仕事を定時で帰るのは悪い事?残業をせず会社から定時退社する方法

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「あー、今日も残業だ。

定時に会社を帰ったのは、いつだろう、、、」

みなさんの中で、会社を定時に帰った日を忘れてしまうほど、残業の日々を過ごしている人はいないでしょうか?

本来、仕事は就業時間内に終わらせるものですが、現実は定時に会社から帰れず、日々残業をしているという人も少なくありません。

「会社を定時に帰りたいのに、いつも残業で帰れない」

そんな悩みを抱えている人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、仕事だけでなはないプラインベートも大切にできる働き方ができるようになれば嬉しく思います。

仕事は残業が当たり前?会社を定時に帰れない理由とは?

多くの人が残業をせず定時に帰りたいと考えている中、現実は思うように定時に会社から帰ることができません。

仕事から定時に帰ることができない理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

仕事が多すぎる

やるべき仕事が多すぎて仕事が終わらず、残業をして仕事を終わらせることで会社から定時に帰れないことがあります。

仕事の処理スピードを上げたり仕事を効率的に進めることで、仕事を終わらせる時間を短くすることもできますが、それにも限界が。

仕事は基本的に上司から振られることになるため自分一人で調整することは難しく、解決する時には職場全体で業務を見直さなければいけないことも。

仕事が多すぎることで、会社から定時に帰れないことがあります。

上司が残業している

自分の仕事は終わりいつでも帰れる状態にもかかわらず、上司が残業していることで定時に帰れないことがあります。

自分は仕事が終わっているためいつでも帰ることはできますが、なぜか上司がなかなか帰らず仕事をしていることに。

一言いって先に帰れば全く問題はないのですが、自分が先に帰ることになぜだか罪悪感を感じたり、雰囲気的に帰りづらい状況に。

自分の仕事にかかわらず、上司が残業をしていることから定時に会社から帰れないことがあります。

 

たまには定時に退社したい、、、仕事で残業が続くことによる問題とは?

仕事で定時に帰れない原因には仕事が終わらないだけでなく、上司が残業をして帰らないといった職場の環境にも原因があることを見てきましたが、仕事を定時に帰れないことでどのような問題があるのでしょうか?

体調を崩す

定時に会社から帰ることができず、残業をしながら仕事を続けることで体調を崩すことがあります。

定時に帰ることができず残業が続けば、当然家に帰って休む時間も短くなり、疲れもとれにくくなることに。

残業が続き疲れが溜まっていくことで仕事に対してストレスを感じるようになり、

ストレスが溜まることで体調を崩すだけでなく、ひどい場合には精神的にストレスが

溜まり働くことが難しい体になることも。

仕事から定時に帰れないことで体調を崩すことがあります。

定時に帰れないことが当たり前の働き方になる

いつも残業をして定時に帰らない生活をしていると、その生活がいつもの当たり前の生活になってしまうことに。

そのため仕事の進め方も残業をして終わらせることが当たり前になり、就業時間内に終わらせる気持ちで仕事に取り組む場合と比べて仕事の効率も悪くなることに。

仕事が定時に帰れないことで、仕事の進め方や仕事への取り組みが効率の悪いものになることがあります。

仕事が嫌になる

残業をして定時に帰れない生活をしていると、生活が仕事だけの毎日に感じてしまうことに。

仕事ばかりの生活になり、自分の時間も持てないことで今の働き方に疑問を感じることも。

残業ばかりの定時に帰れない仕事のやり方をしていることで、仕事自体が嫌になってしまうことがあります。

 

今の会社で仕事を定時までに終わらせ、残業しない方法とは?

仕事が定時に帰れないことで効率の悪い働き方になるだけでなく、仕事自体が嫌になり、ひどい場合には体調を崩し働くことが難しくなることも。

定時に仕事から帰れないことで様々な問題がありましたが、仕事で定時に帰るためにはどうすればいいのでしょうか?

