その他

正社員になりたい!未経験の仕事に正社員として挑戦する方法

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「正社員の仕事をして今までの不安定な生活を変えたい」

そんな強い想いを持ちながら、何とかして正社員の仕事に挑戦しようとしている人もいるのではないでしょうか?

多くの人が明日の生活を心配するような不安定な生活より、少しでも安定した生活を望むものです。

正社員として働きたいけど、やりたい仕事の経験がないことや社会人経験がないことで正社員として働くことを諦めてしまっている人は是非この記事を読んでみてください。

この記事を読んであなたが正社員として働く目標に一歩でも近づけることができれば嬉しく思います。

どうしてなれないの?正社員の仕事をできない原因とは?

正社員を目指す人には様々な人がいますが、なぜ正社員になることが難しいのでしょうか?

社会人経験がない

社会人経験がないことで正社員の応募条件を満たすことができず、正社員として働くことが難しい場合があります。

社会人経験がない理由も人それぞれ。

学校を卒業後、自分のやりたいことが見つからずニートとして生活していた人が、年齢のことやこれからのことを考えた時に、ずっと持っていたこのままではいけない気持ちを行動にうつし、社会人未経験から正社員を目指すという人も。

また学校卒業後に公務員や弁護士、税理士など専門職に就くための勉強をしていたのを、途中でキャリアチェンジしたことにより、学校を卒業してから数年経った状態で社会人未経験の状態から正社員を目指すという人も。

そのほかにも海外留学をしていた人など、社会人未経験でいた理由にも様々なものがありますが、社会に出てからの経験がないということで企業側が採用に慎重になるケースもあり、社会人未経験が原因で正社員になることが難しい場合があります。

フリーターをしていた

学校卒業後や途中退学した後、特にやりたいこともなかったが何もしないわけにもいかず、ひとまずフリーターとして職を転々としながら働いていたという人も少なくありません。

社会人未経験の人に比べて社会人経験はあるものの、職を転々としていたことや目的もなく働いていたことで、逆に何か目的を持って活動し、結果的に社会人未経験になった人に比べて正社員になることが難しい場合も少なくありません。

フリーターとして働いていた経験を正しく評価されないことにより、フリーターの人が正社員として働くことが難しい場合があります。

自分の中の転職条件が厳しい

応募すれば採用されそうな正社員の求人があるものの、自分の中で転職する時の条件が厳しいことで正社員として働くことが難しくなることがあります。

自分の中の転職条件が

  • 土日祝日休みで残業なし
  • 給料◯◯万円以上

など、自分の中の転職条件が厳しいことで自分が思うような求人が見つからず、正社員の仕事に転職できないことがあります。

好条件になればなるほど求人が少なくなり、自分の希望する転職条件と現実の求人との間で折り合いをつけることが難しいことになりますが、自分が希望する転職条件が厳しいことによって、正社員として働けないことがあります。

正社員になることのメリットは?

正社員になれない原因には今までの働き方や自分の転職希望が大きく影響していることをみてきましたが、正社員になることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

給与

正社員になることで給与が安定し、パートや契約社員など他の雇用形態に比べて給与額も高くなります。

正社員以外の雇用形態の場合、残業が多くなれば正社員よりも給与額が多くなる月もありますが、その月の労働時時間によって給与額が大きく変わることになり、月々の給与が安定しないことに。

また正社員と他の雇用形態を比べた時に、ボーナス支給の有無や支給額に大きな差が出ることに。

正社員は4ヶ月分がボーナスとして支給されても、契約社員は1ヶ月分も出ないということも多く、パートの方に限っていえば寸志程度の金額が出ればいいという状況も現実としてあります。

給与額やボーナスの額だけでなく、昇給の仕方にも正社員とそれ以外の雇用形態の間には大きな差があり、契約社員の方などはほとんど正社員の人と同じ仕事をしているにも関わらず、給与に大きな差が出ていることに対して何ともやりきれない感情を持つ人も少なくありません。

