仕事の悩み

転職はダメなこと?転職を前に進むきっかけにすればいい!

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「よし、転職しよう!」

転職のきっかけは人それぞれですが、長い間考えた末に転職を決意する人もいれば、様々なタイミングが重なり短期間で転職を決意する人もいます。

転職をしたいと考えていても、きっかけがないことで転職できない人は、是非この記事を読んでみて下さい。

あなたが転職をするかしないかに関わらず、この記事が自分の働き方について考えるきっかけになれば嬉しく思います。

転職のきっかけはいつも突然に!仕事を退職する理由には何があるの?

転職のきっかけには様々なものがありますが、どのようなことがきっかけで転職することになるのでしょうか?

人間関係

仕事をしていると多かれ少なかれ人と関わりながら仕事を進めていくことに。

職場の人間関係が悪いことで日々の仕事にも大きなストレスを感じることも。

今までずっと我慢していた職場の人間関係も、些細なことをきっかけに今まで溜まっていた不満が爆発して転職をしたり、一瞬高ぶった感情が抑えられず、そのまま転職してしまうということも。

職場の人間関係をきっかけに転職を決意する人が多くいます。

仕事内容が自分のやりたいことではない

今の仕事が自分のやりたい仕事ではないことをきっかけに転職をすることがあります。

働き始めた時には自分がやりたいと感じていた仕事も、働く中で他に自分がやりたいことが見つかることも。

また部署異動などによって自分がやりたい仕事ができなくなることをきっかけに転職をする人もいます。

何となく今の仕事が嫌だ

職場の雰囲気や人間関係など、どれか特定の理由ではなく様々な原因をきっかけに転職をする人がいます。

ずっと転職したい気持ちはあったものの、これといって我慢できないほど嫌なこともないため仕事を続けてきたが、何となく今の仕事を続けることが嫌になり転職をする場合があります。

転職する時は気をつけて!転職のきっかけで、後悔する転職理由とは?

転職のきっかけには、職場の人間関係や仕事内容まで、様々なものがありました。

様々な転職のきっかけの中でも、転職自体を後悔する可能性が高い転職のきっかけには、次のようなものがあります。

そのため、転職する時には注意が必要です。

一時的な感情の高まり

仕事をしていて嫌なことがあった時など、一時的に感情が高ぶることもあります。

そんな一時的な感情の高ぶりによって転職を決意すると、後で後悔することも少なくありません。

後で落ち着いて冷静に考えてみると、なぜ自分が退職をしてしまったのかも分からず、転職を後悔することがあります。

何となく

先ほども紹介したように転職のきっかけがはっきりせず、何となく転職を決めてしまう時には注意が必要です。

退職したはいいものの、はっきりと転職の目的もないため自分が次にどのような仕事をすればいいのかも分からず、転職活動が思うように進まないことも。

転職のきっかけや目的がはっきりしないことで退職後に苦労することがあります。

転職は前に進むきっかけに!仕事を自分の手に戻すためにできること

転職のきっかけには後で後悔してしまうような注意すべきものがあることをみてきましたが、転職のきっかけは何であれ、転職を有意義なものにするためにはどうすればいいのでしょうか?

転職をきっかけに自分の仕事について考える

転職のきっかけには人によって様々なものがありましたが、転職のきっかけは何であれ、今の仕事に何かしらの不満があり転職することを決めたあなた。

せっかく決めた転職です。

次の仕事は前の仕事より少しでもあなたにとっていい仕事に転職したいと思うのが自然な気持ちです。

そこで今回の転職を後悔するものではなく、あなたが少しでも前に進むための転職にするために、あなたが本当にやりたい仕事について考えてみて下さい。

仕事をやる理由には生活のためや家族のためなど人それぞれ様々な理由がありますが、仕事は本来何かを我慢しながらやるものではなく、自分が楽しみながらやりたい仕事をやるのが一番。

みんな頭では分かっていても

「仕事は我慢してやるもの」

「そんなきれいごとだけ言ってもしょうがない」

多くの人が何かを諦め、我慢しながら今の仕事をしています。

いきなりあなたのやりたいことを仕事にすることが難しいと感じるなら、あなたの好きなことややっていて楽しいことを仕事に結びつけることを考えてみて下さい。

釣りが好きな人なら釣りのプロにならなくても、釣り具メーカーや釣り用具の販売店、釣りの大会を企画する会社や釣り場を案内するナビゲーター、釣り用のボート販売から釣堀経営、、、、少し考えただけでも釣りに関わることができる仕事はたくさんあります。

自分のやりたいことのプロになることは難しく、特殊な技術や能力が必要な場合も、その仕事に関わる仕事なら少しの努力をすればできることも少なくありません。

自分が好きなことが仕事になると、仕事という感覚がなくなっていきどんなに辛いことがあっても頑張れることも。

今回の転職をきっかけに自分の好きな事と仕事を結びつけることを1度考えてみて下さい。

自分の好きな事と仕事を結びつける時は、自分だけで考えていた時には思いつかないことも、第三者に仕事を探してもらうことで自分に合った仕事が見つかることも。

そんな時は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めていって下さい。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントの利用
メリット デメリット
・転職希望を伝えた求人を探してくれる
・履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
・企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
・転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
・全てのサービスを無料で利用できる
・担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

リクルートエージェントは1977年の創業以来、37万名以上の転職者を転職成功に導いてきました。

この転職成功者の実績は業界NO1で、現在も年間23,000人の転職成功者を生み出し続けています。

転職エージェントの中には転職実績を公表していないところも多くあります。

そのため、リクルートエージェントはイメージではなく実際に結果が出せる転職エージェントであることが分かります。

 

またリクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介できる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

 

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

・急な退職者など、すぐに人材が必要な場合

・会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合

・大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合

・採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)

・採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

 

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになります。

少しでも多くの求人の中から、自分に合った求人を選びたい人は、全て無料で利用できる
リクルートエージェントをフル活用してみて下さい。

 

管理人ミチオ
管理人ミチオ
先ほど、転職エージェントのデメリットとして、担当者によってサービスのばらつきがあることを紹介しました。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性は転職を成功させるための大切な条件になります。

私も実際にリクルートエージェントを利用した時に、どうしても自分と合わない担当者に当たったことがあります。

担当者を変えてもらうことは少し気まずかったのですが、メールで連絡すると2日後に担当者を変更してもらうことができました。

リクルートエージェントでは、どうしても担当者が合わない時はメールで気軽に担当者の変更もできますので、気軽に利用してみて下さい

リクルートエージェントの担当者変更はこちらからできます → 問い合わせ

 

転職ほど、自分の仕事について考える時はありません。

 

あなたが転職エージェントをうまく利用して、あなたのやりたい事と結びついた仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントに登録する(無料)