仕事の悩み

自分が避けてきた仕事のトラブルをチャンスに変える方法とは?

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「仕事でいつもトラブルに悩まされ、仕事に行くのも嫌になる」

こんな悩みで苦しみながら仕事をしている人はいないでしょうか?

仕事をしていれば日々トラブルが起きるもの。

仕事のトラブルにより、仕事に行く事自体を苦痛に感じている人はぜひこの記事を読んでみて下さい。

この記事があなたの仕事のトラブルを少しでも解決する助けになれば嬉しく思います。

あー、また仕事でミス!仕事でトラブルになる原因とは?

「今日は1日なにもトラブルがなければいいな」

仕事によっては、日々発生するトラブルの対応で1日が終わってしまうことも。

仕事のトラブルはどのようなことが原因で発生することになるのでしょうか?

仕事のミス

仕事をしていれば多かれ少なかれ誰しも仕事でミスををすることに。

最初は小さな仕事のミスも、早めに気づき対応することで問題にならないこともありますが、ミスに気づかずそのままにしてしまうことで後々大きなトラブルになることも。

また仕事のミスに気づいた後の対応の仕方によっては、本来はトラブルにならずに済んだミスが、大きなトラブルになってしまうことも。

仕事でのミスが原因でトラブルになることがあります。

仕事での言った言わない

仕事をしているとお互いの認識不足でトラブルが起こることがあります。

メールや書類など、文字として伝えた証拠が何か残っていれば問題はありませんが、仕事をしていれば口頭で伝えるだけということも少なくありません。

そのため本人は伝えたつもりでも相手は聞いた記憶がなく、言った言わないでトラブルになることに。

相手に仕事を伝えたことを後で確認できないことが原因で、仕事でのトラブルになることがあります。

職場の不満

トラブルの原因は仕事以外のことでも起きることに。

シフトで休日を決めるような職場では、みんなで希望する休日を申請して休日を調整することになります。

休日の調整がうまくいかないことで、いつも希望通りの休みになっている人もいれば、自分の希望がいつも通らないと感じている人も出てくることに。

最初はそのような小さな不満からストレスが溜まっていき、やがては職場内で大きな人間関係のトラブルに発展することもあります。

職場の人間関係

仕事をしていれば働きやすさを大きく左右することになる職場の人間関係。

職場の人間関係が悪いことで、些細な仕事のミスも自分と合わない人がすることでどうしても許せないミスに感じてしまい、後々大きなトラブルになることも。

また職場の中にはみんなからトラブルメーカーにのように思われている人もいて、職場内でみんなとうまく合わせながら働けないことで、いつもトラブルを起こしてしまうという人も。

職場の人間関係が原因で、仕事での大きなトラブルにつながることがあります。

もう会社に行きたくない、、、仕事のトラブルが続くことで起きる問題とは?

仕事でトラブルが発生する原因には、仕事上のことだけではなく、職場の人間関係のような仕事以外のことが原因でトラブルが発生することもみてきましたが、仕事でトラブルが起こることによりどのような問題があるのでしょうか?

本来の仕事ができない

仕事でトラブルが発生することで、トラブルに対応することが必要になります。

トラブルの内容によってはその日の内には解決できず、解決まで長い期間が必要になる大きなトラブルも少なくありません。

そのためトラブルの対応に追われることで、自分が本来やるべき仕事に取り組むことができないことも。

仕事のトラブルが続くことで、自分の本来やるべき仕事ができなくなることがあります。

精神的に落ち込む

仕事でトラブルを起こすことにより、自分の上司やお客様から怒られることがあります。

自分がトラブルを起こしていることで責任を感じている時に、さらに怒られることで精神的に落ち込むことに。

落ち込んだ状態で仕事をすることにより仕事でミスをしてしまい、さらにトラブルを起こしてしまうことも。

仕事でトラブルを起こすことにより、精神的に落ち込みさらなるトラブルを起こしてしまうという悪循環に陥ることがあります。

トラブルが怖くなる

仕事のトラブルを1度起こすと、もう一度トラブルを起こすことに対して恐怖を感じることがあります。

トラブルを起こすことに恐怖を感じながら仕事をすることで、さらにトラブルを起こしてしまうことも。

トラブルの恐怖感からさらなるトラブルを引き起こすことがあります。

体調を崩す

仕事のトラブルにより精神的に落ち込むことがありましたが、トラブルが続くことでさらに落ち込むことになり仕事自体が辛いものになることがあります。

仕事自体が辛いものになることで仕事に行くことも辛くなり、ひどい場合には働くことができないような状態になることも。

仕事でのトラブルをきっかけに、働くことが難しくなるような状態になるほど体調を崩してしまうことがあります。

仕事のトラブルいらっしゃい!仕事のトラブルをチャンスに変える方法とは?

