転職の不安を解消し、自分が希望する仕事に出会える転職方法はコレ!

管理人ミチオ

管理人ミチオ

  • 「今の仕事を辞めて転職したけど、転職活動で何をすればいいのかよく分からない」
  • 「転職活動をはじめて、もし転職先が決まらなかったらどうしよう」

このような不安を抱えて、転職活動に踏み切れない人はいないでしょうか?

この記事では、転職活動の不安から転職に踏み切れない人が、自分が希望する仕事に出会える転職方法について紹介しています。

転職活動の不安から最初の一歩が踏み出せず、今の状況をなんとかしたいと考えている人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、あなたが実際に転職活動に踏み切るかどうかはともかく、今より自分らしく働けるようになれば嬉しく思います。

転職に不安を感じてしまう理由とは?

今までの自分の生活環境が大きく変わることになる転職ですが、どのようなことに不安を感じることで、転職に踏み切れなくなってしまうのでしょうか?

転職先が決まらない不安

転職で不安を感じる大きな理由に、転職先が無事に決まるか分からない不安があります。

転職活動では「これをすれば必ず転職先が決まる」という決まった答えがありません。

転職活動は、実際に活動を始めてみなければどうなるのかは、誰にも分かりません。

転職活動を始めて半月で転職先が決まる人もいれば、半年経っても自分が思うような仕事に出会えない人もいます。

転職活動を進めなければ結果がどうなるか分からず、転職先が決まらないことに対する不安から、転職に踏み切れない人がいます。

転職後の不安

転職活動は、転職をすれば終わりではありません。

転職後に自分が気持ちよく働けるようになって、初めて転職が成功したことになります。

しかし、転職後の生活は、実際に働き始めるまで、分からないことが多くあります。

  • 自分の上司がどういった人なのか
  • 職場の人間関係
  • 本当の残業時間

転職前に抱いていたイメージと、実際に働き始めてから感じる「転職前後のギャップ」によって、転職を後悔する人も多くいます。

転職後に、自分が希望通りの働き方ができるのかという「転職後の不安」から、転職に踏み切れない人がいます。

本当に仕事を辞めていいのか不安

今の仕事には不満があり、転職をしたい気持ちも間違いなく持っています。

しかし、心の中では様々な葛藤があります。


本当にこのまま辞めていいのかな?転職することは逃げなんじゃないのか?もう少しう働き続ければ、気持ちも変わるのかな?

様々な葛藤から、自分は本当に仕事を辞めていいのか不安を感じてしまい、転職に踏み切れない人がいます。

転職の不安から動けない人が考えるべきこと

転職に対する様々な不安から転職に踏み切ることが難しくなりますが、転職に不安を感じている人は、次のことを考えてみて下さい。

悩んでいるだけでは変わらない

  • 「本当に転職できるかな?」
  • 「転職に失敗したらどうしよう?」
  • 「転職してから後悔しないかな?」

転職することへの不安は無数にありますが、悩んでいるだけで問題は解決しません。

悩んでいる間も時間だけは過ぎていき、転職したいと悩み続けて「気づいた時には1年が経っていた」ということも少なくありません。

簡単なことではありませんが、何か行動を起こさなければ問題が解決することはなく、転職したい悩みも消えることはありません。

「転職活動=必ず転職する」ではない

転職したい悩みを抱えているのに、様々な不安から最初の一歩を踏み出せない人の多くが「転職活動=必ず転職しなければいけない」と考えています。

そのような人は、転職活動についてもう一度よく考えてみて下さい。

転職活動はスムーズに進むことの方が稀で、多くの人が様々な問題にぶつかりながら転職活動を進めていきます。

  • 求人を探しても思うような求人が見つからない
  • 応募しても書類選考で落とされる
  • 面接を受けてみたら思っていた会社と違い辞退した
  • 面接で落とされる

さらに、転職活動を進めていくなかで、転職自体を見直す人もいます。

  • 様々な求人を見ていく中で、自分の会社を見直し転職するのを止めた
  • 思うような求人が見つからず、いい求人に出会えるまで今の会社で働きながら転職活動を続ける
  • 今の自分では希望する仕事に転職するのが難しいことが分かり、今の会社でもう少し実力をつけてから転職に再挑戦する

