転職に失敗した、、、そう思っているあなた!その転職は本当に失敗ですか?

管理人ミチオ

管理人ミチオ
あー、転職をしたけど失敗だった!

このように、転職したことを後悔している人はいないでしょうか?

多くの人が今の会社に何らかの不満があり転職をすることになりますが、転職をしたからといって、必ず自分の思い通りの会社に転職できる訳ではありません。

この記事では、転職に失敗する原因から、転職の失敗を最小限に抑える方法について紹介しています。

転職に失敗し、もう一度転職をしようか悩んでいる人は、是非この記事を読んで見て下さい。

この記事を読んで、転職の失敗が、少しでも前向きに捉えられるようになれば嬉しく思います。

あなたが転職を失敗した理由はなんですか?

転職によって自分が満足できる会社で働けるようなる人がいる一方、自分が思っていたような会社に転職できず、転職を後悔する人もいます。

転職に失敗してしまう原因には何があるのでしょうか?

転職活動に時間を割けなかった

転職活動では、転職先の企業について少しでも多くの情報を手に入れることが大切になりますが、転職活動にはやるべきことが多く、転職活動に十分な時間を割けられない人もいます。

特に、在職中に転職活動を行う人は、仕事終わりや休日を利用して転職活動を行うことになり、転職先について十分調べる前に転職をしてしまい、転職を失敗する人もいます。

多くの情報を手に入れれば必ず転職を成功できるわけではありませんが、情報がなければ自分で何も判断する材料がありませんが、情報があれば、少なくともその情報を使うかどうかの判断を自分ですることができます。

転職前に転職先企業の調査が不十分な場合、前職を退職する理由になった残業時間の多さの問題に、また同じように苦しむことになるなど、転職を後悔することで、転職自体を失敗に感じることがあります。

転職前後のギャップがあった

先ほどの転職活動に十分な時間を割けなかった事と関係しますが、転職を失敗する原因として転職前後のギャップがあります。

自分の企業に対する情報収集が不足していただけでなく、面接の時に話し合って決めた仕事内容や労働条件が守られず、転職前に考えていた事と、転職後に実際に働く中で感じるギャップによって、転職を失敗に感じることがあります。

勢いで転職してしまった

転職をする時には、職場の人間関係など、今すぐに何とかしたいと感じる辛い転職理由も少なくありません。

そのような辛い状況の人の場合、転職後のことを考える余裕はなく、今の辛い状況を逃れたい気持ちから勢いで会社を退職してしまう人もいます。

そのように勢いで転職活動を始めた場合、次にどのような仕事をしたいのかはっきりした転職目的がないため、転職先の企業で同じような辛い状況に遭った時にはすぐに転職を繰り返してしまうこともあります。

このように、勢いで転職をすることにより、転職を失敗してしまうことがあります。

転職に失敗した!もう一度転職する前にあなたが考えるべき事とは?

転職の失敗には、転職前後のギャップや転職のきっかけが大きく影響していること見てきました。

転職に失敗したあなたは、今の仕事を退職して、もう一度転職をするしか方法はないのでしょうか?

転職の成功・失敗について考える

あなたは自分が思っていた会社に転職できなかったことで、転職を失敗したと感じていますが、逆にどのような会社に転職すれば、転職を成功と感じることができたのでしょうか?

  • 前職より年収が上がれば転職は成功でしょうか?
  • 残業が無くなれば転職は成功でしょうか?
  • 人間関係に悩まなくなれば転職は成功でしょうか?

人によって、前職より年収は下がっても、家族との時間が増えれば、その人にとって転職が成功となるように、転職成功の定義は人によって異なります。

同じように、あなたが今感じている転職の失敗も、ある人から見れば、又は後から自分で振り返った時に、転職の失敗でないこともあります。

例えば、人間関係の問題で悩んで転職した人が、前の職場と同じように今の職場でも人間関係の問題に苦しんだとします。

この人にとって、明らかにこの点は失敗に感じるはずですよね?

しかし、少し見方を変えると、人間関係の問題に続けて苦しむことにより、自分の苦手なことがはっきりし、その後の働き方を変えることができるかもしれません。

世の中には本当にたくさんの仕事があります。

多くの人と関わりながらする仕事もあれば、1人で出来る仕事も多くあります。

職場の人間関係が煩わしい。管理人ミチオも実際にやった、人間関係に煩わされない仕事に転職する方法

自分に合う仕事、合わない仕事が分かったというだけでも、この転職を失敗だったと言えるでしょうか?

