転職活動がうまくいかない人が現状を打破する「自分に合った転職方法」とは?

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「転職がうまくいかない。これからどうやって転職活動をしていけばいいのか、、、」

このように、転職活動がうまくいかずに悩んでいる人はいないでしょうか?

この記事では、転職活動がうまくいかないことで悩んでいる人に向けて、転職方法を見直すことで現状を打破する方法を紹介しています。

この記事をきっかけに、あなたの転職活動が少しでもいい方向に向かえば嬉しく思います。

どうして?転職活動がうまくいかない理由とは?

毎日コツコツ求人を探し面接を受けても、思うように転職先が決まらない、、、。

早く転職先を決めて気持ち的にも経済的にも落ち着きたいのに、転職がうまくいかないことで落ち着かない日々を過ごしている人もいると思いますが、転職活動がうまくいかない理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

気持ちの焦り

転職活動は、いつまで続ければ必ず転職できるという「ゴール」がはっきりと定められていません。

今日まで全くうまくいかない転職活動も、明日になれば急に話がトントン拍子に進み、一気に内定まで話が進むことも少なくありません。

しかし、内定が決まるまであと何社面接をすればいいのかは、誰にも分からず、常に不安や焦りを感じながら転職活動を進めていくことになります。

また、転職先が決まらないことで精神的な不安はもちろん、退職後に転職活動を始めた人は経済的な不安も抱えながら転職活動をしていくことになります。

落ち着いた状態で転職活動を進めていけば、今の自分に足りないことを冷静に考え、対処することもできます。

しかし、転職活動がうまくいかないことで気持ちが焦ってしまい、どのような対策をすればいいのかも分からず、さらに転職活動がうまくいかなくなってしまうことがあります。

気持ちの焦りから、転職がうまくいかないことがあります。

転職方法が間違っている

自分に合っていない方法で転職活動をすることで、転職がうまくいかないことがあります。

「転職」と一言でいってもハローワークや転職サイト、知人からの紹介など、様々な転職方法があります。

自分に合った方法で転職活動をすることで、スムーズに転職活動を進めることもできますが、自分に合っていない方法で転職活動をすることで、思うように転職活動を進められないことがあります。

  • 仕事の忙しい人が、利用時間の限られるハローワークで転職活動を進める
  • 初めての転職で分からないことだらけの人が、転職サイトで1人 で転職活動を進める

自分に合わない方法で転職活動を進めることで、効率が悪い上に精神的にも辛い状態で転職活動をすることになり、転職活動がうまくいかないことがあります。

転職活動がうまくいかない時に考えるべき事

転職活動がうまくいかない理由には、精神的なことや転職活動のやり方が影響していることを見てきました。

転職活動がどうしてもうまくいかない人は、次のことを考えてみて下さい。

求人の応募数は足りているか?

求人への応募数が足りないことから、転職がうまくいかないことがあります。

転職活動を始めてから内定をもらうまでに応募した求人数の平均が17.7社となって
おり、約半数の人が11社以上の企業に応募していることが分かります。

「DODA転職成功者 平均応募社数」より

人によってそれぞれ転職状況も違うため一概に言うことはできませんが、応募する企業数が増えれば、内定をもらえる確率が高まることは間違いありません。

転職活動がうまくいかない人は、自分の応募社数を見直し、応募者数が少ないと感じた人は積極的応募するようにしてみて下さい。

面接対策はできているか?

転職活動を進めていく上で、面接を避けて通ることはできません。

しかし、多くの人が面接に苦手意識を持っており、転職者の2人に1人が面接を苦手にしているというデータもあります。

「エン人事のミカタ アンケート調査から探る 求職者にとって、面接とは?」より

また、実際に面接をした人の8割が後悔した経験を持っていることから、面接を苦手にしている人が多いだけでなく、実際にうまくいかなかった経験を持っている人が多いことも分かります。

