転職前の悩み

会社を退職する時に引き止められた人が後悔しない転職をするための方法

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「転職することを伝えたら、上司に引き止められた。今すぐにでも転職したいけど、引き止められたから、もう少し働いた方がいいのかな?」

このように、会社を退職する時に引き止められたことで、転職することに躊躇している人はいないでしょうか?

この記事では、転職する時に引き止められた人が、後悔しない転職をするための方法を紹介しています。

退職する時に引き止められたことで、転職すべきかどうか決断に迷っている人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、あなたが納得のいく決断ができるようになれば嬉しく思います。

会社に転職の引き止めを受けた人は退職できない?

会社の上司に退職することを伝えた時、多くの人が1度は引き止めを受けることになります。

引き止めを受けることで転職することに躊躇してしまう人もいますが、会社から転職の引き止めを受けても、あなたに働き続ける義務はなく、会社の転職引き止めには何の法的拘束力もないことを、まずは頭に入れておいて下さい。

また、有給休暇の残数が14日以上ある人は、有給休暇を利用して明日からでも仕事に行かないことが法律的には可能となります。

退職の申し出を行うのが、退職の14日前民法で定められており、退職の申し出は退職届などではなく、口頭でもいいとされているため、会社に電話をして退職することを伝えればいいことになります。

そのため、有給休暇が14日以上ある人は、有給休暇を利用することで、明日からでも会社へ行かずに退職することが法律的には可能となります。

しかし、会社からこんなことを言われる場合もあります。

会社の就業規則で1ヶ月前に退職の旨を伝える必要があることを記載している。だから、14日前に言ってきても、退職は受け付けないよ

しかし、就業規則と民法では当然法律である民法が優先されるので、会社の言っていることには当たりません。

有給休暇はアルバイトや正社員に関わらず、どんな労働者も一定の条件を満たせば利用できる権利となります。

そのため、会社から転職の引き止めを受けて精神的に追い込まれている人は、自分はいつでも会社を辞めることができることを頭に入れ、必要以上に自分を追い込まないようにして下さい。

有給休暇の残数は、給料明細や社内の人事部などで確認することができますが、もし人事部などに確認しにくい場合や、部署が分けられていない会社の場合は、次の表を参考にして、自分の有給休暇の残数を確認しておいて下さい。

「厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署」より

リンク先→年次有給休暇の付与日数は法律で決まっています

管理人ミチオ
管理人ミチオ
ここで説明したものは、あくまで法律的な点での話となります。有給休暇を利用することは当然の権利ですが、まずは社内の就業規則に従うことで、社内での引き継ぎや退職をスムーズに進めることができます。その後、どうしても不満がある場合や、どうしても納得できない場合に限り、民法に従って話し合いを行う方が、会社と退職者の両者にとって問題なく退職の手続きを進めることができます。そのため、有給休暇の残数確認と合わせて、就業規則の確認もしておく事で、スムーズに退職手続きを進められるようになります。

会社があなたの転職を引き止める理由とは?