「転職活動をした上で転職しない」という選択をすることも、立派な転職活動の1つです。

転職活動をしたら必ず転職しなければいけないと考えることで不安も大きくなり、最初の一歩も踏み出せなくなります。

「転職活動=必ず転職する」という無意識のイメージを取り払うことで、転職の最初の一歩が踏み出しやすくなります。

転職の不安から動けない人が、自分が希望する仕事に出会う方法

転職の不安から最初の一歩が踏み出せない人は、転職活動のイメージを変えることで今の状況を打開することができます。

転職活動を通して自分が希望する仕事に出会うためには、次のことを意識しながら転職活動を進めていって下さい。

転職について知る

多くの場合、対象について知らないことが、不安を感じる原因になっています。

何か新しいことを始めようとした時、多くの人が緊張や不安を感じることになりますが、経験をしていく中で最初に感じていた不安も小さくなり、気づいた時にはそれが当たり前のことになっています。

しかし、転職活動に関しては慣れるほど経験しない方がいいはずです。

そのため、あなたが今感じている転職に対する不安を小さくするためには「転職活動について知る」ことが大切になります。

転職活動について考えた時、最も大切なことは、どのような方法で転職活動を進めていくのかという「転職方法の選択」になります。

選択する転職方法によって、転職の成否も大きく変わることになります。

世の中には約17,000※1もの職業があり、420万社※2を超える企業があるとされています。

そのような莫大な数の職業や企業の中から、自分が希望する仕事に出会うことは簡単なことではありません。

自分が納得のいく転職をするためには、自分に合った転職方法を知ることが不可欠になります。

※1「独立行政法人労働政策研究・研修機構HP」より
※2総務省「事業所、企業統計調査」より

自分に合った転職方法を知る

転職活動の方法は、大きく分けると次の5つになります。

  1. ハローワーク
  2. 縁故・紹介
  3. 自己応募
  4. 転職サイト
  5. 転職エージェント

2番目の縁故・紹介は仕事を紹介してもらったお礼として、紹介者に何かをあげる可能性もありますが、5つの転職方法はどれも無料で利用することができます。

どの転職方法を利用してもあなたに全くリスクはないため、自分に合った転職方法で転職活動を進めていくようにして下さい。

下の表は、5つの転職方法の主なメリットとデメリットをまとめたものになります。

ハローワーク

転職方法として多くの人が利用するハローワークですが、求人数が多い一方、企業は無料で求人募集を出来ることから、求人の中には短期間で人が入れ替わるようなブラック企業の求人も存在します。

ハローワークの求人票の内容と、実際の労働条件が異なっていることがメディアで取り上げられ、問題にもなっています。

「ハローワークの求人票の嘘」より

ハローワークの求人は、インターネットの「ハローワークインターネットサービス」からも探すことができます。

ハローワークインターネットサービス

ただし、求人に応募する時は、最寄りのハローワークへ行き紹介状をもらう必要があるので注意して下さい。

「厚生労働省 大阪労働局HP」より

全国にあるハローワークは、こちらから探して下さい。

全国ハローワーク所在案内

縁故・紹介

縁故・紹介は、周りにそのような人がいれば利用したい転職方法になりますが、そもそも繋がりのある人や紹介者が周りにいない場合がほとんどです。

紹介された会社が合わなかった時は、紹介者との関係から辞めづらいデメリットもありますが、あなたに声がかかるということは「あなたが信用されている証」でもあります。

実際に転職するかどうかはともかく、求人を紹介された時は積極的に利用してみましょう。

自己応募

自己応募は、自分が気になる企業のHPなどをチェックして、求人募集が出ている時は直接企業へ応募する方法になります。

現在はあまり行われていませんが、会社の建物入り口などに求人募集の張り紙がある場合もあります。

地元に行きたい企業がある人は、こまめにチェックしておくことをオススメします。

求人募集を自社のHPだけに掲載している企業や、会社の入り口にだけ求人募集を張り出ししている場合は応募者も限られるため、ライバルの少ない狙い目の求人になります。

気になる企業がある人は、企業のHPなどをこまめにチェックしておきましょう。

転職サイト

転職サイトのメリットは、何といってもその気軽さにあります。

転職活動を始めようと思ったその瞬間、サイトを開けば求人探しから企業の応募までを、一気に進めることができます。

また、ハローワークのように出かける必要もなく、自分のペースで転職活動を進められることも、大きな魅力の1つになります。

ハローワークや転職エージェントに比べて求人数は少なくなりますが、次のような人には転職サイトの利用をおすすめします。

  • 今すぐ転職活動を始めたい
  • 世の中にどんな求人があるのか、まずはチェックしたい
  • 自分のペースで、じっくり正社員の求人を探したい

様々な転職サイトがありますが、転職者の8割が利用しているリクナビネクストを利用しておけば間違いありません。

※「リクルートキャリアHP」より

リクナビネクストで今すぐ求人を探せますが、求人に応募するためには無料登録が必要になります。

下の公式サイトから5分で登録できますので、今すぐ転職活動を始めたい人は登録してみて下さい。

公式サイト:リクナビネクストを利用する(無料登録)

リクナビネクストは転職者に必須?評判から求人探し・履歴書・職務経歴書の書き方まで活用方法を紹介!

