仕事の悩み

転職したい!いつやるの?、、、もう少し考えてみませんか?

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「もう限界!転職したい!」

今の仕事が嫌で、こんな気持ちになったことはないでしょうか?

仕事をしていれば様々な問題が起きます。

毎日遅くまでの残業や職場の人間関係、自分のやりたくない仕事をやらされるなど、数え上げればきりがありません。

この記事では転職前にやるべきことを紹介していますので、今の仕事を辞めて転職したいと考えていている人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、転職について悩んでいるあなたの気持ちが少しでも軽くなればうれしく思います。

もう今の仕事はつらい!転職したい!でも何で転職したいの?

「もう今の仕事は嫌だ!今すぐ転職したい!」

そんな気持ちになるまで今の仕事が辛いものになっている方は、一刻も早く今の仕事から離れて転職したいと感じています。

でも今すぐ転職していいのでしょうか?

転職する前になんであなたが転職したいのか、もう一度考えて見ませんか?

仕事が自分のやりたい仕事ではない

今の仕事が自分のやりたい仕事ではないと転職したいと感じることがあります。
ここでいきなり話を中断させてしまい申し訳ありません。

今の仕事が自分のやりたい仕事ではなく、もう自分のやりたい仕事をみつけた方はいますか?

もし見つけた方は、もうこの先の記事を読む必要はありません。

自分のやりたい仕事をみつけたあなた。

おめでとうございます。

もうあなたがやることはただ一つ。

そのやりたい仕事に向けて動いていくだけですよね。

今の仕事を辞めるタイミングはともかく、自分のやりたい仕事をやるために今できることを考えて、ひたすら努力をしていってください。

話を戻します。

「自分のやりたい仕事はまだよくわからないけど、なんとなく今の職場はやりたいことではないと思うし、仕事でも色々あるし転職したい」

そんな方はこの先の記事も読んで見て下さい。

職場の人間関係が悪い

複数の人間が同じ空間にいると、中にはどうしても自分と合わない人がいることも。

自分と合わない人と仕事をしていると、他の人がやることなら何でもないことも、自分と合わない人がやりだした途端に何だかそれが許せないものに感じることも。

仕事のやり方に始まり、その人の話し方、その人の動き方、、、、もうここまでくるときりがありません。

単純にその人のことが嫌いなため、何をするにしてもその人がやることは許せない状態に。

「あの人が職場にいなければ私もこの職場で楽しく働けるのに、、、」

「あの人がいなければ私も転職したいなんて思わないんだけどなー」

うまくいかないこと全てがその人のせいになってしまい、その人がいる限り転職したいという気持ちを完全になくすことが難し場合もあります。

転職したい!でもその気持ちを今の職場で解決することはできないの?

今の仕事が自分のやりたいことでない場合や職場の人間関係によって転職したいと感じることをみてきましたが、その転職したいという気持ちはもう転職しなければどうすることもできないのでしょうか?

今の職場ではもう何もできることはないのでしょうか?

部署異動を申請する

今の職場に複数の部署がある場合は部署異動することも考えてみてください。

必ず申請通りになるわけではありませんが、部署移動することで仕事内容が変わることはもちろんのこと、同じ会社とはいえ職場の人間関係が驚くほど変わる場合もあります。

職場の人間関係が原因で転職したいと考えている方は是非一度申請してみてください。

部署異動の申請を出すかどうかで悩んでいる人がいたら、まずは申請をしてみましょう。

たとえ申請が通らない場合でも、あなたが今の部署ではなく違う部署で働きたいと考えているという意思表示はすることができます。

また最初は通らなかった部署異動の申請も、希望する部署で突然の欠員が起き、あなたが急遽部署異動をすることがあるかもしれません。

世の中、何が起こるかわかりません。

ただし頭の中で考えているだけでは何も起こりません。

行動していくことが大切です。

退職届を書いておく

これは私が実際に転職したいと思った時にやっていたことなので誰にでも効果があるのか分かりませんが紹介しておきます。

気休めの程度に読んで下さい。
私が転職したいと感じた時は退職届を書いていました。

でもすぐに出してはダメですよ。

少し自分の手元に持っておく期間が必要です。

自分の中では勝手に「発酵期間」と呼んでいましたが、退職届を書くことで

「これを出せば自分はいつでも今の会社を辞めれるんだ」

当たり前のことですが、退職届を書いているとその当たり前のことに気づかせてくれます。

どうですか?この当たり前のことを思い出させてくれるだけでも退職届を書く意味があり、実際に書くことで気持ちが少し軽くなると思いませんか?

そんなことないですか?

やはり効果があるのは私だけでしょうか?

「本当に今の職場は辛いけど、これを出せばいつでもこの辛さから解放されるんだ」

そう考えるだけで私は気持ちが少しだけ楽になりました。

この退職届を書いた後は、先ほど言った発酵期間として1ヶ月間は退職届を手元に置いておきます。

この手元に置いておく期間は私が勝手に決めた期間なので、この発酵期間はみなさんでそれぞれ決めてもらっていいのですが、あまり短いと自分の気持ちの変化が小さいので最低でも10日程は手元に置いておくことをお勧めします。

その発酵期間によって自分の

「転職したい」

という気持ちがどのように変化するのかを自分で確認します。
人間の気持ちは時間とともに大きく変化するものです。

転職したいと思っていた気持ちが10日後には会社内でいいことがり

「この会社は相変わらずやだけど、まあ、もう少し働いてもいいかな」

こんな具合に変化することも。

20日経つと

「転職した友達の話聞いたけど、転職してもっと悪い会社に行っちゃったんだって。転職でも結構失敗することあるんだね。もうちょっと今の会社で働くかな」

そんなこんなで転職したいという気持ちも小さくなり、結局転職しないことも。

(もちろん転職したい気持ちがどんどん大きくなる逆のパターンもありますが、、、、。)

