仕事や会社をどうでもいいと思った私が、実際に転職して後悔した事

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「もう、今の仕事や会社はどうでもいい。今すぐ転職したい!」

このような、投げやりな気持ちで転職を考えている人はいないでしょうか?

何を隠そう、私がこのような投げやりな気持ちから、実際に転職をしてしまった1人になります。

この記事では、私が仕事や会社をどうでもいいと思いながら実際に転職したことで、後から大変な後悔をした経験を紹介しています。

今の仕事や会社がどうでもいいものになってしまい、勢いで転職を考えている人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、あなたが実際に転職するかどうかはともかく、あなたにとっていい方向に進むための参考になれば、嬉しく思います。

管理人ミチオ

管理人ミチオ
仕事をどうでもいいものに感じている人は、こちらも参考にしてみて下さい。
毎日同じことの繰り返し、、、仕事が虚しい人がやるべきたった1つの事

もう限界、、、私が仕事や会社をどうでもいいと思った理由

私がある老人ホームで経理の仕事をしていた時、どうしても自分と合わない上司が一人いました。

とにかく気の短い上司で、何かあれば怒鳴ることはもちろん、何でもない時にも怒鳴っているような、感情の起伏が激しい上司でした。

ただ怒鳴られるだけでも嫌ですが、みんなの前に立たされて怒られることがあり、職場のみんなもそれを恐れていました。

私はとにかく職場の人間関係を築くことが苦手で、いつしか無意識のうちに周りに気を遣い過ぎる癖がついていました。

そのため、とにかく周囲と問題を起こさないことだけを考えて仕事をしていたため、その上司は私の中で地雷のような存在となり、なるべく関わらずに1日を過ごしたいと考えていました。

しかし、仕事をしていると上司への確認や報告など、上司と関わらなければいけない機会も増えてきます。

何事も起きないように身構えながら上司のところへ行きますが、私のはっきりしない性格もあり、他の人に比べて特に私が怒られることが多くありました。

仕事中も上司のことばかり気にしてしまい、ミスをしないように仕事をやろうと思えば思うほど、逆にミスをしてはいけないプレッシャーからミスをしてしまい、結局は上司に怒られるという悪循環に陥っていました。

そんな悪循環に陥っている中、役所に事業所設置の継続に関する書類を提出しなければいけない仕事がありました。

最初は私がやるように言われていましたが、その年から申請方法が変わるということで、まずは自分がやると言った上司にお願いすることにしました。

それから1ヶ月後、役所から書類が提出されていないとの連絡があり、上司が私に確認をしてきたので、私が上司が自分でやると言った経緯を伝えると、そんなことは言っていないと急に大激怒しました。

今から役所に行って申請をしてこいと怒鳴られ、机の上にある書類を全部投げつけられた時は、驚いた気持ちが半分と、腹が立った気持ちの半分で、頭の中がクラクラしました。

自分の席に戻り役所へ電話で確認すると、書類自体は後からでも申請ができる方法があったため、大きな問題にはならずに済みました。

しかし、その一件があってからは、自分の仕事に対する考え方が大きく変わりました。

それまでは、何事もなく1日が過ぎる事だけを願って働いていました。

しかし、その一件以来はどんなに怒られないように気をつけながら働いても「何をやっても怒られる時は怒られる」と、半ば仕事に対して投げやりな気持ちになりました。

言い方を変えると、自分の中で仕事が「どうでもいいもの」になってしまい、その後は仕事に身が入らなくなってしまいました。

今思うと、自分の子供っぽさが本当に恥ずかしくなりますが、当時は自分でもどのようなモチベーションで働けばいいのか分からなくなり、本当に困っていました。

仕事や会社をどうでもいいと思った時に私が考えた事

仕事や会社がどうでもいいものになっている皆さんの中には、もっと理不尽なことを言われても、我慢しながら働いている人もたくさんいると思います。

しかし、私は上司に理不尽なことを言われた瞬間に、自分の中で何かが弾けてしまったような感覚になりました。

当時の私は既に複数回の転職を繰り返しており、今回と同じように職場の人間関係が合わないことや、自分が納得できないことがあると仕事や会社がどうでもいいものになってしまい、転職を繰り返していました。

この時も無意識のうちに、次のようなことを考えていました。

「転職すれば、全てのことをリセットできる」

  • 転職すれば、嫌な上司と関わらなくてすむ
  • 転職すれば、新しい上司の元で自分らしく働ける
  • 転職すれば、どうでもいい仕事から解放され、毎日楽しく働ける
  • 転職すれば、、、

