職場の人間関係が煩わしい!人間関係に煩わされない仕事に転職する方法

管理人ミチオ

管理人ミチオ

  • 「職場の人間関係が煩わしい」
  • 「自分のペースで働ける、人間関係に煩わされない仕事に転職したい」

このような悩みを抱えている人はいないでしょうか?

この記事では、14回の転職を経験した管理人ミチオの体験談なども含めて、人間関係に煩わされない仕事へ転職する方法を紹介しています。

職場の人間関係が煩わしく、人間関係に煩わされない仕事へ転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

もう転職したい!職場の人間関係を煩わしく感じる原因とは?


仕事をしていく上で避けては通ることができない職場の人間関係。

話しかけづらい上司や小言ばかり言ってくる先輩など、職場の人間関係に煩わしさを感じる人もいますが、そもそも人間関係を煩わしいと感じる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

コミュニケーションをとることが苦手

周囲とコミュニケーションをとることが苦手なことから、職場の人間関係を煩わしいものに感じることがあります。

多くの仕事は、周囲の人とコミュニケーションをとりながら仕事を進めることになります。

周囲とスムーズにコミュニケーションをとれる人は問題ありませんが、中には職場の人とコミュニケーションをうまくとることができず、人間関係をうまく築けない人もいます。

  1. 周囲とうまくコミュニケーションがとれない
  2. 人間関係をうまく築けない
  3. 人間関係が煩わしい
  4. ますます周囲とコミュニケーションをとれなくなる

このような悪循環に陥ることで、職場の人間関係を煩わしいものに感じることがあります。

自分のペースで働けない

自分1人で仕事をする時には、周りの人に合わせる必要もなく、マイペースに仕事を進めることができます。

しかし、周りの人と協力しながら進める仕事の場合、周囲の人とコミュニケーションをとりながら仕事を進める必要があります。

自分のペースで仕事ができず、自分の思い通りに仕事を進められないことから、人間関係を煩わしいものに感じることがあります。

周囲の目が気になる

仕事をしていると、周囲の自分に対する目が気になることがあります。

  • 「自分は職場の人から、どう思われているんだろう?」
  • 「自分は嫌われていないだろうか?仕事ができない人と思われていないか?」
  • 「自分は、職場で浮いた存在になっていないだろうか?」

周囲の自分に対する目が気になることで、気疲れによるストレスもたまることになり、職場の人間関係を煩わしいものに感じることがあります。

人間関係が煩わしいから転職したい。それって悪いこと?


人間関係を煩わしいと感じる理由には、周囲とうまく人間関係を築けないことが根本的な問題としてありましたが、そもそも人間関係を煩わしく感じることは悪いことなのでしょうか?

私は人間関係の煩わしさから実際に転職をしたことがありますが、転職する時には様々な考えが頭の中に浮かびました。

  • 職場の人間関係が煩わしくて転職するのは、逃げなんじゃないか?
  • 周りの人は職場でうまくやっている。周囲とうまく関係を築けない自分はダメなやつなんじゃないのか?

世間では、一般的に周囲とコミュニケーションをとりながら人間関係をうまく築けることが良い事とされています。

それは仕事でも同じことが言え、職場のみんなとコミュニケーションをとりながら良い関係を築き、仕事を進めていくこと良い事とされています。

周りの人とうまくコミュニケーションをとれる人は、何も問題はありません。

しかし、世の中には様々な人がいます。

私も含めて、職場の人とうまくとコミュニケーションをとることができず、人間関係をうまく築けない人もいます。

そのような人にとって、周囲とコミュニケーションをとりながら進めていく仕事が負担となり、仕事自体に大きなストレスを感じることになります。

自分がうまく人間関係を築けないことによる、ひがみもあるかもしれませんが、自分が気持ちよく働ける仕事」は、本来1人1人違っているはずです。

周りと協力しながら働くことが好きな人もいれば、1人でコツコツと働くことが好きな人もいます。

人間関係を煩わしいと感じること自体は悪いことではなく、そのように感じる人がいることも、また自然なことです。

「職場の人間関係が煩わしいから転職したい」

このような感情がわく事に対して、引け目を感じたり自分を責めるような気持ちになる人もいますが、自分を責める必要は全くありません。

職場の人間関係が煩わしい人は自分を責めるのではなく、「自分が気持ち良く働ける方法」について、もう一度よく考えてみて下さい。

職場の人間関係が煩わしい人が転職前にやるべきこと

人間関係を煩わしいと感じ、転職を考えることは悪いことではありません。

しかし、頭では分かっていても、目の前の現実は仕事で周囲の人とのコミュニケーションを求められ、人間関係の煩わしさが日に日に大きくなっていきます。

このような時はすぐに転職したい気持ちになりますが、いきなり転職するのではなく、今の職場で次のことをやってから転職するようにして下さい。

無理にコミュニケーションをとらない

無理に職場の人とコミュニケーションをとろうとすることで、苦しくなる人がいます。

かつての私もその一人で

  • 職場のみんなとコミュニケーションをとって、うまくやらなければいけない
  • みんなとうまくやらないと、職場で浮いてしまう
  • みんなとうまくやり、良い人と思われたい
  • 沈黙が怖い。話題を振って場を盛り上げないと

