職業相談等を行っています。
福祉人材コーナーの設置場所

  • 農林漁業就職支援コーナー

農林漁業の就業・就農等を希望する方に、求人情報の提供、職業相談、研修・訓練情報、農地情報、市民農園情報等の提供を行っています。
農林漁業就職支援コーナーの設置場所

  • 地方就職支援コーナー

UIJターンなどにより地方で働くことを希望する方を支援するため、大都市圏のハローワークに地方就職コーナーを設置し、職業相談等を行っています。
地方就職支援コーナーの設置場所

〜厚生労働省ホームページより参照・作成〜

知人の紹介

仕事探しの中でも昔からよくあるものに、知人による仕事の紹介があります。

転職先の内情を知っている人からの仕事の紹介ということで、変な求人を紹介されることも少なく、仕事探しの手間も省けることから、自分の希望と紹介された仕事内容が合えば、とてもいい仕事探しの方法となります。

しかし、転職先で何かあった時には仕事の紹介者のこともあり、仕事を辞めにくい状況になることもあります。

求人フリーペーパー

タウンワークなどでおなじみの、街中や駅、ファミリーレストランなど現在では多くのところに設置されている求人フリーペーパー。

誰もが無料で利用できることから、気軽に仕事探しを始めることができます。

また、地域密着型の求人も多く、大手の求人では掲載されていないレアな求人が掲載されていることもあります。

現在は、フリーペーパーをネットでみることもでき、気軽に仕事探しを始められる点では、おすすめの求人検索方法になります。

タウンワークで仕事を探す(無料)

転職サイト

今では多くの人が当たり前のように利用し、これなくしては仕事探しが進まないと言えるほどメジャーになった転職サイトです。

転職サイトを大きく分けると、次の2つに分けることができます。

・自分で求人を探す

自分で仕事を探す場合は、転職サイトに掲載されている求人を自分で探し、気になる求人があれば自分で応募し面接を受けることになります。

求人探しから応募まで全て自分でやることから、自分が納得できる転職活動ができる一方、応募書類の作成や面接の日程調整など転職活動にはやるべきことが多くなります。

そのため、転職活動自体が大きな負担に感じることもあります。

転職サイトは、転職者の8割が利用し、実際に転職者の45.8%が転職を決めているリクナビネクストをオススメします。

公式サイト:リクナビネクストで求人を探す(無料)

リクナビネクストの詳しい情報は、こちらの記事も参考にして下さい。

確実に転職を決めるサイトはこれしかない?リクナビネクストで実際に求人を探した感想と評判、口コミ

 

・転職エージェントにサポートしてもらいながら求人を探す

もう一つの転職サイトは、企業と転職者の橋渡しをする転職エージェントにサポートをしてもらいながら、仕事を探す方法になります。

仕事探しから面接の日程調整まで様々なサポートをしてもらいながら転職活動をすることになります。

そのため、自分一人で転職活動をするのに比べて転職活動による負担を大幅に軽くできる一方、自分が希望する求人を紹介してもらえない場合や、担当者のペースで転職活動が進んでしまうなど、自分のペースで転職活動が出来ない場合もあります。

転職エージェントは、私が転職を14回繰り返す中で実際に利用して、次の3点が良かったリクルートエージェントをオススメします。

  1. 求人数の多さ(非公開求人数)
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い
管理人ミチオ

管理人ミチオ
リクルートエージェントを含めて、私が実際に利用して良かった転職サイトは、こちらの記事を参考にしてみて下さい。
私が実際に利用してよかった転職サイトはコレ!

転職サイトはメリットとデメリットの両方があるので、自分の状況を考えながらうまく使い分けることで、より自分が納得できる仕事探しをすることができます。

アプリ

現在は多くの方が使用しているスマートフォンのアプリを使い、気軽に仕事探しができます。

なかでも、こちらのアプリは多くの方が面倒に感じていた職務経歴書の入力ほとんどが選択式で行えるため、気軽に利用することができます。

登録したデータを元に企業からオファーが届くシステムになっていますが、企業から届くオファーは全て面接確約済みのオファーのため、効率的に転職活動を進めることができます。

企業からのオファーを待つだけで、転職者側から応募ができないというデメリットはありますが、登録も5分ほどで簡単にできるので、スマホでゲームの合間にサクッと登録してみて下さい。

公式サイト:MIIDASを利用する(無料)