このような気持ちが日に日に強くなり、どうでもいい仕事や会社から一刻も早く離れたい気持と、上司に対する不信感から同じ職場で働き続けることが難しくなり、半ば勢いに任せて転職をすることにしました。

仕事や会社をどうでもいいと思い、実際に転職した結果、、、

全てをリセットしようと勢いで転職した私は、退職後に転職活動を始めましたが、自分の中で転職理由に引け目があることもあり、思うように転職先が決まりませんでした。

その後、転職先が決まらない状態が3ヶ月続き、不安や焦りから当初の転職条件を緩めて転職先を探す中で、ようやく内定をもらうことができました。

新しい生活を始めようとしたところ、緩めた転職条件の後悔や以前と同じように職場の人間関係で苦しむことになり、結局以前と同じく短期間で転職を繰り返すことになりました。

このように、無意識のうちに「転職をすれば全てがリセットできる」と考えながら転職をしていた時は、自分が納得できる転職をすることができませんでした。

仕事や会社がどうでもいいものになった後、転職で職場の人間関係を変えることはできても、転職先では今までと同じように新たな人間関係を築く必要があります。

結局、私は「転職をしても、全てのことはリセットできない」という、今考えると当たり前過ぎることに、何度も転職を繰り返す中でようやく気づくことができました。

仕事や会社をどうでもいいと思った人が、後悔しない転職をする方法

新しい職場も結局1年もしないうちに転職することになり、仕事や会社をどうでもいいと思っていた自分自身が一番どうでもいい存在に思えてきて、何もやる気が起きなくなってしまいました。

しかし、何もせずに生活することはできず、もう一度転職活動を始めようとしたものの、もう一度転職を失敗することへの恐怖感から、思うように転職活動を進めることができませんでした。

  1. 次の転職は絶対に失敗したくない
  2. 転職前に転職先について詳しく知りたい

この2つの理由から、自分1人で転職活動をしてはまた同じ失敗を繰り返すと感じたため、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めることにしました。

 

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントのメリット・デメリット
メリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の生の情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
デメリット
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある

転職エージェントを利用することで、1人で転職活動をする時には知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報を、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントではいきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

様々な転職エージェントがある中、私が14回の転職で実際に利用しておすすめする転職エージェントはウズキャリ第二新卒という転職エージェントになります。

 

ウズキャリ第二新卒は前職を短期間で辞めてしまった第二新卒など、職歴に自信のない20代への転職サポートに特化した転職エージェントになります。

前職を短期間で辞めてしまった当時の私にはピッタリの転職エージェントで、この時利用した他の大手転職エージェントも含めて、ウズキャリ第二新卒が自分にとって一番役に立った転職エージェントになります。

ウズキャリ第二新卒は職歴に自信のない転職者をサポートしていることから丁寧な転職サポートに定評があり、利用者の内定率が86%以上と、利用した人の10人中8人以上が内定を獲得していることになります。

「ウズキャリ第二新卒HP」より

この内定率は、各転職エージェントが公表していないので一概に比較することは難しくなりますが、次の一般的な転職エージェントの内定率のデータを見てもらうと、ウズキャリ第二新卒の内定率の高さが分かります。

  • 書類選考通過率:30%程度
  • 1次面接通過率:30~40%程度
  • 最終面接通過率:30~50%程度

もし上記の歩留まり率で選考が推移したとして、高めに見積もっても、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。

「すべらない転職」より

このように、ウズキャリ第二新卒を利用することで、イメージではなく、実際に高い確率で転職できることが分かります。

私が当初考えていた「次の転職は絶対に失敗したくない」という1つ目の目的を達成するために、結果の出せるウズキャリ第二新卒はピッタリの転職エージェントでした。

ウズキャリ第二新卒の内定率が高い理由には、転職サポートをしてくれるキャリアカウンセラーが自分と同じように前職を短期間で辞めてしまった元既卒や元第二新卒など、職歴に自信のない人の気持ちが分かるキャリアカウンセラーということも関係しています。

「ウズキャリ第二新卒HP」より

プロフィールでも紹介しているように、私は今までに複数回の転職を繰り返してきましたが、その中で様々な転職エージェントを利用してきました。

転職サポートをしてもらったキャリアカウンセラーの多くは商社や外資系勤務など、今までの経歴が華やかなキャリアカウンセラーの方が多くいました。

そのため、上から目線ということではありませんが、転職を繰り返したことにより、心の何処かに引け目を感じているこちらの気持ちを理解できないキャリアカウンセラーも少なくありませんでした。

