仕事でやらかした失敗!仕事の失敗を失敗で終わらせない方法とは?

管理人ミチオ

管理人ミチオ

  • 「あーー、請求書の桁を間違った!」
  • 「えっ、取引先との打ち合わせ今日?明日じゃないの!?」

このように、皆さんも仕事でやらかしてしまった失敗経験はないでしょうか?

この記事では仕事でやらかした失敗を、ただの失敗で終わらせない方法について紹介しています。

仕事で大きな失敗をして落ち込んでいる人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

仕事でやらかした!みんなはどんな失敗をしているの?


仕事をしていれば、誰もが失敗をすることになります。

皆さんは、仕事でどのような失敗をやらかしているのでしょうか?

操作ミスでやらかした!

・20代男性
・経理

 

月末の支払いで銀行に行った時、月末ということで混雑しており、後ろの人を待たせては悪いと、急いでATMの操作をしていました。

いつもの取引先に振り込むだけだったのですが、焦っていたこともあり、送金先の企業を間違えてしまいましたが、その場でも気づきませんでした。

後日、振込先から振り込まれた金額が多いとの連絡をいただき、初めてミスが発覚。

多く振り込まれたことを教えてくれた企業には、上司と一緒に謝りに行きました。

発注ミスでやらかした!

・20代女性
・営業事務

 

営業業務をしていた時、本来50個発注すべき商品を、間違えて500個発注してしまいました。

金額に換算すると1,000万近い金額になり、ミスがわかった時には一瞬意識が飛びそうになりました。

幸い、発注ミスした分を支店が引き受けてくれたので大きな問題になりませんでしたが、仕事でやらかした大きな失敗です。

大事なデータを消してやらかした!

・40代男性
・経理40代後半

 

 パソコンの操作中、パソコンがなれていないこともあり、間違って保存していたデータを全て消去してしまいました。

当時はデータのバックアップも十分されておらず、結局消去したデータは復旧できずに再び入力することになりました。

しかし、当時の上司や後輩も残業をしながら手伝ってくれ、みんなに迷惑をかけましたが、今ではいい思い出です。

仕事で失敗をやらかす原因とは?

多くの人が仕事で様々な失敗をやらかしていますが、なぜ仕事で失敗をしてしまうのでしょうか?

仕事の慣れ

仕事で失敗をやらかす原因の多くは、仕事の慣れによるものです。

働く期間が長くなればなるほど、日々の仕事に緊張感がなくなります。

仕事での慣れはいいことでもありますが、初めて仕事をした時にはあれだけ緊張した仕事も、半年もすればほとんど意識することなく自然に処理することができるようになります。

いつも通りにやればできると思い、十分な注意をせずに仕事をやることで、仕事で失敗をすることになります。

仕事の慣れによって、仕事の失敗をやらかしてしまいます。

慌てて仕事をやる

落ち着いてやればできる仕事も、慌ててやることで失敗してしまうことがあります。

締め切り間近の仕事や急に入った急ぎの仕事など、急いでやらなければいけない仕事ほど落ち着いてやらなければいけませんが、早くやらなければいけないと慌てるほど、仕事で失敗をやらかしてしまいます。

仕事を慌ててやることで、仕事の失敗をやらかしてしまいます。

仕事でやらかした失敗を、ただの失敗に終わらせない方法とは?

相対性理論でおなじみのアインシュタインも、次のように言っています。

一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である。

アルベルト・アインシュタイン

失敗することは悪いことではなく、新しいことに挑戦している証拠でもあります。

しかし、仕事の失敗をそのままにしていればただの失敗となり、次の仕事に繋げることもできません。

失敗を、ただの失敗として終わらせないために、仕事で失敗をした時は次のことを試してみて下さい。

仕事でやらかした失敗から教訓を得る

仕事で失敗をした時は、必ず失敗をした原因があるはずです。

  • 疲れて仕事に集中していなかった
  • 仕事のやり方がはっきりと分かっていなかった
  • 仕事の工程がややこしく、順番を間違えた

仕事の原因を確認しなければいつまでも同じ失敗を繰り返すことになりますが、失敗の原因を確認すれば、失敗から教訓を得ることができます。

仕事で得た教訓を次の仕事に生かす

仕事の失敗から教訓を得るだけでは不十分です。

得た教訓を次の仕事に生かすことで、初めて仕事での失敗がただの失敗ではなくなります。

仕事での教訓を生かすといっても特別なことをする必要はなく、同じ失敗を繰り返さないための工夫をすれば、仕事の失敗も自然と減らすことができます。

  • 疲れて仕事に集中していなかった→しっかりと休養をとり、就業中の集中力を高める
  • 仕事のやり方がはっきりと分かっていなかった→マニュアルを再確認し、仕事のやり方を再確認する
  • やるべき工程が1つ抜けていた→工程を見直し、マニュアルを作成し直す

また、ちょとした気持ちの切り替えや工夫で、仕事の失敗はほとんどはなくすことができます。

  • 新入社員の頃を思い出し、初心で仕事に取り組む
  • 仕事をやる前に、確認作業をしっかりやる
  • こまめにメモをとる
  • 忙しい時こそ、ゆっくりやることを心がける
  • 疑問点はすぐに確認する

