お金だけ?仕事の目的を考えることで自分の仕事にやりがいを見つける方法

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「あなたの仕事の目的は何でしょうか?」

このように質問されて、答えに困ってしまう人はいないでしょうか?

  • 生活のため
  • 自己実現のため
  • 特に仕事をする目的はない

仕事をやる目的は人それぞれ異なりますが、今の働き方に疑問を感じている人や仕事をする目的がなく悩んでいる人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んであなたの悩みが少しでも軽くなればうれしく思います。

お金だけ?仕事をする目的とは?

仕事をする目的に正解はなく、人それぞれ仕事をしていく中で様々な目的を持って働くことになります。

仕事をする目的には、どのようなものがあるのでしょうか?

生活のため

生活していくためにはお金が必要になることに。

そのため生活することを目的に仕事をしている人が多くいます。

生活内容によって必要になるお金の額も変わってくることになり、自分の理想とする生活のためにより多くのお金が必要だと感じた人はより高額な給料の仕事に転職することに。

多くの人が生活することを目的に仕事をしています。

自己実現のため

明日の自分ではなく1年後、3年後になりたい自分の姿を想像するなかで、将来のなりたい自分になるために今の仕事を頑張るという人も。

仕事自体が目的ではなく、仕事をなりたい自分になるための手段と考えて働く人も。

仕事を自己実現するための手段と考える人もいます。

仕事の目的は必要?仕事の目的がないまま働くことで起きる問題とは?

仕事をする目的には生活のためだけでなく、仕事を自己実現のための手段とすることもみてきましたが、そもそも仕事に目的は必要なのでしょうか?

目的がないまま仕事をすることで、どのような問題があるのでしょうか?

何かあった時に仕事が続かない

仕事の目的がない中で働くことにより、何か仕事で問題があった時に仕事が続かないことがあります。

仕事をしていれば楽しいことばかりではなく、むしろ辛いことや辛いことも少なくありません。

そんな時には仕事の辛さに耐えられず仕事を辞めてしまい、転職を繰り返してしまうことも。

一方、仕事の目的がある人はその目的を実現するためには目の前の仕事に取り組む必要があることを分かっており、辛いと感じる仕事にも何とか耐えながら取り組んでいくことに。

仕事の目的がないことで、仕事で何か問題があった時にすぐ辞めてしまうことがあります。

仕事の目的がない人が、仕事をよりやりがいのあるものにする方法

仕事の目的がない中で仕事をすることにより、仕事で何かあった時に仕事を続けることが難しいことをみてきました。

仕事の目的がない人が、仕事をよりやりがいのあるものにするためにはどうすればいいのでしょうか?

仕事は手段?目的?

仕事を目的として考えるか手段として考えるかによって、仕事の意味が大きく変わることになります。

仕事をお金を稼ぐための手段として考え、少しでも多くのお金を稼ぐことを目的にした場合は、どんな仕事をやるのかはそれほど重要なことではなくなります。

一方、自分のやりたいことを仕事で実現したい人は、給料などよりも仕事内容が重要なことになります。

仕事を手段として考えるのか目的として考えるのかによって、働き方も大きく変わることになります。

どちらが良いということではありません。

自分が大切にしたいものを優先して、仕事を選ぶことが大切です。

仕事を目的に考える人が仕事を選ぶ場合、未経験の仕事に挑戦する時もあります。

未経験の仕事に転職する時は、未経験の仕事を始める時の不安はもちろん、未経験ということで書類選考で落とされてしまう不安や、無事に転職出来るのかといった不安など、様々な不安があります

このように、未経験の仕事への転職に不安を感じる人は、転職エージェントのハタラクティブを利用してみて下さい。

 

ハタラクティブは未経験業界への転職に特化した転職エージェントになります。

未経験の仕事に挑戦する人をサポートするということで丁寧な転職サポートに定評があり、書類審査通過率が91.4%となっています。

応募した10人中9人以上が書類審査を通過することになり、ほとんどの応募者が面接に挑戦することができます。

書類審査を通過し、面接に挑戦した人が内定を獲得する転職内定率は80.4%と、高い数値になっています。

この転職内定率の数値は、各転職エージェントが転職内定率を公表していないので、一概に比較することは難しくなっていますが、次の一般的な転職エージェントの内定率のデータを見てもらうと、ハタラクティブの転職内定率の高さが分かります。

・書類選考通過率:30%程度

・1次面接通過率;30~40%程度

・最終面接通過率:30~50%程度

もし上記の歩留まり率で選考が推移したとして、高めに見積もっても、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。

「すべらない転職」より

このように、ハタラクティブを利用することで、イメージではなく、実際に未経験の仕事へ高い確率で転職できる転職エージェントであるとが分かります。

 

ハタラクティブの高い書類審査通過率や内定率の理由は、紹介されている求人が実際に足を運び確認されている会社ということがあります。

そのため、会社側がどのような人材を欲しがっているのかが事前に確認されている求人となり、あなたの「未経験の仕事に挑戦したい」という気持ちと、会社側の「こんな人と一緒に働きたい」という気持ちを、しっかりとマッチングしてくれます。

  • 未経験の仕事ということで、書類審査に落とされないか不安
  • 本当に未経験の仕事に転職できるのか不安
  • 転職後に思っていた会社と違い、転職を後悔することがないか不安

未経験の仕事へ転職することに対して、このような不安を感じている人は、ハタラクティブを利用することで不安を解消することができます。

 

良いことばかりのように思えるハタラクティブですが、気をつけなければいけない事として、転職活動を全て任せてしまい、転職活動自体が受け身になってしまうことがあります。

仕事の忙しさから、ハタラクティブに紹介された求人だけをチェックし、自分で求人を探すことを止めてしまう人もいます。

ハタラクティブを利用することで転職活動をスムーズに進めることはできますが、転職するのはあなた自身です。

今の会社で働き続けることも、今の自分にできることを考え実際に行動していくことも、全てあなたが自由に選択することができます。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:ハタラクティブで未経験の仕事に挑戦する(無料)