その他

自分のやりたい仕事をやり、仕事の愚痴を愚痴でなくす方法

「ちょっと気いてよ!今日仕事でさー、、、」
「ん?どうしたの?なんかあった?」

「また愚痴聞かされるのかなー、、、」
管理人ミチオ
管理人ミチオ
皆さんの中でもこのような会話が交わされることはないでしょうか?

仕事をしていれば愚痴の1つや2つも言いたい時がありますが、愚痴を聞かされる方もなかなか大変なものに。

仕事の愚痴を言う人も言われる人も、仕事の愚痴を言いたくなるような状況で働いている人はぜひこの記事を読んでみてください。

この記事を読んで、普段何気なく言ったり聞いたりしている愚痴について考えてもらえれば嬉しく思います。

よく毎日ネタがあるね、、、仕事の愚痴を言う人の愚痴の中身とは?

仕事の愚痴をいう人は毎日でも仕事の愚痴を言う人も。

毎日愚痴をいうほど大変な仕事なのかと神妙に愚痴を聞いていると、愚痴の内容は昨日と同じということも。

仕事の不満があることで愚痴を言うことになりますが、どのようなことに対して愚痴を言うことになるのでしょうか?

職場の人間関係

「ちょっと信じられる?昨日言われた通りに仕事をやったのに、今日はいきなり違うだって。

あーもう、〇〇上司とは仕事やってられない」

仕事の愚痴の中で職場の人間関係に関するものが愚痴の多くを占めることに。

愚痴を言うことで不満やストレスを発散できるだけでなく、職場で同僚同士が上司の愚痴を言うことで、愚痴をいった者同士で連帯感を強められることに。

職場では多くの人が働き全員が自分と合う人ばかりではないため、人間関係による愚痴が多くなります。

仕事内容

仕事の進め方や仕事への取り組み方など、仕事に対する考え方は人それぞれ。

そのため仕事をやっていれば自分の思うように仕事が進まないこともあり、溜まった仕事の不満やストレスを愚痴を言うことで発散することに。

また会社の仕組みや仕事のやり方にも不満を持ち愚痴を言うことも。

愚痴を言っている本人は自分の愚痴がなんだか会社を少しでもよくしているような気になり、勢いづくこともあります。

今日も聞かされるのか、、、仕事の愚痴を言う人、聞く人の問題とは?

仕事の愚痴を言う原因には仕事内容のことから職場の人間関係まで、様々な愚痴があることを見てきましたが、愚痴を言う人と愚痴を聞かされる人にはどのような問題があるのでしょうか?

愚痴を言う人はすっきりするが、愚痴を聞かされる人はストレスが溜まる

愚痴を言うことで自分の気持ちや不満を誰かと共有することになり、愚痴を言った人は気持ちがすっきりすることに。

一方の愚痴を聞かされた人がすっきりすることはなく、逆にストレスが溜まることに。

仕事のストレスを言う人と言われる人で、ストレスの結果が大きく変わることになります。

気持ちがネガティブになる

愚痴を聞かされた人は気持ちがすっきりすることもなく、気分もネガティブなものに。

一方、愚痴を言う人は一時的には気分がすっきりするものの、愚痴を言うことで問題を解決することは難しく、結局はいつまでも愚痴を言い続けることになり気持ちがネガティブなものになります。

愚痴で仕事の不満もストレスも発散!、、、でもなんか違いませんか?

仕事の愚痴をいうことで一時的に気分が晴れることはあっても、問題を解決することは難しいことをみてきましたが、愚痴を言いたくなるような問題に対してはどのように向き合えばいいのでしょうか?

愚痴を言っても誰も得をしないけど、、、

今までみてきたように、愚痴を言う人は一時的に気持ちは晴れるものの問題が解決することはなく、愚痴を聞かされた人もストレスが溜まるだけということに。

結局愚痴を言うことで誰も得をする人はおらず、現実の問題も愚痴を言う前と同じままということに。

それでも現実とし、愚痴を言いたくなるような嫌なことや不満があることもまた事実。

愚痴を言いたくなるようなことに対しては、どのように向き合っていけばいいのでしょうか?

愚痴が愚痴でなくなる仕事をする

仕事の愚痴を言うことは、仕事に何か不満があるということ。

でもよく考えると不満の全くない仕事などあるでしょうか?

仕事をしていれば全て自分の思い通りになることはないですし、仕事の不満があって
ストレスを感じることの方が自然なことです。

愚痴を言いたくなることが当たり前なんですね。

でも愚痴を言っても誰も得しない。

じゃあどうすれば?

答えは簡単。

愚痴が愚痴でなくなる仕事をすればいいのです。

あなたが好きな事ややりたいことをやっているときのことを思い出してください。

自分の好きなことをやっている時は、理屈ではなく好きなことをやっているだけで楽しい気分になりますよね。

当然楽しいことをやっているので不満やストレスも少なく、愚痴も少なくなります。

でも好きなことをやっていても不満が溜まることはもちろんあります。

  • 「なんで自分の思い通りにできないんだろう?」
  • 「あの人とやっているとなんかうまくいかないな」

仕事の不満と同じように、愚痴を言いたくなる時もあります。

しかし、それは愚痴になるでしょうか?