職場の人間関係の問題を、今の職場で働き続けて問題を解決するのか、もう一度転職をして人とあまり関わらない仕事をするのか。

今の職場で働き続けて問題を解決出来ることもあれば、精神的なプレッシャーから、うつ病のように辛い状況に追い込まれる人もいるかもしれません。

どのような行動を取るかは、あなた自身が決めることです。

いずれにしても、失敗だと思っている今回の転職も、少し視点を変えることで、ただの転職の失敗ではなく、次の行動に繋げていくきっかけにすることができます。

今の会社で出来ることを考える

転職に失敗したことで、もう一度転職することも考えているあなたですが、転職する前に今の会社でできることについて、もう一度よく考えてみて下さい。

あなたが失敗だと思っていた転職ですが、もう一度転職をするしか今の問題を解決する方法はないでしょうか?

今の会社で出来ることは、本当にもう何もないでしょうか?

先ほどの人間関係の問題でも、部署異動のように、今の会社で出来ることはないでしょうか?

会社内でも、働く環境が変われば、驚くほど精神的な負担も軽くなるものです。

いまの仕事を転職する前に、今の会社で出来ることはもうないのか、もう一度よく考えてみて下さい。

もう後悔したくない!これからの転職を失敗しないための方法とは?


転職を失敗した今の会社からもう一度転職をする前に、転職の失敗や今の会社で出来ることを考えることを見てきました。

しかし、今の会社でやるべきことをやっても、転職をしたい気持ちが収まらない人もいます。

こんなことを言っては身も蓋もないですが、転職にいて、必ず失敗しない方法など存在しません。

そのため、

「これをやれば必ず転職に失敗せず、成功しますよ!」

このようなことは絶対に言えませんし、もし言っている人がいれば少し怪しいと思った方がいいかもしれません。

しかし、転職を成功させるために有効な方法は存在します。

今の仕事をどうしても転職する気持ちの人は次の転職を失敗ためにも、これから紹介するポイントを頭に入れながら転職活動を進めてみて下さい。

転職の目的をはっきりさせる

私の14回経験した転職の中で、後悔した転職の時は、いつもこの「転職の目的」が曖昧な状態で転職をしていました。

  • 年収をアップしたい
  • 残業の少ない会社で働きたい
  • 1人でできる仕事をやりたい

転職の目的は、人それぞれ異なります。

そのため、転職をする前に

「今回の転職で残業の少ない仕事に転職して、仕事後に家族と一緒に夕食を食べられるようにする」

このように、具体的に転職の目的を決めた上で転職活動を始めることで、転職を後悔する可能性を下げることができます。

第三者の意見を聞く

失敗したと感じた今回の転職ですが、その転職活動をあなたはどのように行ったでしょうか?

転職というと、基本的には1人で活動を進めていくことになりますが、自分1人だけの判断で転職先を決めることで、客観的に転職先の企業を見られなくなってしまうことがあります。

私も転職活動をしている時に、自分の希望する転職条件に一致する企業を見つけ、調べていけばいくほど、こんなにいい企業は他にないのではないかと思い込んでしまう経験を何度もしたことがあります。

しかし、実際に働き始めてみると、思っていた企業と異なり、転職自体を後悔してしまうという、転職失敗談もたくさんあります。

このような事態を避けるためにも、第三者の意見を一度聞いてみることをおすすめします。

自分がいいと感じていた求人も、第三者の人が見ることで、自分と全く違った視点から求人を見ることができるため、求人のいい点はもちろん、悪い点にも気づいてもらうことができます。

第三者として、身近にいる家族や友人、恋人などに意見を求めることは、とても有効です。

自分の性格や人となりをよく知っている人だからこそ、気づくことも多くあります。

一方、身近な人ということで、見えにくくなってしまうこともあります。

あなたのことを想ってくれている家族や友人、恋人です。

なんとか早く転職先を決めてあげたいという気持ちから、あなたが選んだ求人ということで、思っていることを全て伝えることを遠慮してしまう可能性もあります。

また、昨今話題のブラック企業に転職してしまうことを心配するあまり、見てもらう全ての求人に対して否定されているような意見を言われてしまい、あなた自身の転職活動に対するモチベーションが下がってしまうこともあります。