「エン人事のミカタ アンケート調査から探る 求職者にとって、面接とは?」より

転職の成否を分ける面接に対して、十分な対策ができていないことで、転職がうまくいかないことがあります。

転職がうまくいかない人は、面接対策ができているか、もう一度よく考えてみて下さい。

転職がうまくいかない人が、自分に合った方法で転職成功する方法

転職がうまくいかない時に、応募社数と面接対策を見直すことを紹介しましたが、それでも転職活動がうまくいかない人もいます。

そのような人は、転職方法そのものを見直すようにしてみて下さい。

転職方法は、大きく分けて次の5つに分類することができます。

  1. ハローワーク
  2. 縁故・紹介
  3. 自己応募
  4. 転職サイト
  5. 転職エージェント

2番目の縁故・紹介は仕事を紹介してもらったお礼として、紹介者に何かをあげる可能性もありますが、5つの転職方法はどれも無料で利用することができます。

どの転職方法を利用してもあなたに全くリスクはないため、自分に合った方法で転職活動を進めることが大切です。

下の表は、5つの転職方法の主なメリットとデメリットをまとめたものになります。

ハローワーク

転職方法として多くの人が利用するハローワークですが、求人数が多い一方、企業は無料で求人募集を出来ることから、求人の中には短期間で人が入れ替わるようなブラック企業の求人も存在します。

ハローワークの求人票の内容と、実際の労働条件が異なっていることがメディアでも取り上げられ問題になっています。

「ハローワークの求人票の嘘」より

ハローワークの求人は、インターネットの「ハローワークインターネットサービス」からも探すことができます。

ハローワークインターネットサービス

ただし、求人に応募する時は、最寄りのハローワークへ行き紹介状をもらう必要があるので注意して下さい。

「厚生労働省 大阪労働局HP」より

全国にあるハローワークは、こちらから探して下さい。

全国ハローワーク所在案内

縁故・紹介

縁故・紹介は、周りにそのような人がいれば利用したい転職方法になりますが、そもそも繋がりのある人や紹介者が周りにいない場合がほとんどです。

紹介された会社が合わなかった時は、紹介者との関係から辞めづらいデメリットもありますが、あなたに声がかかるということは「あなたが信用されている証」でもあります。

実際に転職するかどうかはともかく、求人を紹介された時は積極的に利用してみましょう。

自己応募

自己応募は、自分が気になる企業のHPなどをチェックして、求人募集が出ている時は直接企業へ応募する方法になります。

現在はあまり行われていませんが、会社の建物入り口などに求人募集の張り紙がある場合もあります。

地元に行きたい企業がある人は、こまめにチェックしておくことをオススメします。

求人募集を自社のHPだけに掲載している企業や、会社の入り口にだけ求人募集を張り出ししている場合は応募者も限られるため、ライバルの少ない狙い目の求人になります。

気になる企業がある人は、企業のHPなどをこまめにチェックしておきましょう。

転職サイト

転職サイトのメリットは、何といってもその気軽さにあります。

転職活動を始めようと思ったその瞬間、サイトを開けば求人探しから企業の応募までを、一気に進めることができます。

また、ハローワークのように出かける必要もなく、自分のペースで転職活動を進められることも、大きな魅力の1つになります。

ハローワークや転職エージェントに比べて求人数は少なくなりますが、次のような人には転職サイトの利用をおすすめします。

  • 今すぐ転職活動を始めたい
  • 世の中にどんな求人があるのか、まずはチェックしたい
  • 自分のペースで、じっくり正社員の求人を探したい

様々な転職サイトがありますが、転職者の8割が利用しているリクナビネクストを利用しておけば間違いありません。

※「リクルートキャリアHP」より

リクナビネクストで今すぐ求人を探せますが、求人に応募するためには無料登録が必要になります。

下の公式サイトから5分で登録できますので、今すぐ転職活動を始めたい人は登録してみて下さい。

公式サイト:リクナビネクストで求人を探す(無料)

転職エージェント

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントの1番のメリットは、転職の専門家であるキャリアアドバイザーの転職サポートを受けながら転職活動を進められることになります。