正社員として働けば働くほど、給与面で大きなメリットがあります。

労働条件

仕事を選ぶ上で給与だけではなく、労働条件も大切な要素に。

社会保険の完備はもちろん、各種資格取得の補助や家賃補助、社員寮の利用から会社によっては保養所の利用まで様々な福利厚生があり、正社員だけが利用できる福利厚生も。

働いていく中で働きやすさをに大きく関わる労働条件が整っていることに、正社員の大きなメリットがあります。

仕事内容

最近では正社員と契約社員の間の仕事内容の差も小さくなってきましたが、重要な仕事の多くは正社員が担当しているという現実があります。

パート社員や派遣社員の方にも本当に優秀な方も多く、明らかに正社員の人より優秀だと誰もが認める人が職場にいるケースも少なくありません。

しかし、労働条件や契約の問題から担当する仕事内容が限られることになり、重要な仕事を担当することができない場合も。

正社員でいることによって、社内での重要な仕事に関われる機会も多くなり、自分自身のスキルアップや昇進の機会を多く手にすることができます。

安定

多くの人が正社員になりたい理由の1つにこの安定があります。

今まで正社員のメリットで見てきたように、正社員でいることにより待遇や仕事内容で様々なメリットがありましたが、会社で何かあった時にも正社員でいることが有利に働くことも。

会社の経営状況などにより人員整理を行う場合、労働契約や契約期間の関係から派遣社員の方やパートの方から整理が行われ、正社員が最後まで働き続けることが多くなります。

人員整理があった会社で働き続けることの是非はともかく、雇用を失いにくく、何かあった時にも安定した生活を送りやすいというのも正社員の大きなメリットになります。

生活が安定することで日々の生活にゆとりが持てるだけでなく将来設計もしやすくなり、家の購入などローンを組むような大きな買い物をする時も、正社員でいることで社会からの信用もsり、ローンを組みやすいなどのメリットもあります。

 

正社員になることのデメリットは?

正社員になることで労働条件や生活の安定など、仕事だけでなく生活する上でも様々なメリットがあることをみてきました。

正社員になることで様々なメリットがある一方、デメリットは何もないのでしょうか?

辞めにくい

矛盾するようにも聞こえますが、正社員でいることにより仕事を辞めにくいというデメリットがあります。

仕事をしていれば楽しいことばかりではなく、辞めたくなるような辛いことも少なくありません。

そんな会社をいざやめようとした時、正社員でいることによって様々な重要な仕事を任されていることも多く、仕事の引き継ぎや感情的にも仕事を辞めにくいと感じることがあります。

人によっては関係なく仕事をすぐ辞めれる人や、いきなりいなくなってしまうような人も中にはいるようですが、仕事を辞める時はしっかりと辞めたいもの。

正社員という責任から仕事を辞めにくいというデメリットがあります。

仕事での責任が増す

これをデメリットと言ってしまうと少し語弊がありますが、正社員になることで仕事の責任が増すことになり、時には無理をして働かなければならないケースも出てくることに。

今まで正社員以外の雇用形態で働いていた時には、仕事がどうしても終わらない時なども最後は正社員の人が何とかして終わらせるということも。

自分が正社員になることで、自分が中心となり仕事に関わることも多くなり、仕事の責任が増すことに。

そのことによって成長できることも多くありますが、仕事の責任が増すことで今までのような自分を中心とした働き方だけでは仕事が回らない場面も出てくることに。

正社員として働くことで仕事の責任が増すことになり、今までの働き方に比べて少し窮屈な働き方に不満をもつことがあります。

なれればいいの?正社員の仕事をやる目的と正社員になるための方法とは?

正社員になることで安定という大きなメリットがある一方、仕事が辞めにくくなることや働き方が窮屈になるというデメリットがあることを見てきましたが、正社員にとして働くためにはどのような方法があるのでしょうか?

また正社員にただなることだけが大切なのでしょうか?

ただ正社員の仕事をできればいいの?あなたが正社員になりたい目的は?

仕事で様々なメリットがある正社員ですが、あなたが正社員になりたい理由はなんでしょうか?