仕事のトラブルを起こすことによって仕事上困るだけでなく、精神的な問題から体調を崩すこともみてきましたが、仕事のトラブルは本当に困るだけのものなのでしょうか?

仕事のトラブルを起こさないことだけが大切なことなのでしょうか?

仕事にトラブルはつきもの

仕事をしていれば誰もがミスをすることが当たり前のように、仕事をしていればトラブルが発生することもまた自然なこと。

トラブルを起こさないように働くことも大切ですが、トラブルを起こさないことばかりを気にしながら働くことで、全ての仕事に受け身の姿勢で取り組むことになり、自分のことばかり考えながら仕事をすることに。

仕事にトラブルはつきものと考え、トラブルを恐れず自分らしく働くことでトラブルも自然と少なくなることがあります。

トラブルを防止する

仕事にトラブルはつきものですが、トラブルが起きる前にトラブル対策をしておくことは大切なことです。

仕事を続けていれば起きるトラブルの予想がつくことに。

トラブルが起きないよう事前に対策を考え、社内でトラブル防止の仕組みを作っておくことで、仕事のトラブルを最小限に抑えることができます。

また新たに発生したトラブルは次回の新たなトラブル防止の仕組みに加えていくことで、トラブル防止の仕組みがトラブルが発生するたびにブラッシュアップされていくことに。

仕事のトラブル防止策をしていくことで、トラブルを未然に防げるだけでなく、仕事のトラブルを起こさないための仕組みも社内に作っていくことができます。

トラブルを仕事上の問題から仕事上のチャンスに変える

トラブルを防止するところで見たように、トラブルが起きた時には問題だけではなく、トラブル防止の仕組みを社内に作れるような、トラブルが仕事上の大きなチャンスになることもあります。

会社内の問題や改善すべきところに仕事のトラブルは発生することになり、そのトラブルを解決する仕組みを作ればより良い会社にしていくことができます。

また社内で起きているトラブルは他の会社で起きているトラブルであることも多く、社内でトラブルを解決した仕組みを社外に持っていくことで、大きなジジネスに繋がることも少なくありません。

仕事のトラブルが会社にとってチャンスであるだけでなく、個人にとっても仕事のトラブルは自分を成長させる大きなチャンスになることもあります。

自分が仕事で起こしたトラブルは、自分が仕事で改善すべきところであることに。

仕事でトラブルが発生した時は逃げ出したい気持ちにもなりますが、トラブルに向き合い解決することで、さらに自分を成長させることができます。

トラブルのない会社で働くことは、、、

このように仕事でのトラブルが自分を成長させる大きなチャンスであることが分かると、トラブルが起きない仕事はどうなるのでしょうか?

日々の仕事は平穏に過ぎストレスもなく一番いい仕事にも思えますが、快適な仕事である反面、自分が成長する機会が少ない仕事であるとも言えます。

今の状況に満足せず、トラブルを恐れずにもっと自分を成長させていきたい人は転職も考えてみてください。

仕事によっては様々な仕事に挑戦する機会を与えられ、仕事のトラブルが増えることもありますが、自分を大きく成長させるチャンスが多くなることに。

転職活動は1人ですることもできますが、1人で求人を探すことにより自分の主観だけが仕事を探す時の判断基準になってしまうことに。

そんな時は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

転職を14回繰り返す中で様々な転職エージェントを利用しましたが、他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数の多さ(非公開求人数)
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

 

1.求人数の多さ(非公開求人数)

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介してもらえる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)
  • 採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認や、面接対策・応募書類対策などの具体的なアドバイスなど、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、対応の全てが事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

私はリクルートエージェントを2回しか利用していませんが、担当者の当たりはずれがある転職エージェントであることを感じました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

このように、リクルートエージェントには担当者の当たり外れがありますが、これに関してはどの転職エージェントにもある問題となります。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

どうしても担当者と合わない時は、変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

※担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼も伝えるようにしましょう。

私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

 

3.面接対策が強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

担当者の面接アドバイスも具体的なものが多く参考になりましたが、都内ではほぼ毎日開催されている「面接力向上セミナー」が面接対策にとても効果がありました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が15%UPし、受講者の97%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

リクルートエージェントでは、担当者による面接サポートやセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます。

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになり、面接対策も強化することができます。

 

転職エージェントを利用することで、自分とは違った転職の専門家の視点で求人を探すことができるため、自分に合った求人に出会える可能性を高めることができます。

しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのはあなた自身です。

今やっている「目の前の仕事の事」だけではなく

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」

という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

 

転職エージェントをうまく利用しながら、自分が成長する機会の多い仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)