仕事の悩み

転職活動の面接で、本音の退職理由を伝えていいの?

管理人ミチオ
管理人ミチオ
転職を進めていくとぶつかる壁に「退職理由」の問題があります。

面接では、ほぼ間違いなく聞かれることになる退職理由。

前職を人間関係が嫌で辞めた場合など、面接の時に本当の退職理由を伝えていいのか悩むこと人も少なくありません。

現在、転職活動を進めている人の中で、退職理由をどのように伝えていいのか悩んでいる人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、あなたが退職理由を自信を持って伝え、転職活動がいい方向に進めば嬉しく思います。

転職活動の面接で、退職理由の伝え方に悩む原因とは?

転職をしていると、面接の時に必ず聞かれる退職理由。

この退職理由で悩む人も少なくありませんが、退職理由の伝え方に悩む原因には何があるのでしょうか?

本当の退職理由を伝えにくい

面接では少しでも自分のことをよく見せたいと多くの人が思うもの。

そのため退職理由が仕事のステップアップや仕事の幅を広げたいなど前向きなものはいいのですが、職場の人間関係が嫌で辞めた場合など実際は退職理由が前向きなものでない場合も少なくありません。

面接の時に悪い印象を持たれてしまうと思い、本当の退職理由を伝えることに躊躇してしまうことがあります。

建前ではない、本当の退職理由にはどんなものがあるの?

面接の時に自分のことを少しでもよく見せようとする気持ちが退職理由を伝えることを難しくさせていることを見てきましたが、自分を良く見せるための建前の退職理由ではなく、転職を決意した本当の退職理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

職場の人間関係

本当の退職理由で多いものに職場の人間関係の問題があります。

働く上でどんな仕事をするのかはもちろん大切ですが、その仕事をする働く職場の環境も同じくらい大切なものに。

その働く環境を大きく左右するものに「職場の人間関係」があります。

いくら自分の希望する仕事をしていても、職場の人間関係が悪い中で働いくことにより、自分が思うように働けないこともあります。

また、職場の人間関係が悪いことで精神的に大きなストレスがかかり、仕事に行くこと自体が辛くなってしまう人もいます。

職場の人間関係が悪いことが、転職を決意する時の本当の退職理由になることがあります。

会社の方針や雰囲気に馴染めなかった

世の中には多くの会社があり、それぞれの会社ごとに仕事に対する考え方も違うものに。

毎日コツコツと働いていきたいという人が、気合いと勢いで物事をなんとかしていこうと考えている会社で働く時には無理があることも。

会社の方針や雰囲気に馴染めないことが転職を決意する本当の退職理由になることがあります。

給与に不満がある

労働の対価として貰う給与は働く上で大切な要素に。

その給与が自分の働きに見合うだけのものを貰えていないと感じる場合や、現在の給与では家族との生活が難しい場合など、給与の金額に対しての不満が転職を決意する本当の退職理由になることがあります。

労働環境に不満がある

給与と同じく、職場の労働環境に対する不満が退職理由になることがあります。

毎日の残業による長時間労働や休日出勤など、プライベートな時間を犠牲にしながら働く労働環境も。

仕事だけの毎日となる生活に限界を感じ、労働環境への不満が転職の本当の退職理由になることがあります。

転職で退職理由も大切だけど、面接で伝えるべき大切なことは、、、

建前ではない本当の退職理由には毎日働く上で関わる人間関係や労働環境が退職理由になることを見てきましたが、これらの本当の退職理由を面接ではどのように伝えていけばいいのでしょうか?

本当の後ろ向きな退職理由は伝えず、前向きな退職理由を作り出す必要がるのでしょうか?

転職後にあなたは何をしたい?あなたの過去より未来を伝えよう!