  • 今の給与が毎月安定しない不安定な生活から何とかして脱け出したい
  • 正社員として働くことで自分に自信をつけて、自分のことをバカにしていた周りの人達を見返したい!
  • 結婚をする予定の人がいて、なんとしても正社員になる必要がある

正社員になりたい理由は人それぞれ。

正社員になって働くことを目標に持つことは大切ですが、正社員になった後の働き方のことも少し考えてみて下さい。

先ほどもデメリットのところで紹介したように、残業がある時も正社員ではない今までなら特に気にせず帰れたものが、正社員になることで残業をして何としても仕事を終わらせなければいけない場面も。

そのためプライベートな時間が今まで以上に少なくなるということも転職先によってはあるかもしれません。

正社員として働くことにより先ほど紹介したような様々なメリットがある一方、デメリットもあります。

その上でなぜ自分がアルバイトとしてではなく正社員として働く必要があるのかについてもう一度よく考え、正社員として働く目的を考えながら正社員になるための行動をしていくことが大切になります。

仕事で正社員になるための方法とは?

正社員になる目的を自分の中で確認した後は、正社員として働くための転職活動を進めていきましょう。

正社員として働く時にまず大きな壁になるのが仕事の経験がないことによる「未経験」の壁です。

正社員で自分のやりたい仕事を探していると、未経験ということでそもそも応募条件を満たせず応募すらできないことも。

また未経験を受け付けている会社でも、多くの企業は即戦力となる人材を求めているため、応募者に経験者と未経験者がいた場合は経験者が優先して採用されることも。

「自分のやりたい仕事に正社員として挑戦はしたいけど、未経験だと書類選考で落とされそう」

そんな不安を感じている人も少なくありません。

このように、未経験の仕事への転職に不安を感じる人は、転職エージェントの
ハタラクティブ
を利用してみて下さい。

 

ハタラクティブは未経験業界への転職に特化した転職エージェントになります。

未経験の仕事に挑戦する人をサポートするということで、転職サポートには定評があり、
書類審査通過率が91.4%となっています。

応募した10人中9人以上が書類審査を通過することになり、ほとんどの応募者が面接に挑戦することができます。

書類審査を通過し、面接に挑戦した人が内定を獲得する転職内定率は80.4%と高い数値になっています。

この転職内定率の数値は、各転職エージェントが転職内定率を公表していないので、一概に比較することは難しくなっています。

しかし、次の一般的な転職エージェントの内定率のデータを見てもらうと、ハタラクティブの転職内定率の高さが分かります。

・書類選考通過率:30%程度

・1次面接通過率;30~40%程度

・最終面接通過率:30~50%程度

もし上記の歩留まり率で選考が推移したとして、高めに見積もっても、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。

「すべらない転職」より

このように、ハタラクティブを利用することで、イメージではなく、実際に未経験の仕事へ高い確率で転職できることが分かります。

 

ハタラクティブの高い書類審査通過率や内定率の理由は、紹介されている求人が実際に足を運び確認されている会社ということがあります。

そのため、会社側がどのような人材を欲しがっているのかが事前に確認されている求人となり、あなたの「未経験の仕事に挑戦したい」という気持ちと、会社側の「こんな人と一緒に働きたい」という気持ちを、しっかりとマッチングしてくれます。

  • 未経験の仕事ということで、書類審査に落とされないか不安
  • 本当に未経験の仕事に転職できるのか不安
  • 転職後に思っていた会社と違い、転職を後悔することがないか不安

未経験の仕事へ転職することに対して、このような不安を感じている人は、ハタラクティブを利用することで不安を解消することができます。

 

良いことばかりのように思えるハタラクティブですが、気をつけなければいけない事として、転職活動を全て任せてしまい、転職活動自体が受け身になってしまうことがあります。

仕事の忙しさから、ハタラクティブに紹介された求人だけをチェックし、自分で求人を探すことを止めてしまう人もいます。

ハタラクティブを利用することで転職活動をスムーズに進めることはできますが、転職するのはあなた自身です。

今の会社で働き続けることも、今の自分にできることを考え実際に行動していくことも、全てあなたが自由に選択することができます。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。
公式サイト:ハタラクティブで未経験の仕事に挑戦する(無料)