このような考えから、無理をしてでも周囲とコミュニケーションをとり、なんとか良い関係を築こうとしていました。

しかし、こんな苦しい思いをしながらコミュニケーションをとっても、自分自身はもちろん、周囲にもいいことはありません。

無理をしてコミュニケーションをとれば、相手にもその気持ちは自然と伝わり、相手が楽しくないことはもちろん、何より自分自身が辛い思いをし続けることになります。

周囲の人と完全にコミュニケーションを断ち切る必要はありませんが、無理にコミュニケーションをとることを止めることで、職場の人間関係がグッと楽になることがあります。

  • 何か聞かれた時には応える
  • 話したい時には話しかける
  • 一人になりたい時は一人になる

あまり難しいことは考えず、コミュニケーションを「とらなければいけないもの」から「とりたい時にとるもの」に変えることで、人間関係の煩わしさから解放されることがあります。

仕事を生活の手段と割り切る

仕事に対する考え方は人によって異なりますが、仕事は友達を作る場ではなく「生活をするための手段」と割り切ることで、人間関係の煩わしさから解放されることがあります。

仕事に収入以外の何かを期待しているからこそ、それが得られないことで苦しくなります。

「仕事=収入を得る場」と割り切ることで余計な期待はなくなり、職場の人間関係も仕事を進めるための1つの要素に過ぎなくなります。

仕事を生活の手段と割り切ることで、仕事の時間とプライベートの区別が明確になり、職場の人間関係の煩わしさも、仕事中だけの問題になります。

仕事を自分が生活する手段と割り切り、肩の力を抜きながら働くことで、人間関係の煩わしさから解放されることがあります。

管理人ミチオが人間関係を煩わしいと感じなかった仕事はコレ


仕事に対する意識を変えることで、人間関係の煩わしさを小さくできることを見てきましたが、今の職場で働き続ける限り、人間関係の煩わしさから解放されない人もいます。

そのような人は、働く環境を「人間関係に煩わされない環境に変えてみる」ことを考えてみて下さい。

私は、自分が周りとうまくコミュニケーションをとれずに、人間関係がうまく築けないことに強いコンプレックスを感じていました。

しかし、自分が人間関係に煩わされずに働ける仕事に転職することで自分らしく働けるようになり、自分に自信が少しだけ持てるようになりました。

さらに、今まで嫌なだけだった仕事自体を、少しだけ好きになることもできました。

世の中には17,000以上の職業があるとされ、あなたが今働いている仕事以外にも、本当にたくさんの仕事があります。

その中には自分1人でコツコツと働ける仕事も多くあり、職場の人間関係に煩わされずに働ける仕事もたくさんあります。

私が14回の転職をしてきた中で、実際に働いてみて人間関係に煩わされずに働けた仕事には、次のようなものがあります。

  1. トラックドライバー
  2. 工場でのスマートフォン組み立て
  3. ペット用品のルート営業
  4. 税理士事務所

全く関連性のない仕事ですが、全て人間関係に煩わされることなく働けた仕事になります。

1.トラックドライバー

トラックドライバーは皆さんもイメージしている通り、一度荷物を積んで次の目的地に行くまでは、基本的に1人の時間となります。

そのため、積荷の納品時間はあるものの、会社を出た後は基本的に自分のペースで働くことができます。

運転中に好きな音楽やラジオを聞いたりと、仕事中とはいえ、自分の時間の中で働くことができるため、人間関係を煩わしいと感じることなく働くことができました。

(体力的には、大変な部分もありました)

2.工場でのスマートフォン組み立て

工場での仕事も、人間関係を煩わしいと感じることなく働くことができました。

それぞれの作業ラインに入った後は、作業中の私語も禁止されていました。

そのため、周りの人と話す必要もなく、ただひたすら自分の作業に集中することができました。

昼休み中も各自が好きなようにお昼を食べていたので、基本的には仕事の始めから終わりまで黙々と作業をすることができ、人間関係を煩わしいと感じることのない、働きやすい職場でした。

管理人ミチオ

管理人ミチオ
工場の求人は、下の工場求人に特化した転職サイトの工場ワークスで見つけました。

公式サイト:工場ワークスで工場求人を探す(無料)

3.ペット用品のルート営業

この仕事をやるまでは、営業の仕事は人間関係が煩わしい仕事だと、ずっと考えていました。

仕事内容は、各地にあるペットショップにペット用品を届けることがメインで、商品を届けた時にお店の人と話をする感じでした。

仕事を始めた最初の頃は、先輩に同行してペットショップを回っていましたが、1ヶ月後には1人で回れるようになったため、移動中は1人の時間になりました。

営業をやっている同僚も、各自が自分のやるべき仕事をコツコツと取り組むスタンスだったため「近過ぎず、かつ遠過ぎない」という、ちょうどいい距離感の中で仕事ができました。