これまでに紹介した仕事を探す方法のメリットとデメリットをまとめると、次のようになります。

メリット デメリット
ハローワーク
  • 全国ほとんどの地域にあり気軽に利用できる
  • 受付の人によって当たり外れがある
  • 企業側も無料で求人を出せることから、いつも求人を出しているような企業の求人もある
フリーペーパー
  • 地域密着型のレア求人がチェックできる
  • フリーペーパーが多すぎて、どれを見ていいのか分からない
  • 読み終わった後、ゴミになる、、、なんかもったいない
知人の紹介
  • ほぼ内定確実?
  • 転職前に転職先の詳しい内情を確認することができる
  • 仕事探しの手間がない
  • 転職後に、何か問題があった時に辞めにくい
転職サイト
(自分で求人を探す)
  • 自分が納得できる求人を探すことができる
  • すぐに行動できるので、仕事探しのスピードが早い
  • 転職活動の負担が大きい
  • 在職中から転職活動をする人は、仕事と転職活動の両立で負担大
  • 一人で仕事探しをすることで、精神的に不安になる
転職エージェント
  • 転職活動の負担を大幅に軽減できる
  • 応募先企業の情報や面接対策など、様々な転職サポートが受けられる
  • 一人で転職活動する時に比べて心強い
  • 一般には公開されていない 非公開求人をチェックできる
  • 全て無料で利用できる
  • 担当者と合わない場合、自分が思うような仕事探しができない場合もある。
  • 担当者を通して仕事探しが進むので、転職活動のスピードが遅くなることもある
  • 転職エージェントによって、得意、不得意な案件がある
アプリ
  • アプリをインストールするだけで、面倒な手続きが必要ない
  • いつでも場所を選ばず、気軽に仕事探しができる
  • 転職エージェントのように担当者との面談が必要がない
  • 何か問題があった時に、対面での解決が難しい

 

仕事探しをする時に、注意すべき4つのこと

仕事探しをする時にはハローワーク以外にも様々な仕事探しの方法がありましたが、仕事探しをする時には、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

自分がやりたいこと、興味のある仕事を探す

仕事探しは転職をすることが目的ではなく、転職後の仕事で、自分が納得できる働き方が出来ることが大切です。

そのため、給与や休日数なども仕事を選ぶときの大切な要素になりますが、いくら条件のいい仕事でも、自分がやりたいと思わない仕事を続ける事は、大きな苦痛になります。

人生の中でも、多くの時間を過ごすことになる仕事の時間です。

自分がやっていて少しでも楽しいと思える仕事を選ぶようにしましょう。

自分のやりたいことがなく、どんな仕事をやっていいのか分からない人は、適性診断テストを受けて、自分の適正に合った仕事を探してみて下さい。

10分で分かる「転職力」診断テストを受けてみる(無料)

転職時期

仕事探しをしていく時に考えるべき事として転職時期があります。

転職時期をいつにするかによって仕事探しの進め方も大きく変わってくることに。

すぐに転職する気はなく、いい求人があれば転職したいという人であれば、
転職エージェントに申し込むことを考えてみてください。

転職エージェントに自分の転職希望条件を伝えておけば、条件に合った求人を紹介してもらえることになります。

そのため、普段は今の仕事をやりつつ、昼休みの空いた時間や家に帰った時間などを利用して届いた求人をチェクすることで効率よく仕事探しを進めることができます。

一方、今すぐ転職したい人は転職エージェントに申し込み自分に合った求人を送ってもらう事はもちろん、自分でも転職サイトを利用して仕事探しを進めていくことが必要になります。

雇用形態

仕事探しをしていく時には、雇用形態についてもしっかりと考える必要があります。

雇用形態は大まかに分けて、次の4つに分けることができます。

派遣労働者 いわゆる派遣社員といわれる人で、働く会社と直接雇用形態を結ぶのではなく、労働者は派遣会社と労働契約を結んだ上で、働く会社に派遣されることになります。
契約社員 正社員と違い、雇用期間が労働契約により定められているため、契約期間が満了した時に労働契約が終わることになります。
多くの場合、1回の契約期間は3年間となりますが、在職中の働き方などをみて契約社員から正社員になる人も少なくありません。
パートタイム労働者 いわゆるアルバイトやパートと言われる人たちのことで、正社員に比べて短い労働時間で働くことになります。
労働時間や労働日数によって社会保険に加入できない場合や有給休暇の日数も少なくなるなど様々な制約がありますが、気軽に働き始めらることから、年齢を問わず多くの方がパートタム労働者として働いています。
正社員 期間の定めのない労働契約を結んでいる労働者で、特別な問題がない限り
定年退職までその会社で働くことができます。
定年まで安定した働き方が保証されていることから、多くの人が正社員で働くことを望んでいます。

厚生労働省ホームページ さまざまな雇用形態より参照・作成

このように、雇用形態によって働き方が大きく異なるため、自分が目指す雇用形態によっても仕事の探し方が大きく変わってきます。

勤務地

仕事を探すしていく時には勤務地のことも考えることが大切です。

自分の地元で働くのか、それとも県外で働くのか。

または、国内に限らず海外で働きたいという人も、現在は少なくありません。

勤務地によって転職サイトに掲載されている求人数も大きく変わります。

東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県を勤務地として選ぶ人で、未経験業界への転職を考えている人はハタラクティブの利用を考えてみてください。

一都三県の求人に特化し、未経験業界への転職もサポートしています。

公式サイト:ハタラクティブで求人を探す(無料)

自分が働く地域も考えた上で、仕事探しをして下さい。

 

まとめ

仕事探しの方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

仕事探しをする時には4つの注意すべきことがありましたが、仕事探しをする時には、常に忘れてはいけない事があります。

それは「仕事探しをしている目的を忘れずに持ち続ける」ということです。

仕事を探している理由は、人それぞれです。

今すぐ転職をしたい人から、特に今の仕事に不満はないけれど、自分により合った仕事があることを考え仕事を探している人まで、様々な人がいます。

自分が最初に仕事探しを始めた時の気持ちを忘れずに、仕事探しを続けて下さい。

あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。