そんな時は、あなたの身近にいる第三者ではなく、一歩距離を置いた第三者である転職エージェントに転職の相談をしてみて下さい。

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントを利用することで、転職の専門家である転職エージェントが第三者として、あなたの転職に関する相談にのってくれます。

また、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類のチェックができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

このように、転職を失敗した原因として挙げた転職活動に割ける時間が短かった問題転職前後に感じるギャップの問題も、転職エージェントを利用することで問題を解決することができます。

転職エージェントを利用すれば転職活動の全てがうまくいくように思えますが、デメリットにも書いたように、転職エージェントでは利用する転職エージェント転職サポートをしてくれる担当者によって、転職結果に大きな違いが生じることになります。

担当者に関しては転職者との相性もあり、実際に面談を通して転職サポートを受けるまでは分からない部分も現実問題としてあります。

しかし、利用する転職エージェントを間違えた場合、無理に求人を押し付けられてしまうなど、転職サポートどころか転職の大きな妨げになる可能性もあります。

人材紹介業は、転職を成立させることによって初めて、企業側から紹介料を受け取ることができる「成功報酬型」のビジネスとなっています。

そのため、転職エージェントは企業からもらう紹介料を元に運営されることになるため、転職者は全てのサービスを無料で受けられる仕組みになっています。

しかし、この企業から支払われる紹介料は、一般的に転職者の年収の30%前後と言われており、転職の成立件数を増やし、転職者の年収が高ければ高いほど、受け取る紹介料も多くなります。

そのため、転職エージェントの中には転職者の希望を十分に聞かず、無理に転職をさせようとするようなブラック転職エージェントも存在しているため、注意しながら利用する必要があります。

しかし、そのブラック転職エージェントはブラック企業と同じく、実際に利用(入社)しなければ分からないことも多いため、名前をあまり聞いたことがない転職エージェントではなく、利用実績のある大手転職エージェントの中から選ぶことをおすすめします。

このように、転職エージェントを利用する時には「転職エージェント選び」が重要な鍵になりますが、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も14回の転職を通して様々な転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じにも関わらず、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

様々な転職エージェントがある中で、私が実際に利用しておすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

1.求人数の多さ

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介してもらえる求人数が圧倒的に多くなっています。

※2018.1.11時点

全ての求人数が公表されている大手転職エージェントで求人数を比較しましたが、リクルートエージェントの求人数が圧倒的に多いことが分かります。

このように、多くの求人の中から紹介してもらうこことで、自分に合った求人に出会える確率を高めることができます。

また、グラフの求人内容を見てみると、非公開求人が求人全体の約80%を占めています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする主な理由には、次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、企業が非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、転職者は非公開求人を転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人となります。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認や、面接対策・応募書類対策などの具体的なアドバイスなど、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、対応の全てが事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

私はリクルートエージェントを2回しか利用していませんが、担当者の当たりはずれがある転職エージェントであることを感じました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

このように、リクルートエージェントには担当者の当たり外れはありましたが、これに関してはどの転職エージェントにもある問題となります。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

管理人ミチオ

管理人ミチオ
担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

先ほども紹介したように、転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

どうしても担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

※担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。

私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

3.面接対策が強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

担当者の面接アドバイスも具体的なものが多く参考になりましたが、都内ではほぼ毎日開催されている「面接力向上セミナー」が面接対策にとても効果がありました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が15%UPし、受講者の97%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

リクルートエージェントでは、担当者による面接サポートやセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

※面接力向上セミナーに参加した時の記事→

 

リクルートエージェントを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「リクルートエージェント HP」より

リクルートエージェントを利用するためには、まず無料会員登録をする必要がありますが、登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

この5分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになり、面接対策も強化することができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

  • リクルートエージェント 無料登録開始
  • 1.転職希望
  • 2.プロフィール・職務経歴

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

全ての項目を入力すれば、登録完了となります。

登録後は担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と進んでいきます。

転職エージェントを利用することで、自分とは違った転職の専門家の視点で求人を探すことができるため、自分に合った求人に出会える可能性を高めることができます。

しかし、家族や友人、恋人はもちろん、転職エージェントを含めた第三者の意見を聞くことは大切ですが、最終的にどの企業に転職するのかを決めるのはあなた自身です。

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」

という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

あなたが転職エージェントをうまく利用しながら転職活動を進めていき、今の辛い状況が少しでもいい方向に向かうことを願っています。


公式サイト:リクルートエージェントで自分に合った求人を探す(無料)