転職前の悩み

あなたはどっち?転職することでメリットが大きい人・デメリットが大きい人

管理人ミチオ
管理人ミチオ

「転職を考えているけど、自分が転職するとどんなメリットがあるんだろう?もしかして、デメリットの方が大きい?」

このような悩みを抱えている人はいないでしょうか?

この記事では、転職することでメリットが大きい人とデメリットが大きい人がどのような人なのかを紹介しています。

最大限のメリットと最小限のデメリットで転職したい人は、ぜひ参考にして下さい。

転職することでメリットが大きい人

転職目的がはっきりしている人

何のために転職するのか転職目的がはっきりしている人は、転職することで大きなメリットがあります。

スキルアップの転職から年収アップの転職など、転職目的は人それぞれ異なり、正解はありません。

しかし、どのような転職目的でも、転職後にやるべきことがはっきりしている人は、たとえ転職に失敗しても、その失敗を転職目的を達成するための経験に生かすことができるため、転職経験自体が大きなメリットになります。

今の職場で働き続けることが難しい人

職場の人間関係など、今の職場で働き続けることで、肉体的・精神的に働くこと自体が難しくなる人は、転職することで大きなメリットがあります。

転職をして今の職場を離れても、健康な体と働く意欲さえあれば、いつでもやり直すことはできます。

しかし、肉体的・精神的に働くこと自体が難しい環境の中で働き続けることにより、その後の働き方を変えなければいけない状態にまで自分を追い込むこともあります。

そのような事態を避けるためにも、今の職場で働き続けることが難しい人は、自分にとって危険な環境から離れることができる転職にメリットがあります。

今すぐ転職したいあなた!自分が納得できる転職にするための3つのポイント 今すぐ転職したのはあなただけ? 職場の人間関係 上司からのパワハラ 毎日深夜までの残業 安い給料 ...

転職することでデメリットが大きい人

転職目的がはっきりしていない人

転職目的をはっきりさせずに転職する人は、転職することで大きなデメリットがあります。

何となく今の職場が嫌で転職する人や勢いで転職する人など、転職目的を持たずに転職する場合、次の転職で自分が何をやりたいのかはっきりしていないことから、転職活動がスムーズに進まないことが多くなります。

そのため、転職先が決まらない期間が長引くことで経歴に空白期間ができることになり、ますます次の転職が難しくなる悪循環に陥るデメリットがあります。

客観的に自分を見れない人

客観的な視点で自分を見れない人は、転職することで大きなデメリットがあります。

転職することを最終的に決めるのは自分自身ですが、今の自分の状況が本当に転職すべき状況なのかどうかを客観的な視点で見つめることが大切になります。

仕事内容の不満や職場の人間関係など、転職ではなく、部署異動のように今の仕事を続けながら問題を解決できるケースもあります。

しかし、客観的に自分の状況を見ることができずに自分の主観だけで転職の判断をしてしまう人は、する必要のない転職をすることで、思うような転職ができないデメリットがあります。

メリットを最大にしてデメリットを最小にする転職方法

転職のメリットを最大限にして、デメリットを最小限にしながら転職するためには、次の2つのポイントを押さえた転職方法が有効になります。

ポイント1:在職中の転職活動

在職中に転職活動を行うことで、転職のデメリットをまずは最小限にすることが大切になります。

転職活動を在職中に行う人と仕事を辞めてから行う人の割合はほぼ同じですが、転職に成功したかどうかを感じる割合は在職中に転職活動を行なった人の方が高くなっています。

「リクナビネクストHP」より

仕事を辞めてから転職活動を行う場合、先ほど紹介したように転職先が決まらない時には経歴に空白期間ができてしまい、転職するのが難しくなるデメリットがあります。

また、仕事を辞めて無職の状態で転職活動をすることで、仕事を早く決めなければいけないプレッシャーの中で転職活動を行うことになります。

そのため、一刻も早く転職先を決めたい気持ちから、最初に設定していた転職希望を妥協して転職先を決めるなど、後に転職の後悔に繋がるような転職活動をする可能性が高くなります。

この転職の後悔を防ぐためにも、在職中に転職活動を行うことで、デメリットを最小限にしながら転職活動を進めていくことができます。

ポイント2:転職サポートを受ける

転職のデメリットを最小限にするためには在職中の転職活動が必要ですが、在職中の転職活動には「時間の確保が難しい」という大きな問題があります。

転職活動には求人探しに始まり、履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成、面接の日程調整など、やるべき事が本当にたくさんあります。

これらのやるべき事を在職中に転職活動をする人は、仕事が終わって疲れて家に帰った後や休みの日を利用してやることになります。

そのため、転職活動自体が大きな負担となり、途中で転職を諦めてしまう人も少なくありません。

このような事態を避けるためにも、在職中に転職活動をする人は、1人で転職活動をするのではなく、転職サポートを受けながら転職活動を進めることで、転職のメリットを最大限にすることができます。

転職のサポートを受ける時には、転職の専門家である転職エージェントを利用しながら転職活動を進めることをおすすめします。

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェント 仕組み

転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、次のようなものがあります。

  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の生の情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間も転職エージェントが希望条件に合った求人を探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り求人探しができなかった時も、自動的に転職活動を進めることができます。

また、自分1人で転職活動をする時には知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報も、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

 

このように、転職エージェントを利用すれば転職活動の全てがうまくいくように思えますが、デメリットにも書いたように、転職エージェントでは利用する転職エージェント転職サポートをしてくれる担当者によって、転職結果に大きな違いが生じることになります。

担当者に関しては転職者との相性もあり、実際に面談を通して転職サポートを受けるまでは分からない部分も現実問題としてあります。

しかし、利用する転職エージェントを間違えた場合、無理に求人を押し付けられてしまうなど、転職サポートどころか転職の大きな妨げになる可能性もあります。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
どの転職エージェントを利用すればいいのか迷っている人は、私が実際に利用して良かった転職エージェントなども参考にしながら、自分に合った転職エージェントを選んでみて下さい。
私が実際に利用してよかった転職サイトはコレ! 私が実際に利用して良かった転職サイト3選 自分で求人を探す転職サイトの中で、次の3つがおすすめの転職サイトになります。 ...

まとめ

転職することでメリットが大きい人とデメリットが大きい人の紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

自分1人ではなく、転職サポートを受けながら転職活動を進めることで、転職のメリットの最大化とデメリットの最小化をすることができます。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたに合った仕事に転職出来ることを願っています。