退職理由によって悪い印象を持たれたくないことから、嘘の退職理由を伝えたいと思うことも。

私も転職の時に何度嘘の退職理由を伝えようと思ったことかわかりません。

確かにほとんどの面接で前職の退職理由は確認されますが、企業が本当に知りたいことは

あなたが何をきっかけに前職を辞めたのではなく、これから自分の会社で何をしたいと考え、実際にそれをやってくれるかどうか

です。

お手本通りの綺麗な退職理由を伝えることも大切ですが、たとえ後ろ向きな退職理由でもあなたが実際に前職で苦しんだ退職理由を伝え、それを次の職場でどのように活かしながら働いていきたいのかを誠実に伝えることであなたの転職に対する熱意は伝えることはできます。

なんとか転職先を決めたい気持ちから退職理由について色々考えすぎてしまうこともありますが、一度自分が転職を決意したときの本当の退職理由を素直な気持ちで伝えてみることでいつもと違った結果が出るかもしれません。

ちなみに私は社会に出てから14回の転職をしましたが、退職理由の多くは面接の時には伝えたくない人間関係によるものでした。

私はどの面接でも、自分の本当の退職理由をはっきりと伝えていました。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
私は人間関係を築くことが小さい時から苦手で、前職でもみんなと活発にコミュニケーションが取れていたかと言われると、そんなことはありませんでした

また、退職理由を伝えると同時に、自分が転職先で貢献できることも伝えるようにしていました。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
自分は人とのコミュニケーションはあまり得意ではありませんが、コツコツと仕事に取り組むことは得意で粘り強さには自信があるので、御社の〇〇の仕事をするときなどは自分から進んで仕事をやっていきたいと思います

誰にでも得意なこともあれば、苦手なこともあるはずです。

自分には得意なことが何もないと考えている人も、自分が何気なくやっていることが他の人から見れば凄いことである場合もあります。

退職理由を伝える様々なテクニックもあるとは思いますが、最終的には面接官の人に
「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえることが大切になります。

あなたのも「退職理由」と「志望動機」を伝える時は、誠実に伝えることだけに意識を集中してみて下さい。

また、自分の退職理由にどうしても不安がるという人は、転職のプロにあなたの退職理由を確認してもらうことをお勧めします。

第三者に自分の退職理由を確認してもらうことで、面接でも自信を持って自分の退職理由を伝えることができます。

そんな時は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めることをお勧めします。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

リクルートエージェントは1977年の創業以来、37万名以上の転職者を転職成功に導いてきました。

この転職成功者の実績は業界NO1で、現在も年間23,000人の転職成功者を生み出し続けています。

転職エージェントの中には、転職実績を公表していないところも多くあります。

そのため、リクルートエージェントはイメージではなく、実際に結果が出せる転職エージェントであることが分かります。

リクルートエージェントの特徴として、求人数の多さと、面接対策の強さがあります。

 

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介できる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)
  • 採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

 

リクルートエージェントのもう一つの特徴である面接対策の強さは、都内でほぼ毎日開催されている「面接力向上セミナー」の受講効果から分かります。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が15%UPし、受講者の97%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

リクルートエージェントでは担当者による面接サポートやセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの面接力向上セミナーに行ってきました!

 

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになります。

少しでも多くの求人の中から、自分に合った求人を選びたい人は、全て無料で利用できる
リクルートエージェントをフル活用してみて下さい。

 

管理人ミチオ
管理人ミチオ
先ほど、転職エージェントのデメリットとして、担当者によってサービスのばらつきがあることを紹介しました。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性は転職を成功させるための大切な条件になります。

私も実際にリクルートエージェントを利用した時に、どうしても自分と合わない担当者に当たったことがあります。

担当者を変えてもらうことは少し気まずかったのですが、メールで連絡すると2日後に担当者を変更してもらうことができました。

リクルートエージェントでは、どうしても担当者が合わない時はメールで気軽に担当者の変更もできますので、気軽に利用してみて下さい

リクルートエージェントの担当者変更はこちらからできます → 問い合わせ

 

あなたが転職エージェントをうまく利用して、自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントに登録する(無料)