定時に帰ると決める

まずは何より定時に帰ると自分が決意することが大切です。

どんなことがあっても必ず定時に帰ることを決めることで、仕事への取り組みも変わってきます。

「仕事が終わらなければ残業すればいい」

仕事の進め方も今までの残業が当たり前の働き方ではなく、就業時間内にいかに仕事を終わらせるかという効率的な働き方を工夫していくことに。

また自分がその日にやるべき仕事が終わり、たとえ上司が残業していても遠慮することなく堂々と帰りましょう。

あなたが就業時間内に効率良く仕事を終わらせた結果、定時に帰れるようになった

のです。

帰るときに

「何か急ぎの仕事はありますか?なければお先に失礼します」

一言いって帰れば全く問題はありません。

堂々と帰りましょう。

職場の働き方が変わることも

あなたが日中仕事に集中して定時に帰る働き方を続けることで、あなたの職場の働き方が変わることがあります。

職場の中にはあなたと同じようにずっと定時に帰りたいと思っていても、あなたのように実際に行動できなかった人がいる場合も少なくありません。

あなたの行動をきっかけに、会社から定時に帰る働き方が浸透していけば、必ずあなたに続く人が出てきます。

また逆に、あなたが定時に帰る前にあなたの職場で誰かが定時に帰るような働き方をしている人がいれば、あなたもその人に続いて定時に帰るような働き方をしていきましょう。

そうすることで、あなたの職場で残業をしないで定時に帰る働き方がますます広がっていくことになります。

定時に帰って何がしたいのか考える

残業をしないで定時に帰る働き方をしようと思い、いざ行動を起こそうとすると

やはり職場の雰囲気に負けてしまい思うように定時に帰ることができないことも。

そんな時は仕事から残業をしないで定時に帰った時、あなたがしたい事

を思い浮かべて下さい。

  • 家族と一緒に夕ご飯を食べたいでしょうか?
  • ゆっくりと映画を見ながらリラックスしたいでしょうか?
  • スキルアップのための資格の勉強をしたいでしょうか?

定時に帰り、あなたが獲得した自分の時間です。

自分の好きなように使うことができます。

どうですか?

想像しただけで何だか楽しい気持ちになってこないでしょうか?

自分が定時に帰ることで手に入れられる生活を想像することで、定時に帰る目的

はっきりし、定時に帰ることに対する意思を強く持つことができます。

どうしても定時に帰れない時は

残業をしないで定時に帰れるように行動しても、職場や上司によっては夜遅くまで働くことが仕事を頑張っていることだと考えている人も。

そのような職場では定時に帰る人が肩身の狭い思いをしながら働き続けるということに。

会社にとっても人件費や水道光熱費の削減、何より従業員が働きやすい環境を提供できる

という良いことづくめの定時退社ですが、会社によっては理解が得られないことも。

そんな時には転職することも考えてみてください。

誰にとっても良いことしかない定時の退社が理解されない会社です。

あなたの頑張りが正しく評価される会社に出会えるよう動いて行きましょう。

今度の転職では、今の職場と同じように、定時に帰れない残業の日々を過ごすことは避けなければいけません。

しかし、面接の時に実際の残業状況を確認することはできますが、残業のことを確認することで、仕事に対してやる気がない人と思われてしまうこともあります。

そんな時は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めていって下さい。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントの利用
メリット デメリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、転職前には確認しづらい転職先の残業の有無や残業時間なども、転職エージェントがあなたに代わって確認してくれます。

残業時間の他にも、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

リクルートエージェントは1977年の創業以来、37万名以上の転職者を転職成功に導いてきました。

この転職成功者の実績は業界NO1で、現在も年間23,000人の転職成功者を生み出し続けています。

転職エージェントの中には転職実績を公表していないところも多くあります。

そのため、リクルートエージェントはイメージではなく実際に結果が出せる転職エージェントであることが分かります。

 

またリクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介できる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

 

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)
  • 採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

 

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになります。

少しでも多くの求人の中から、自分に合った求人を選びたい人は、全て無料で利用できる
リクルートエージェントをフル活用してみて下さい。

 

管理人ミチオ

管理人ミチオ
先ほど、転職エージェントのデメリットとして、担当者によってサービスのばらつきがあることを紹介しました。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性は転職を成功させるための大切な条件になります。

私も実際にリクルートエージェントを利用した時に、どうしても自分と合わない担当者に当たったことがあります。

担当者を変えてもらうことは少し気まずかったのですが、メールで連絡すると2日後に担当者を変更してもらうことができました。

リクルートエージェントでは、どうしても担当者が合わない時はメールで気軽に担当者の変更もできますので、気軽に利用してみて下さい

リクルートエージェントの担当者変更はこちらからできます → 問い合わせ

 

あなたが転職エージェントをうまく利用して、仕事だけではなく、プラベートの時間も充実させられる仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントに登録する(無料)