転職サポートには履歴書や職務経歴書の添削に始まり、面接対策や面接日程の調整、応募先企業との条件交渉まで、多岐にわたります。

また「縁故・紹介」のメリットと同じように、キャリアアドバイザーを通して職場の雰囲気や人間関係、本当の残業時間など、転職先の生の情報を転職前に知ることができます。

しかし、自分と合わない転職エージェントを利用した場合、自分のペースで転職活動を進められないことから、逆に転職活動の妨げになることもあります。

「自分が転職エージェントに望む事」「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながら、自分の転職目的に合った転職エージェントを利用することが大切になります。

〜各転職エージェントの特徴〜
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
DODA 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

以上、5つの転職方法を見てきましたが、メインとなる転職方法は縁故・紹介と自己応募を除いた「ハローワーク」「転職サイト」「転職エージェント」の3つになります。

それぞれの転職方法にはメリットとデメリットがありますが、転職後のことまでを考えると、転職の専門家に相談しながら転職活動を進められ、転職前に応募先企業の情報を知ることができる転職エージェントの利用をオススメします。

 

しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントではいきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

様々な転職エージェントがある中、私が14回の転職で実際に利用しておすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

1.求人数・転職成功実績の多さ

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて求人数が圧倒的に多くなっています。

下のグラフは大手転職エージェントの求人数を比較したものになりますが、リクルートエージェントの求人数が圧倒的に多くなっています。

※2018.6.13時点

多くの求人の中から紹介してもらうことで、自分が希望する求人に出会える確率が高まり、転職成功の可能性も高くなります。

その証拠として、リクルートエージェントは現在までに40万人以上の転職者を転職成功に導いています。

「リクルートエージェントHP」より

また、求人数比較のグラフ内容を見ると、非公開求人が求人全体の約80%を占めています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする主な理由には、次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認から、面接対策・応募書類対策といった具体的なアドバイスまで、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、全ての対応が事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

管理人ミチオ

管理人ミチオ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

3.面接対策に強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによる模擬面接も行なっていますが、都内で毎日開催されている「面接力向上セミナー」がとても有効な面接対策になりました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が35%UPし、受講者の99%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

※「リクルートエージェント 公式HP」より

セミナー内容が面接をする意味から面接本番の具体的な行動まで、面接をトータルに考えるセミナーとなっていました。

セミナーを受講することで、面接前の準備から面接本番で注意すべきことが具体的に分かるだけでなく、面接に臨む意識そのものを変えることができました。

もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの面接力向上セミナーに行ってきました!

このように、リクルートエージェントでは、模擬面接やセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

これら3つのポイントによって「自分が納得できる転職」ができるため、リクルートエージェントがオススメの転職エージェントになります。

 

リクルートエージェントを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「リクルートエージェント HP」より

リクルートエージェントを利用するためには、まず無料登録をする必要がありますが、登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

この5分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルの少ない求人の中から自分に合った求人を紹介してもらえるようになり、面接対策も強化することができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

  • リクルートエージェント 無料登録開始
  • 1.転職希望
  • 2.プロフィール・職務経歴

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

  • 1.転職希望時期、希望勤務地
  • 2.直近の年収、直近の経験職種、生年月日
  • 3.メールアドレス、性別、名前
  • 4.住所、電話番号、最終学歴
  • 5.英語力、就業状況、これまでの職歴
  • 6.直近の勤務先情報
  • 7.資格、サイトアクセスのきっかけ
  • 8.求人志向チェック
  • 9.登録完了

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

全ての項目を入力すれば、登録完了となります。

登録後は担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

※転職エージェントを利用したからといって、必ず転職をする必要はありません。

あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)

まとめ

転職活動がうまくいかないことで悩んでいる人に向けて、転職方法を見直すことで現状を打破する方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

転職活動が思うようにいかない時は精神的に追い詰められることもあり、どうしていいのか分からなくなってしまう人もいます。

そんな時には、自分に合った転職方法で転職活動を進めていくことにより、自分が希望する仕事に出会える可能性を高めることができます。

また、転職活動ではうまくいかない状況が、翌日には一変することも少なくありません。

あなたが自分に合った転職方法で転職活動を進めていき、自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。