転職したい!でも転職するのにいいタイミングってあるの?

管理人ミチオ

管理人ミチオ
転職を決意して早速転職活動を始めようとした時、こんなことを思われた方はいませんか?

「あともう1ヶ月待てばボーナスがでる。もう少し頑張ろうかな」

転職を決意した後、どのタイミングで転職すべきなのか分からない方も多いですよね。

この記事では転職をするのにどのタイミングがよく、いいタイミングで転職をするための準備ややるべきことを紹介していきます。

転職するのにいいタイミングはあるの?

それでは、転職するのに有利なタイミングというのはあるのでしょうか?

年度が変わる時期 3月ー4月、9月ー10月
夏冬のボーナス後 6月ー7月、12月ー1月

この時期は転職する人が多く、求人数も多くなっているため転職するのにいいタイミングとされています。

いいタイミングで転職をするためにやるべき事とは?

それでは、いいタイミングで転職するためには何をすればいいのでしょうか?

転職したいタイミングから逆算して、転職の準備を進めていく必要があります。在職中に次の転職先が決まっている場合と、決まっていない場合でやるべきことをまとめてみましたので確認して下さい。

在職中に転職先が決まっている場合 在職中に転職先が決まっていない場合
社内 ・上司へ退職する旨を報告
・業務の引き継ぎ
・有給休暇の確認、消化
・上司へ退職する旨を報告
・業務の引き継ぎ
・有給休暇の確認、消化
個人 ・転職先の勤務開始日、必要書類等の確認、準備 ・求人のチェック
・きになる転職先への応募
・休日を利用しての面接
・転職活動
・履歴書、職務経歴書の作成
・失業保険の手続き

このように、転職をするためにはやるべきことがたくさんあります。

そのためいいタイミングで転職するためには転職するまでの事前準備を考え、早めに動いていく必要があります。

転職したいと思った時が転職のタイミング!?

「ここまでいろいろなことを書いておきながら、結局最後はそれ?」

と怒られてしまいそうですが、今まで紹介してきたように賞与月や求人数の季節変動など、転職するのに有利と言われているタイミングもあります。

しかし、転職のタイミングを気にするあまり、せっかくいい求人に出会っても応募の機会を逃してしまうこともあります。

「転職を決めた後にいい求人を見つけたら、まずは応募してみる」

というスタンスで動いてみるのことをお勧めします。

また転職活動を通して

  • 自分の会社の良さを再確認した
  • 自分が思っていたような仕事は見つからなかった

など、転職活動をすることで自分の転職したいという気持ちが無くなる方も多くいます。

「転職活動をしたら、必ず転職をしなければいけない」ということではありません。

まずは、どんな求人があるのか自分の仕事や働き方を見つめるためにも探してみて下さい。

そして、求人を探す時は転職エージェントを利用することをお勧めします。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントの利用
メリット デメリット
・転職希望を伝えた求人を探してくれる
・履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
・企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
・転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
・全てのサービスを無料で利用できる
・担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

リクルートエージェントは1977年の創業以来、37万名以上の転職者を転職成功に導いてきました。

この転職成功者の実績は業界NO1で、現在も年間23,000人の転職成功者を生み出し続けています。

転職エージェントの中には転職実績を公表していないところも多くあります。

そのため、リクルートエージェントはイメージではなく実際に結果が出せる転職エージェントであることが分かります。

 

またリクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介できる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

 

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

・急な退職者など、すぐに人材が必要な場合

・会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合

・大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合

・採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)

・採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

 

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになります。

少しでも多くの求人の中から、自分に合った求人を選びたい人は、全て無料で利用できる
リクルートエージェントをフル活用してみて下さい。

 


先ほど、転職エージェントのデメリットとして、担当者によってサービスのばらつきがあることを紹介しました。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性は転職を成功させるための大切な条件になります。

私も実際にリクルートエージェントを利用した時に、どうしても自分と合わない担当者に当たったことがあります。

担当者を変えてもらうことは少し気まずかったのですが、メールで連絡すると2日後に担当者を変更してもらうことができました。

リクルートエージェントでは、どうしても担当者が合わない時はメールで気軽に担当者の変更もできますので、気軽に利用してみて下さい

リクルートエージェントの担当者変更はこちらからできます → 問い合わせ

 

あなたが転職エージェントをうまく利用して、あなたにとって一番いいタイミングで転職できることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントに登録する(無料)