そのため、人間関係を煩わしいと感じることもほとんどなく、とても働きやすい仕事でした。

4.税理士事務所

この仕事が一番意外だったのですが、税理士事務所の仕事は自分のペースで働くことができ、人間関係にもほとんど煩わされることがありませんでした。

私が働いていた税理士事務所では、それぞれの従業員が顧客ごとに担当する形で仕事が進められました。

担当する顧客が割り振られた後は、仕事の締切日だけを守れば自分のペースで仕事を進めることができました。

そのため、仕事の最初から最後までを自分1人で進めることができ、人間関係を煩わしいと感じることなく働くことができました。

紹介した4つの仕事は、私が実際に働いていた仕事になります。

そのため、働く会社によっては、同じような働き方ができない可能性もありますが、人間関係を煩わしいと感じていた私が、実際に快適に働くことができる職場も存在しています。

自分が望む働き方ができる職場を選ぶことで、人間関係を煩わしいと感じる問題を解決することができます。

人間関係に煩わされない仕事に転職する方法


人間関係を煩わしいと感じない仕事に転職するためには、次の点に気をつける必要があります。

転職前に「現場情報」を確認する

人間関係を煩わしいと感じない仕事に転職するためには、転職する前に転職先の「現場情報」をしっかりと確認しておく必要があります。

  • 自分のペースで仕事を進められるのか?
  • 残業はなく、仕事とプライベートをしっかり分けられるのか?

このように書くと、求人募集に書かれている仕事内容や面接で確認をすれば問題ないと考える人もいますが、実際に問題が起きるケースも多くあります。

  • 転職前は自分のペースで仕事を進められると聞いていた。
    →転職後は常にペアで仕事をする事になった
  • 転職前は残業はなく、仕事とプライベートをしっかり分けられると聞いていた。
    →転職後は毎月30時間のサービス残業

このような転職前後のギャップによって転職を後悔することになり、転職後も職場の人間関係の煩わしさに苦しむ可能性もあります。

このような転職の失敗を防ぐために、転職エージェントを利用した転職活動をしてみて下さい。

 

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人で転職活動をする時には知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報を、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントではいきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

様々な転職エージェントがある中、私が14回の転職で実際に利用しておすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

1.求人数・転職成功実績の多さ

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて求人数が圧倒的に多くなっています。

下のグラフは大手転職エージェントの求人数を比較したものになりますが、リクルートエージェントの求人数が圧倒的に多くなっています。

※2018.6.13時点

多くの求人の中から紹介してもらうことで、自分が希望する求人に出会える確率が高まり、転職成功の可能性も高くなります。

その証拠として、リクルートエージェントは現在までに40万人以上の転職者を転職成功に導いています。

「リクルートエージェントHP」より

また、求人数比較のグラフ内容を見ると、非公開求人が求人全体の約80%を占めています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする主な理由には、次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認から、面接対策・応募書類対策といった具体的なアドバイスまで、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、全ての対応が事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

管理人ミチオ

管理人ミチオ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

3.面接対策に強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによる模擬面接も行なっていますが、都内で毎日開催されている「面接力向上セミナー」がとても有効な面接対策になりました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が35%UPし、受講者の99%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

※「リクルートエージェント 公式HP」より

セミナー内容が面接をする意味から面接本番の具体的な行動まで、面接をトータルに考えるセミナーとなっていました。

セミナーを受講することで、面接前の準備から面接本番で注意すべきことが具体的に分かるだけでなく、面接に臨む意識そのものを変えることができました。

もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの面接力向上セミナーに行ってきました!

このように、リクルートエージェントでは、模擬面接やセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

これら3つのポイントによって「自分が納得できる転職」ができるため、リクルートエージェントがオススメの転職エージェントになります。

 

リクルートエージェントを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「リクルートエージェント HP」より

リクルートエージェントを利用するためには、まず無料登録をする必要がありますが、登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

この5分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルの少ない求人の中から自分に合った求人を紹介してもらえるようになり、面接対策も強化することができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

  • リクルートエージェント 無料登録開始
  • 1.転職希望
  • 2.プロフィール・職務経歴

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

  • 1.転職希望時期、希望勤務地
  • 2.直近の年収、直近の経験職種、生年月日
  • 3.メールアドレス、性別、名前
  • 4.住所、電話番号、最終学歴
  • 5.英語力、就業状況、これまでの職歴
  • 6.直近の勤務先情報
  • 7.資格、サイトアクセスのきっかけ
  • 8.求人志向チェック
  • 9.登録完了

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

全ての項目を入力すれば、登録完了となります。

登録後は担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

※転職エージェントを利用したからといって、必ず転職をする必要はありません。

あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)

まとめ

人間関係に煩わされない仕事へ転職する方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

程度の差はあるものの、どんな仕事も誰かと関わりながら仕事をすることになり、人間関係の煩わしさから完全に解放されることは難しくなります。

しかし、人間関係の煩わしさをほとんど感じない仕事も世の中には数多く存在し、そのような仕事に転職することで、ほとんどストレスを感じることなく仕事をするとができます。

転職エージェントを利用することで、転職前に転職先企業の内側を知ることができるため、転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのはあなた自身です。

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが人間関係に煩わされない仕事に転職できることを願っています。