好きなことをやっている時は不満が愚痴にならず、前向きな提案にならないでしょうか?

  • なんで自分の思い通りにできないんだろう?
    →うまくやるためにはどうすればいいんだろう?
  • あの人とやっているとなんかうまくいかないな
    →あの人とうまくやるためにはどうすればいいんだろう?

全てがこのようにきれいにいかなくても、仕事に比べて好きなことやっている時は愚痴ではなく、現状を良くする方に考えが行くはずです。

なぜなら無理にやらされているわけではなく、自分が好きで楽しい事をやっているからです。

愚痴をうじうじ言っているより、現状の問題を良くして目の前のことを楽しんだ方がより好きなことを楽しむことができますよね?

やりたい事と仕事の2つの大きな違いは

  • 自分がやりたいと思ってやっている
  • 誰かにやらされていると感じながらやっている

この違いになります。

自分のやりたいことをやっている時は愚痴も愚痴でなくなります。

自分のやりたいことを仕事にし、愚痴を言う暇がないほど仕事を楽しんで下さい。

自分のやりたいことを仕事にする方法とは?

それでは自分のやりたいことを仕事にするためにはどうすればいいのでしょうか?

「自分のやりたいことを仕事にする」

このように書くと何かとてつもなく難しいことにも聞こえますが、実際に内容によっては難しい場合があることも。

50歳過ぎの人が

「私は今からプロのサッカー選手になって、ワールドカップに出場したい」

できるかどうか私にははっきりとは分かりませんが、年齢的にも実現することが難しいかもしれません。

でもその人のやりたいことと仕事を完全に一致させるのではなく、

やりたい事と仕事を結びつける

と考えた場合はどうでしょうか?

サッカーに関連した仕事にはどんな仕事があるでしょうか?

  • サッカー用品のメーカー
  • サッカー用品の販売
  • サッカーイベントの企画、運営
  • サッカー競技場の運営管理
  • サッカーチームの運営管理、、、

サッカーに関連する仕事は無数にあるかもしれません。

自分の好きなことと完全に一致した仕事が難しい場合でも、自分のやりたいことと結びついた仕事なら大きく選択肢が広がるのではないでしょうか?

自分の好きなことです。

たとえ今まで経験がない仕事でも、学ぶこと自体が楽しいことになります。

また転職するときにも、あなたの好きなことを仕事にするという熱意は転職先にも必ず伝わるはずです。

このように、自分のやりたい事ややりたいことに結びついた仕事に挑戦したい人は未経験の仕事に挑戦することも多くなるかもしれません。

「自分のやりたい仕事に挑戦はしたいけど、未経験だと書類選考で落とされそう」

このように、未経験の仕事への転職に不安を感じる人は、転職エージェントの
ハタラクティブを利用してみて下さい。

 

ハタラクティブは未経験業界への転職に特化した転職エージェントになります。

未経験の仕事に挑戦する人をサポートするということで、転職サポートには定評があり、
書類審査通過率が91.4%となっています。

応募した10人中9人以上が書類審査を通過することになり、ほとんどの応募者が面接に挑戦することができます。

書類審査を通過し、面接に挑戦した人が内定を獲得する転職内定率は80.4%と高い数値になっています。

この転職内定率の数値は、各転職エージェントが転職内定率を公表していないので、一概に比較することは難しくなっています。

しかし、次の一般的な転職エージェントの内定率のデータを見てもらうと、ハタラクティブの転職内定率の高さが分かります。

・書類選考通過率:30%程度

・1次面接通過率;30~40%程度

・最終面接通過率:30~50%程度

もし上記の歩留まり率で選考が推移したとして、高めに見積もっても、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。

「すべらない転職」より

このように、ハタラクティブを利用することで、イメージではなく、実際に未経験の仕事へ高い確率で転職できることが分かります。

 

ハタラクティブの高い書類審査通過率や内定率の理由は、紹介されている求人が実際に足を運び確認されている会社ということがあります。

そのため、会社側がどのような人材を欲しがっているのかが事前に確認されている求人となり、あなたの「未経験の仕事に挑戦したい」という気持ちと、会社側の「こんな人と一緒に働きたい」という気持ちを、しっかりとマッチングしてくれます。

  • 未経験の仕事ということで、書類審査に落とされないか不安
  • 本当に未経験の仕事に転職できるのか不安
  • 転職後に思っていた会社と違い、転職を後悔することがないか不安

未経験の仕事へ転職することに対して、このような不安を感じている人は、ハタラクティブを利用することで不安を解消することができます。

 

良いことばかりのように思えるハタラクティブですが、気をつけなければいけない事として、転職活動を全て任せてしまい、転職活動自体が受け身になってしまうことがあります。

仕事の忙しさから、ハタラクティブに紹介された求人だけをチェックし、自分で求人を探すことを止めてしまう人もいます。

ハタラクティブを利用することで転職活動をスムーズに進めることはできますが、転職するのはあなた自身です。

今の会社で働き続けることも、今の自分にできることを考え実際に行動していくことも、全てあなたが自由に選択することができます。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分のやりたい事と結びついた仕事に出会えることを願っています。
公式サイト:ハタラクティブで未経験の仕事に挑戦する(無料)