理解力がないだけ?仕事をうまく理解できない人が意識すべき5つの事

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「仕事をうまく理解できない時があって、仕事を滞らせて周りの人に迷惑をかけることがある。何とかしたいけど、どうすればいいのか分からない、、、」

このように、仕事をうまく理解できないことで悩んでいる人はいないでしょうか?

この記事では、仕事をうまく理解できないことで仕事に支障をきたしている人が、仕事をスムーズに理解するために意識すべき5つのことを紹介しています。

仕事をうまく理解できない現状を何とかしたい人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

仕事を理解できない状態とは?

仕事をうまく理解できないことで仕事に支障をきたすことがありますが、そもそも仕事を理解できない状態とは、どのような状態を言うのでしょうか?

やるべき仕事が分からない

自分がやるべき仕事が分からず、仕事を理解できないことがあります。

多くの仕事が担当者を決めた上で、仕事が進められていくことになります。

自分が任された仕事を把握しておけば問題ありませんが、自分が任されたやるべき仕事が分からないことで、仕事を理解できないことがあります。

自分がやるべき仕事の全体像を把握していないことで、仕事を理解できないことがあります。

仕事のやり方が分からない

自分のやるべき仕事が分かっても、仕事のやり方そのものが分からないことで、仕事を理解できないことがあります。

初めて任された仕事や経験の少ない仕事をする時は、先輩や上司に仕事のやり方を教えてもらいながら仕事をすることになります。

仕事のやり方を教えてもらい、何度も経験していく中で自然に仕事のやり方も理解していくことになりますが、1回やっただけでは仕事のやり方を覚えられず、理解できないこともあります。

仕事の経験が少なく、仕事のやり方が分からないことで、仕事を理解できないことがあります。

仕事を理解できない原因とは?

仕事を理解できない状態には、やるべき仕事が分からない事と、仕事のやり方が分からない2つの状態があることを見てきました。

このように仕事を理解できない状態になってしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

仕事を本気で理解しようとしていない

仕事を教えてもらう時の注意力が散漫など、仕事を理解する姿勢の問題から、仕事を理解できないことがあります。

物事を理解するスピードや状況を飲み込む理解力には、個人差も大きく影響します。

しかし、仕事を本気で理解しようとした時の姿勢は、個人差に関係なく誰でもできることが多くあります。

  • 仕事を教えてもらっている時にメモをとる
  • 仕事を教えてもらった後に、自分1人で繰り返し練習する

これらは、理解力に関係なく、誰でもできることです。

自分で理解力がないと感じている人は、人が1回で覚えられる仕事を3回、4回と繰り返して覚えればいいだけのことです。

仕事を理解しようとする姿勢の問題から、仕事を理解できないことがあります。

仕事の経験が足りない

仕事の経験が足りないことで、仕事を理解できないことがあります。

先ほども見たように、初めてやる仕事や数回しかやっていない仕事など、十分に経験していない仕事はやり方も分からず、仕事を理解するまでに時間がかかることもあります。

繰り返し経験することで仕事を理解することはできますが、仕事を覚えるまでは、仕事をうまく理解できないことがあります。

自分に余裕がない

経験の足りなさとも関係しますが、仕事に取り組む時に余裕がないことで、仕事を理解できないことがあります。

周囲から確認されながらやる仕事や絶対にミスの許されない仕事など、様々なプレッシャーにより仕事をする時に余裕がなくなってしまうことがあります。

落ち着いてやれば簡単な仕事も、余裕のない状態で仕事をすることで、うまく仕事を理解できなくなり、思うように仕事ができないことがあります。

相手の説明が悪い

仕事を理解できないのは自分が悪いだけでなく、相手の説明が悪いことから仕事を理解できないこともあります。

仕事を教えてくれる相手が、いつも仕事を十分理解した人とは限りません。

仕事を教えてくれる人が十分仕事を理解していないこともあり、十分な説明を受けられないことで、仕事を理解できないことがあります。

仕事を理解できないことによる問題とは?

仕事を理解できない原因には、自分の仕事に取り組む姿勢や経験はもちろん、仕事を教えてくれる相手も影響してくることを見てきました。

仕事を理解できないことで、どのような問題が起きるのでしょうか?