まずは、あなたが会社から転職の引き止めを受けても、いつでも会社を退職できることを確認してもらいました。

このことを踏まえた上で、会社が転職希望者を引き止める理由には、次のようなものがあります。

退職して欲しくないことによる引き止め

「引き止め」の文字通り、あなたに退職して欲しくないことから転職の引き止めを行うことがあります。

裏は何もなく、本心からあなたと一緒に働けなくなることが残念な気持ちから、転職の引き止めをする上司もいます。

このパターンによる引き止めが一番断ることが難しく、実際に転職を思いとどまる人も少なくありません。

仕事が回らなくなることによる引き止め

あなたが退職することで会社の人手が足りなくなり、仕事が回らなくなることから転職の引き止めすることがあります。

特に、規模の小さな会社では一人当たりの仕事の役割が大きく、1人が退職することで仕事への影響も大きいことから、転職の引き止めを行うことがあります。

経営面による引き止め

経営面から人材を見ると、人がいなくなることは資産を失うことになり、会社にとって大きな損失になります。

あなたが会社で働くことで会社に貢献してきた一方、会社もあなたを育てるために多くの投資をしてきました。

あなたが転職することで、今まで育てた資産が突然なくなることになり、会社にとっては大きな損失になります。

また、減った人材を補充するために新たな採用活動をする必要もあり、その分の経費もかかることから、あなたの転職を引き止めることがあります。

会社があなたの転職を引き止める方法

転職を引き止める理由には様々なものがありましたが、会社があなたの転職を引き止める方法にも、様々なものがあります。

情に訴える

あなたが転職することで、いかに会社が大変なことになるかと、情に訴えることで転職の引き止めをすることがあります。

情による転職の引き止めは、引き止めの中でも最初に行われることが多くあります。

今まで働いていた会社に対する情もあり、多くの人が転職することに対して、少なからず後ろめたさや申し訳なさを感じていることがあります。

そのため、情による引き止めの効果は大きく、転職を思いとどまる人も多くいます。

条件改善の提案

給与アップなど、条件改善の提案をすることで、転職の引き止めを行うことがあります。

転職目的が年収アップのように、労働条件の改善を求めている人の場合は、転職を思いとどまる可能性もあります。

しかし、人間関係や職場環境の問題など、条件改善以外の理由で転職を考えている人の中には、会社に対する不信感から、逆に転職を決意する人もいます。

退職することを言った途端に給与アップなんて。今更そんなこと言うなら、もっと早くから給与アップできなかったの?

このように、条件の改善によって、転職の引き止めを行うことがあります。

脅してくる

この引き止め方法は論外ですが、会社の中には脅迫に近い態度で転職の引き止めを行うこともあります。

このような態度をとる時点で会社に留まる考えは捨て、転職に向けて動いていくことをおすすめします。

万が一、辞めることが難しい状況にまで追い込まれている人は、労働基準監督署へ相談するこも考えて下さい。

労働基準監督署への相談は匿名でもできますので、個人で解決が難しいと感じた時には、下の労働基準監督署の一覧の中から会社がある地域の労働基準監督署に相談してみて下さい。

厚生労働省 全国労働基準監督署の所在案内

会社に転職を引き止められた時の対処法

会社から様々な方法で転職の引き止めを受けることを見てきましたが、会社から引き止めを受けた時の対応には、大きく分けて次の3つがあります。

転職に向けて動いていく

会社の転職引き止めに対して「転職する」の一点張りで押し通し、最初の希望通り転職する方法があります。

この方法をとった場合、言い方によっては会社との関係が悪化する可能性もありますが、どうせ辞める会社と割り切り、強引に転職を進めることもできます。

しかし、どんなに不満が多い会社であれ、今までお世話になった会社であることに違いはりません。

最後は円満退社するためにも、会社側の意見も聞きつつ、転職する意思が変わらないことをしっかりと伝えることで、あなたと会社の両者が気持ちよく退職に向けて進むことができます。

会社の希望を聞く

退職日の延長など、会社の希望を聞くという対応をとることもできます。

しかし、この対応をとった時には、いつまで退職日を延長するのか退職日をはっきりと決めることが大切になります。

曖昧な状態で会社の希望を聞いてしまい、最初は1ヶ月の延長が2ヶ月となり、気づいた時にはなし崩し的に退職日を延長されてしまうこともあります。

転職の引き止めを受けた後に会社の希望を聞く場合には、曖昧な約束ではなく、あなたと会社の双方が納得のいく状態で退職手続きを進めるように注意して下さい。

転職を思いとどまる

会社の転職引き止めに応えて、転職を思いとどまる対応をとることもできます。

自分が納得した上で、今の会社に思いとどまる人は問題ありません。

しかし、一時の感情によって転職を思いとどまった人や、転職しようと思った原因が解決されない状態で元の会社に戻った人は、時間の経過と共に転職したい気持ちが大きくなり、転職を思いとどまったことを後悔する可能性が高くなります。