でもそれでいいんです。

人間の気持ちは本当に時間とともに変化しますし、それは悪いことではなく自然なことです。

この発酵期間で転職したいという気持ちが小さくなったということは、今のあなたの転職したいという気持ちはそれくらいの大きさで、今はまだ転職するときではなかった。

それだけのことです。

退職届の処理は全てあなたの中で完結しいるので、特に会社ではなんの変化もありません。

会社では今まで通り普通に働けばいいですし、また転職したいと思った時は同じことをやれば大丈夫です。

ここで1点注意が。

このように転職をしたいと思い退職届けを書いたあと、発酵期間の中で転職したいという気持ちがなくなり元の生活に戻ったあとは、書いた退職届は必ず処分してください。

これは退職届が誰かに見つかることを恐れるというのではなく、転職したいという気持ちの時に書いた退職届を処分することで、新たな気持ちでまた今の職場で働けるという自分の中での決まり事というか儀式のようなものでした。

この儀式をやると大変なことを1つ自分の中で乗り越えることができたと感じることができ、自分の成長も実感することができたので、皆さんも同じ状況になった時には試してみて下さい。

もう限界!転職したい!やるべきことをやったら気持ちよく転職しよう!

ここまで私のよくわからない変な儀式のようなことなど、あまり役に立たないことを紹介してしまいましたが、今の職場でできることをやった上でもなお、転職したいという気持ちがなくならない時は実際に転職へ向けて動いていきましょう。

実際に転職する時には次のようなことを意識することで、気持ちよく転職することができます。

今の職場の人に感謝する

働いていた期間が短い長いにかかわらず、あなたが数ある仕事の中から今の仕事を選び、その仕事の職場で偶然出会った人たちです。

転職する原因が職場の人たちなど人間関係によるものでも、最後にしっかりと今までお世話になった感謝の気持ちを伝えましょう。

もう会うことがない人たちかもしれませんが、やっぱり最後はお互いに気持ちよくいたいものですよね。

「お世話になったこともなし、感謝を伝えるようなこともしてもらってない」

そんな気持ちになるようなことを今の職場で経験した人もいると思いますが、ちょっと意地悪な言い方ですが、そんな嫌な思いはしようと思ってもなかなかできるものではないですよね?

人間誰だって嫌なことは経験したいと思いませんからね。

好き好んでそのような経験は自らしようとはしませんし、しようと思ってもなかなかできるものではありません。

あなたにとって嫌な思い出であると同時に、貴重な経験でもあります。

あなたが今の職場で嫌な思いをしたことで、たとえ次の職場が自分の思っていたような職場ではなくても、前の職場と比較することはできないでしょうか?

「今度転職した職場もイマイチだな。でもまあ前の職場に比べればいいところもたくさんあるな」

こんな考えができるようになるかもしれません。

もし前の職場の経験がなければすぐに転職をしてしまったかもしれません。

どうしても今の会社に我慢ができないほど嫌な思いがある人は

「自分の中の”良くなかった会社記録”を更新してくれた」と考えられるくらい余裕のある人を目指し、嫌な思いをバネにして少しでも次の新しい会社で働く時の力にして下さい。

退職後の生活

転職する前に退職後の生活はしっかりと考えましたか?

退職後の生活を考えていないと大変な目に合うこともありますので注意が必要です。

私が退職後に大変な目にあった記事→

仕事から逃げたい時は逃げていい?会社のストレスから逃げても、後悔しない転職をする方法

 

それぞれの人の状況にもよりますが、可能な限り今の仕事に在職している間に次の仕事を見つけるようにしておきましょう。

「とにかく今すぐ転職したい!」

今の職場が辛い人ほどその気持ちで頭も心もいっぱいになりますが、もう少し我慢できるようなら在職中に転職活動を始めることをお勧めします。

働きながら1人でやる転職活動は肉体的にも精神的にも大きな負担になりますが、
転職エージェント利用することで、働きながら転職活動をする時の負担を軽くすることができます。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントの利用
メリット デメリット
・転職希望を伝えた求人を探してくれる
・履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
・企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
・転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
・全てのサービスを無料で利用できる
・担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

リクルートエージェントは1977年の創業以来、37万名以上の転職者を転職成功に導いてきました。

この転職成功者の実績は業界NO1で、現在も年間23,000人の転職成功者を生み出し続けています。

転職エージェントの中には転職実績を公表していないところも多くあります。

そのため、リクルートエージェントはイメージではなく実際に結果が出せる転職エージェントであることが分かります。

 

またリクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介できる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

 

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

・急な退職者など、すぐに人材が必要な場合

・会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合

・大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合

・採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)

・採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

 

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになります。

少しでも多くの求人の中から、自分に合った求人を選びたい人は、全て無料で利用できる
リクルートエージェントをフル活用してみて下さい。

 

管理人ミチオ
管理人ミチオ
先ほど、転職エージェントのデメリットとして、担当者によってサービスのばらつきがあることを紹介しました。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性は転職を成功させるための大切な条件になります。

私も実際にリクルートエージェントを利用した時に、どうしても自分と合わない担当者に当たったことがあります。

担当者を変えてもらうことは少し気まずかったのですが、メールで連絡すると2日後に担当者を変更してもらうことができました。

リクルートエージェントでは、どうしても担当者が合わない時はメールで気軽に担当者の変更もできますので、気軽に利用してみて下さい

リクルートエージェントの担当者変更はこちらからできます → 問い合わせ

 

あなたが転職エージェントをうまく利用して、自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントに登録する(無料)