仕事が滞る

仕事をうまく理解できないことで、仕事が滞ってしまうことがあります。

やるべき仕事を理解して、すぐ仕事に取り組むことができれば、仕事をスムーズに進めることができます。

しかし、仕事をうまく理解できないことで、仕事を理解するまで仕事に取り掛かることができず、周囲と協力しながら進める仕事の時には、仕事全体が滞ってしまうこともあります。

仕事をうまく理解できないことで仕事が滞り、自分はもちろん、周囲の人にも迷惑をかけてしまうことがあります。

自信をなくす

仕事をうまく理解できないことで、自分に対する自信をなくしてしまうことがあります。

自分がうまく仕事を理解できない中、職場の人がスムーズに仕事を進めている姿を見ると、何とも言えない感情が起こります。

  • 自分はみんなのように、いつも仕事をすぐ理解できない
  • 自分は仕事ができないダメな奴なんじゃないのか?

仕事をうまく理解できないことで仕事に対する自信だけでなく、自分に対する自信も無くしてしまうことがあります。

仕事をうまく理解できない人が意識すべき5つの事

仕事をうまく理解できないことで仕事上の問題が起こるだけでなく、精神的にも辛い状況に追い込まれてしまうことを見てきました。

仕事をうまく理解できない人は、次の5つのことを意識することで、現在の状況を改善することができます。

相手の話をしっかり聞く

仕事をうまく理解できない人は、まずは相手の話をしっかり聞くことを意識してみて下さい。

仕事を理解できない原因の中に仕事を理解する時の姿勢がありましたが、本気で仕事を理解しようとした時には、自然と相手の話を聞くことになります。

分からないことがあれば質問し、気になったことがあればメモを取るなど、何とか仕事を理解するための行動をとることになります。

しかし、自分の中に仕事を簡単に理解できるような考えや自分が正しいという先入観がある人は、相手の話をしっかりと聞くことができず、結果として仕事を理解できないことになります。

仕事をうまく理解できない人は相手の話をしっかり聞くことで、仕事の理解がしやすくなります。

分からない事をそのままにしない

分からないことをそのままにしておくことで、仕事が理解できなくなってしまうことがあります。

例えば、理解力が全く同じ人が同じ仕事をやる場合、仕事の結果は同じようになります。

しかし、1人が分からない仕事をしっかり確認する人で、もう一方の人が分からない仕事をそのままにする人の場合、理解力は同じでも仕事の結果に大きな違いが生じます。

分からない仕事をしっかり確認する人は、確認する時間によって仕事が終わる時間が遅れても、その後の仕事はスムーズに進めることができます。

しかし、分からない仕事をそのままにしておく人は、たとえ仕事が終わる時間が早くても、その後の仕事で分からないことでつまずくことになり、最終的には仕事を理解できなくなってしまいます。

仕事をうまく理解できない人は、分からないことをそのままにせず、分かるまでしっかり確認することを意識することで、仕事の理解がしやすくなります。

とにかくメモをとる

仕事がうまく理解できない人は、とにかくメモをとることを意識してみて下さい。

説明を受けた時には理解できた仕事も、自分の頭中だけで記憶しておくことで、時間の経過とともに理解した内容を忘れていくことになります。

そのため、自分の記憶以外にメモによって記録しておくことで、いつでも理解した仕事を無理なく思い出すことができます。

また、仕事が理解できない状態で確認したように、自分がやるべき仕事が分からないことで、仕事が理解できなくなってしまうこともあります。

そのような時は、自分がやるべき仕事をまとめたチェックリストを作成し、仕事が終わる度にチェックをしていくことで、自分がやるべき仕事が分からなくなることもありません。

仕事がうまく理解できない人は、自分の記憶だけに頼らず「メモの記録」を利用することで、仕事の理解がしやすくなります。

仕事をうまく理解できないのは自分だけではない

一見、全ての人がスムーズに仕事を理解しているように感じてしまいますが、決してそんなことはありません。

仕事を理解するスピードや状況を飲み込む理解力には個人差もありますが、多くの人が初めてやる仕事は1回では理解できず、何度も繰り返し経験していく中で仕事を理解していきます。

しかし、仕事を理解できない時の対応は人によって大きく異なり、その結果にも大きな違いが生じます。

先ほども見たように、仕事を理解できない時に分かるまで確認していく人は、理解できない仕事も減っていき、自分ができる仕事も自然と増えていきます。

しかし、仕事を理解できない時にそのままにしてしまう人は、いつまでたっても仕事が理解できない状態となり、理解できない仕事も自然と増えていきます。

このように、仕事を理解できないことが問題なのではなく、仕事を理解しようとしないことが問題となります。

仕事をすぐに理解できなくても、なんとか仕事を理解して前に進もうとしている人に対して、怒る人がいるでしょうか?