どれも1つ1つは簡単なことですが、実際にやろうとするとできない人も多くいます。

仕事の失敗から得た教訓と、気持ちの切り替えを行うことで、仕事の失敗を次の仕事や自分の成長に生かすことができます。

どうしても仕事の失敗がなくならない時は、、、

仕事の失敗も、失敗から得た教訓を次の仕事に生かすことで、決して無駄にはなりません。

しかし、どんなに気をつけても仕事の失敗がなくならず、毎日のように仕事の失敗をやらかしている人は今の仕事について考えてみて下さい。

どんな人にも「得意なこと・苦手なこと」「向き・不向き」があります。

1人でコツコツ取り組む仕事が得意な人もいれば、みんなと協力しながら進める仕事が得意な人もいます。

1人でコツコツ取り組む仕事が得意な人が、みんなと協力しながら進める仕事をした時は、仕事はただストレスを感じるだけのものになります。

自分に合わない仕事をしていても、仕事はうまくいきません。

自分と合っていない仕事をしていることで、仕事の失敗を繰り返してしまう人もいます。

そのような人は転職することも考えてみて下さい。

自分に合った仕事に転職することで、仕事の失敗が少なくなり、今までより自分らしく働ける人もいます。

ただし、仕事を探す時には視野を広げて自分のことを客観的に見る必要があります。

自分のことは自分が一番よく知っていると多くの人が考えますが、自分のことを客観的に見られる人は多くありません。

そのため、客観的に自分に合った仕事探す時には、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

 

転職エージェントは、あなたと企業の間に入り転職活動のサポートをしてくれる「無料の転職サービス」になります。

転職エージェントを利用する主なメリットとデメリットには、次のようなものがあります。

転職エージェントのメリット・デメリット
メリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与などの条件交渉をしてくれる
  • 自分の市場価値が分かる
  • 履歴書、職務経歴書の添削で書類選考通過率が上がる
  • 模擬面接を通して企業業別の面接対策ができる(過去の面接で聞かれた質問内容や答え方の確認等)
  • 転職前に転職先の情報が分かる(職場の雰囲気や人間関係、本当の残業時間等)
  • 全てのサービスが無料
デメリット
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある
  • 企業の方だけを向いたブラック転職エージェントもいる

転職エージェントを利用することで、転職の専門家であるキャリアアドバイザーが、第三者の視点から客観的にあなたに合った仕事を探してくれます。

そのため、自分1人で求人を探していた時には見つからなかった求人に出会うことができるようになります。

また、1人で転職活動をする時には知ることが難しい転職先の「本当の残業時間」や「職場の人間関係」といった転職先の生の情報を、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、建前ではない本当の残業時間や自分が一緒に働くことになる上司がどのような人なのかを転職前に知ることができ、転職の失敗や後悔を防ぐことができます。

客観的な視点で自分に合った求人を見つけられる転職エージェントですが、全国には大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで約18,000もの転職エージェントがあります。

利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

1.求人数・転職成功実績の多さ

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて求人数が圧倒的に多くなっています。

下のグラフは大手転職エージェントの求人数を比較したものになりますが、リクルートエージェントの求人数が圧倒的に多くなっています。

※2018.6.13時点

多くの求人の中から紹介してもらうことで、自分が希望する求人に出会える確率が高まり、転職成功の可能性も高くなります。

その証拠として、リクルートエージェントは現在までに40万人以上の転職者を転職成功に導いています。

「リクルートエージェントHP」より

また、求人数比較のグラフ内容を見ると、非公開求人が求人全体の約80%を占めています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする主な理由には、次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認から、面接対策・応募書類対策といった具体的なアドバイスまで、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、全ての対応が事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

管理人ミチオ

管理人ミチオ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

3.面接対策に強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによる模擬面接も行なっていますが、都内で毎日開催されている「面接力向上セミナー」がとても有効な面接対策になりました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が35%UPし、受講者の99%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

※「リクルートエージェント 公式HP」より

セミナー内容が面接をする意味から面接本番の具体的な行動まで、面接をトータルに考えるセミナーとなっていました。

セミナーを受講することで、面接前の準備から面接本番で注意すべきことが具体的に分かるだけでなく、面接に臨む意識そのものを変えることができました。

もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの面接力向上セミナーに行ってきました!

このように、リクルートエージェントでは、模擬面接やセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

これら3つのポイントによって「自分が納得できる転職」ができるため、リクルートエージェントがオススメの転職エージェントになります。

 

リクルートエージェントを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「リクルートエージェント HP」より

リクルートエージェントを利用するためには、まず無料登録をする必要がありますが、登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

この5分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルの少ない求人の中から自分に合った求人を紹介してもらえるようになり、面接対策も強化することができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

  • リクルートエージェント 無料登録開始
  • 1.転職希望
  • 2.プロフィール・職務経歴

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

  • 1.転職希望時期、希望勤務地
  • 2.直近の年収、直近の経験職種、生年月日
  • 3.メールアドレス、性別、名前
  • 4.住所、電話番号、最終学歴
  • 5.英語力、就業状況、これまでの職歴
  • 6.直近の勤務先情報
  • 7.資格、サイトアクセスのきっかけ
  • 8.求人志向チェック
  • 9.登録完了

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

全ての項目を入力すれば、登録完了となります。

登録後は担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

転職エージェントを利用することで、転職前に転職先企業の内側を知ることができるため、転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのはあなた自身です。

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)