その点、私の担当になったウズキャリ第二新卒のキャリアカウンセラーは私ほど短期間ではありませんが、半年間で仕事を辞めた経験のある人で、こちらの気持ちを十分汲み取りながら転職サポートをしてくれました。

担当者との相性もあるため一概には言えませんが、ウズキャリ第二新卒を利用することで、転職者に寄り添った転職サポートを受けやすくなります。

また、私も含めて仕事や会社をどうでもいいものに感じている人は、転職をすれば今の状況が全て好転すると考え、次の転職先を一刻も早く決めることに頭がいきがちになります。

しかし、転職先を決めることではなく、転職した後に自分が気持ちよく働けることが大切になります。

いくら転職先が決まっても、今と同じように自分が苦しい思いをしながら働く職場に転職してしえば、私のように短期間のうちに転職を繰り返すことになります。

このような事態を避けるためにも、自分が気持ちよく働ける職場に転職することが大切になりますが、そのためには転職前に転職先の会社について十分調べておく必要があります。

しかし、現実は職場の人間関係や本当の残業時間など、実際に働くまでは分からないことも少なくありません。

この点も、ウズキャリ第二新卒ではキャリアカウンセラーの事前調査や実際にその会社で働いている先輩たちからのフィードバックにより、転職前に職場の状況を知ることができます。

「ウズキャリ第二新卒HP」より

  • 自分の上司はどんな人なのか?
  • 自分の働く職場は何人いて、男女比はどんな割合なのか?
  • 仕事中は話しやすい雰囲気なのか?

1人で転職活動をする時には知ることが難しい職場の生の情報を転職前に知ることで転職前後のギャップがなくなり、転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

実際に、私がウズキャリを利用して転職した経理の仕事は職場の雰囲気や上司の情報を事前に知ることができたので、私にしては長い7年間(一般的には短い?)勤めることができました。

このようにウズキャリ第二新卒を利用することで、「転職前に転職先について詳しく知りたい」という2つ目の目的も達成することができました。

転職先を決めることにゴールを置いている転職エージェントが多い中、ウズキャリ第二新卒では転職後の働きやすさまで考えていることを、定着率の高さが証明しています。

「ウズキャリ第二新卒HP」より

  • 一人で転職活動を進めるのが不安
  • 短期間で仕事を辞めてしまう自分が、本当に転職できるのか不安
  • 転職後に思っていた会社と違い、転職を後悔することがないか不安

このような不安を感じている人は、ウズキャリ第二新卒を利用することで不安を解消することができます。

ウズキャリ第二新卒を利用するためには、まず無料会員登録をする必要がありますが、登録は名前や生年月日などの基本情報だけとなるため、30秒もあれば多くの方が登録を終えることができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

  • ウズキャリ第二新卒 無料登録開始
  • 1.最終学歴、就職・転職時期
  • 2.希望勤務地、名前、生年月日
  • 3.電話番号、メールアドレス、電話が繋がりやすい時間帯

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

ウズキャリ第二新卒登録時の入力項目
  1.  最終学歴、就職・転職時期
  2. 希望勤務地、名前・生年月日
  3. 電話番号・メールアドレス・電話が繋がりやすい時間帯

全ての項目を入力すれば登録完了となり、下の登録完了画面が出てきます。

登録後は担当者からメール又は電話で連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

「ウズキャリ第二新卒HP」より

キャリアカウンセリング、求人紹介、面接対策など、全ての転職サポートを無料で利用できるので、転職活動を少しでも前に進めたい人はウズキャリ第二新卒に登録してみて下さい。

管理人ミチオ

管理人ミチオ
ウズキャリ第二新卒を利用したからといって、必ず転職をする必要はありません。あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。

良いことばかりのように思えるウズキャリ第二新卒ですが、気をつけなければいけない事として、転職活動を全て任せてしまい、転職活動自体が受け身になってしまうことがあります。

仕事の忙しさなどから、ウズキャリ第二新卒に紹介された求人だけをチェックし、自分で求人を探すことを止めてしまう人もいます。

ウズキャリ第二新卒を利用することで転職活動をスムーズに進めることはできますが、転職するのはあなた自身です。

自分でも1件でも多くの求人をチェックしていき、自分が希望する求人に出会える確率を、少しでも高めるための努力を忘れないで下さい。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:ウズキャリ第二新卒を利用する(無料)