仕事をうまく理解できないのは自分だけではなく、周りの人も理解できない仕事を何とか理解しようと仕事に取り組んでいることを意識することが大切です。

今の仕事がどうしても理解できない時は働く環境を変える

仕事をうまく理解できない時に意識すべきことを見てきましたが、それでも今の仕事がうまく理解できずに苦しみ続ける人もいます。

そのような人は、自分が働く環境を変えることも意識してみて下さい。

 

人には向き不向きがあり、自分に合った仕事も人によって大きく異なります。

1人でコツコツ取り組む仕事が好きな人もいれば、周囲の人と協力しながら取り組む潮gが好きな人もいます。

どちらが良いという話ではなく、自分に合った環境の中で仕事をすることが大切ということです。

しかし、世の中には約17,000もの職業があり、420万社を超える企業があるとされています。

そのような莫大な数の職業や企業の中から、自分に合った仕事に出会うことは簡単なことではありません。

さらに、自分がいいと思う仕事に出会えても、自分が希望していたような転職に必ずなるわけではありません。

自分がいいと思って入った会社の人間関係が最悪で、毎月30時間のサービス残業をするような「ブラック企業」に転職してしまう可能性もあります。

あなたの目的は転職することではなく、転職後に自分が気持ちよく働けることです。

いくら転職できても、ブラック企業のような会社で苦しみながら働くことになれば、何のための転職だったのか分かりませんが、現実は4人に1人が転職したことを後悔しています。

「転職会議report」より

転職を後悔する理由には様々なものがありますが、どの理由も突き詰めていくと「転職前後のギャップ」が転職を後悔したことに繋がっています。

「DODA 転職して良かったこと・後悔したことTOP10」より作成

このような転職の後悔や失敗のリスクを最小限にするためにも、転職エージェントを利用した転職活動を進めてみて下さい。

 

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントのメリット・デメリット
メリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の生の情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
デメリット
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、転職エージェントが希望条件に合った求人を探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人で転職活動をする時には知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報を、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントではいきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

様々な転職エージェントがある中、私が14回の転職で実際に利用しておすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

1.求人数・転職成功実績の多さ

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて求人数が圧倒的に多くなっています。

下のグラフは大手転職エージェントの求人数を比較したものになりますが、リクルートエージェントの求人数が圧倒的に多くなっています。

※2018.6.13時点

多くの求人の中から紹介してもらうことで、自分が希望する求人に出会える確率が高まり、転職成功の可能性も高くなります。

その証拠として、リクルートエージェントは現在までに40万人以上の転職者を転職成功に導いています。

「リクルートエージェントHP」より

また、求人数比較のグラフ内容を見ると、非公開求人が求人全体の約80%を占めています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする主な理由には、次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認から、面接対策・応募書類対策といった具体的なアドバイスまで、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、全ての対応が事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

管理人ミチオ

管理人ミチオ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

3.面接対策に強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによる模擬面接も行なっていますが、都内で毎日開催されている「面接力向上セミナー」がとても有効な面接対策になりました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が35%UPし、受講者の99%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

※「リクルートエージェント 公式HP」より

セミナー内容が面接をする意味から面接本番の具体的な行動まで、面接をトータルに考えるセミナーとなっていました。

セミナーを受講することで、面接前の準備から面接本番で注意すべきことが具体的に分かるだけでなく、面接に臨む意識そのものを変えることができました。

もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの面接力向上セミナーに行ってきました!

このように、リクルートエージェントでは、模擬面接やセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

これら3つのポイントによって「自分が納得できる転職」ができるため、リクルートエージェントがオススメの転職エージェントになります。

 

リクルートエージェントを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「リクルートエージェント HP」より

リクルートエージェントを利用するためには、まず無料登録をする必要がありますが、登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

この5分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルの少ない求人の中から自分に合った求人を紹介してもらえるようになり、面接対策も強化することができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

  • リクルートエージェント 無料登録開始
  • 1.転職希望
  • 2.プロフィール・職務経歴

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

  • 1.転職希望時期、希望勤務地
  • 2.直近の年収、直近の経験職種、生年月日
  • 3.メールアドレス、性別、名前
  • 4.住所、電話番号、最終学歴
  • 5.英語力、就業状況、これまでの職歴
  • 6.直近の勤務先情報
  • 7.資格、サイトアクセスのきっかけ
  • 8.求人志向チェック
  • 9.登録完了

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

全ての項目を入力すれば、登録完了となります。

登録後は担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

※転職エージェントを利用したからといって、必ず転職をする必要はありません。

あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。

転職エージェントを利用することで、転職前に転職先企業の内側を知ることができるため、転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのはあなた自身です。

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)