転職の引き止めによって転職を思いとどまる人は、なぜ自分が転職しようと思ったのか、もう一度冷静になって考えるようにして下さい。

会社から転職を引き止められた人が後悔しない転職をする方法

会社からの転職引き止めに対して3通りの対応を紹介しましたが、どの対応をとるのか最終的に決めるのはあなた自身です。

しかし、後で後悔しないためにも、転職活動だけは続けることをおすすめします。

あなたが1度は辞めようと考えた会社です。

今の会社の状況が変わらなければ、いずれまた転職したい気持ちが大きくなる可能性は十分あります。

再び転職したい気持ちが大きくなった時に、転職活動を止めていれば一から転職活動を始めることになりますが、転職活動を継続していれば、すぐに求人への応募・面接と、転職活動を進めることができます。

しかし、転職活動は求人探しに始まり、履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成、企業別の情報集や面接対策など、とにかくやるべきことが多くあります。

そのため、在職中の転職活動は大きな負担となり、転職活動を途中で諦めてしまう人も少なくありません。

そのため、在職中に転職活動を行う人は、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を継続することをおすすめします。

 

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントのメリット・デメリット
メリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の生の情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
デメリット
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、転職エージェントが希望条件に合った求人を探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人で転職活動をする時には知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報を、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントではいきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

様々な転職エージェントがある中、私が14回の転職で実際に利用しておすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

1.求人数・転職成功実績の多さ

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて求人数が圧倒的に多くなっています。

下のグラフは大手転職エージェントの求人数を比較したものになりますが、リクルートエージェントの求人数が圧倒的に多くなっています。

※2018.6.13時点

多くの求人の中から紹介してもらうことで、自分が希望する求人に出会える確率が高まり、転職成功の可能性も高くなります。

その証拠として、リクルートエージェントは現在までに40万人以上の転職者を転職成功に導いています。

「リクルートエージェントHP」より

また、求人数比較のグラフ内容を見ると、非公開求人が求人全体の約80%を占めています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする主な理由には、次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認から、面接対策・応募書類対策といった具体的なアドバイスまで、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、全ての対応が事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

管理人ミチオ
管理人ミチオ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

3.面接対策に強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによる模擬面接も行なっていますが、都内で毎日開催されている「面接力向上セミナー」がとても有効な面接対策になりました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が35%UPし、受講者の99%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

※「リクルートエージェント 公式HP」より

セミナー内容が面接をする意味から面接本番の具体的な行動まで、面接をトータルに考えるセミナーとなっていました。

セミナーを受講することで、面接前の準備から面接本番で注意すべきことが具体的に分かるだけでなく、面接に臨む意識そのものを変えることができました。

もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの面接力向上セミナーに行ってきました!

このように、リクルートエージェントでは、模擬面接やセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

これら3つのポイントによって「自分が納得できる転職」ができるため、リクルートエージェントがオススメの転職エージェントになります。

 

リクルートエージェントを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「リクルートエージェント HP」より

リクルートエージェントを利用するためには、まず無料登録をする必要がありますが、登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

この5分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルの少ない求人の中から自分に合った求人を紹介してもらえるようになり、面接対策も強化することができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

[metaslider id=”6075″]

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

[metaslider id=”8525″]

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

全ての項目を入力すれば、登録完了となります。

登録後は担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

※転職エージェントを利用したからといって、必ず転職をする必要はありません。

あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。

まとめ

転職する時に引き止められた人が、後悔しない転職をするための方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

転職を引き止められることで、転職自体を迷う人も多くいますが、最終的な判断をするのはあなた自身です。

目の前の事だけではなく「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

実際に転職するかどうかはともかく、あなたが納得した道に進めることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)

転職を決意した人は…

職場の人間関係やマンネリ化したサービス残業など、様々な仕事の悩みから転職を決意した人は今すぐ求人探しを始めて下さい。

求人を探すだけなら何のリスクもなく、在職中から無理なく転職活動を進められます。

求人誌やハローワークなど求人探しには様々な方法がありますが、ネットで簡単に求人を探せる転職サイトや希望条件に合った求人を紹介してもらえる転職エージェントがおすすめです。

私が14回の転職で実際に利用したおすすめの転職サイトや転職エージェントをまとめたので、転職サイトや転職エージェント選びの参考にして下さい。

私のおすすめ転職サイト・エージェント