転職エージェント

転職エージェントは、転職者であるあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントの1番のメリットは、転職の専門家であるキャリアアドバイザーの転職サポートを受けながら、転職活動を進められることになります。

転職サポートには履歴書や職務経歴書の添削に始まり、面接対策や面接日程の調整、応募先企業との条件交渉まで、多岐にわたります。

また「縁故・紹介」のメリットと同じように、キャリアアドバイザーを通して職場の雰囲気や人間関係、本当の残業時間など、転職先の生の情報を転職前に知ることができます。

しかし、自分と合わない転職エージェントを利用した場合、自分のペースで転職活動を進められないことから、逆に転職活動の妨げになることもあります。

「自分が転職エージェントに望む事」「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながら、自分の転職目的に合った転職エージェントを利用することが大切になります。

〜各転職エージェントの特徴〜
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
DODA 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント
年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント
20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
ワークポート
WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan  経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー
マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop
リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

 

以上、5つの転職方法を見てきましたが、メインとなる転職方法は縁故・紹介と自己応募を除いた「ハローワーク」「転職サイト」「転職エージェント」の3つになります。

それぞれの転職方法にはメリットとデメリットがありますが、転職することに不安を感じている人は、職務経歴書の書き方や面接でのアピール方法など、1人で転職活動を進めるには難しい点もあります。

また、あなたは転職することを考えていますが、転職後に自分が気持ちよく働けることが大切です。

いくら転職できても、ブラック企業のようなところで苦しみながら働くことになれば、何のための転職だったのか分かりません。

転職することではなく、転職後のことまでを考えると、転職の専門家に相談しながら転職活動を進められ、転職前に応募先企業の情報を知ることができる転職エージェントの利用をオススメします。

 

一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

転職することに不安を感じているあなたにおすすめの転職エージェントは、丁寧な転職サポートに定評のあるパソナキャリアになります。

 

パソナキャリアは、利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェントになります。

「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用をはじめとした社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、転職エージェントの中でも丁寧な転職サポートに定評あります。

「パソナグループHP より」

この転職サポートの質の高さは、質の高いマッチングを提供した転職エージェントを表彰する「DODA Valuable Partner」において、パソナキャリが「BEST AGENT賞」に表彰されていることからも証明されています。

「DODA HP」より

また、企業としてだけではなく、個人表彰による「BEST CONSULTANT賞」においても、パソナキャリアの3人が表彰されています。

「DODA HP」より

パソナキャリアを利用することで、キャリアコンサルタントから質の高い転職サポートを受けることができるため


担当者から事務的な転職サポートしか受けられず、思うような転職サポートが受けられなかった

このような思いをすることなく、自分が納得のいく転職活動をすることができます。

パソナキャリアを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「パソナキャリア HP」より

パソナキャリアを利用するためには、まず無料会員登録をする必要がありますが、登録は事前に作成した職務経歴書や履歴書のデータも添付できるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

  • 1.パソナキャリア 無料登録開始
  • 2.プロフィールの入力
  • 3.経歴の入力(データ添付可能)
  • 4.転職希望他

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

全ての項目を入力し無料登録が完了すると、下の登録完了画面が出てきます。

原則2営業日以内に連絡があると書かれていますが、私が登録した時(平日午前11時頃)は、その日の夕方には電話で連絡がありました。

担当者からの連絡をもらった後は面談日を決めて「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

転職エージェントを利用することで、自分とは違った転職の専門家の視点で求人を探すことができるため、自分に合った求人に出会える可能性を高めることができます。

しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのはあなた自身です。

今やっている「目の前の仕事の事」だけではなく

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」

という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

あなたが今の状況から抜け出し、転職エージェントをうまく利用しながら、自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:パソナキャリアを利用する(無料)