転職前の悩み

土日休みの仕事に転職する時のポイントとおすすめの転職方法

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「シフト制の仕事も平日休めていいけど、やっぱり土日休みの仕事に転職したい!」

このような気持ちになっている人はいないでしょうか?

この記事では、土日休みの仕事に転職する時のポイントと、おすすめの転職方法について紹介しています。

これから平日休みではなく、土日に休みながら仕事をしたいと考えている人は、ぜひ参考にして下さい。

土日休みの仕事をしている人は多いの?

世間では、どれくらいの人が土日休みの仕事をしているのでしょうか?

下の表はNHK放送文化研究所が発表した「日本人の生活時間・2015」の一部で、仕事をしている人が働いている曜日を表したデータになります。

「日本人の生活時間・2015」より

このデータによると、平日に仕事をしている人の割合が88%と最も高く、土曜日55%、日曜日37%と、平日に働いている人が多いことが分かります。

このデータから、世間の9割近くの人が平日に仕事をして、土日に休みをとっていることが分かります。

土日休みの仕事に転職する時のポイント

会社は土日休みにする義務はない

今働いている会社が土日休みでないことに不満を感じて、土日休みの仕事へ転職を考えている人も多くいますが、まず頭に入れておいて欲しいことに「会社は土日を休みにする義務はない」ということがあります。

会社の休日に関しては、労働基準法の中で次のように定められています。

第三十五条 使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。

「労働基準法 第三五条」より

これは法律に定められた内容となり、会社が必ず設定しなければいけない休日となります。

そのため、会社は1週間当たり休みを1日設定すればいいことになり、法律上は会社が土日を休みにする義務はないことになります。

また、曜日の指定もないため、会社の好きな曜日に休みを定めればいいことになります。

そのため、土日を休みにするかどうかは、完全に会社次第ということを頭に入れておいて下さい。

週休二日制との違い

求人をみていると「土日休み」と似たものに「週休二日制」や「完全週休二日制」というものがあります。

一見すると、1週間のうちに2日休めるため、悪くないようにも感じますが、「週休二日制」や「完全週休二日制」は休みが土日とは限らないことに注意して下さい。

この週休二日制は、1週間のうちに2日休みがあることを表しているため、土日休みの仕事へ転職を考えている人は、間違って応募しないように注意して下さい。

祝日の休みもチェックする

土日休みの転職を考えている人は、祝日も休みになっているかチェックしておきましょう。

土日に祝日がある場合、祝日も休みの会社は翌週の月曜日が振替休日となり、休みも3連休になりますが、祝日が休みではない会社は2連休となります。

どこかへ旅行に行くことを考えた時にも、2連休と3連休では行ける場所も大きく変わります。

土日休みの仕事へ転職を考えている人は、祝日も加えた「土日祝休み」の仕事もチェックするようにして下さい。

土日休みの仕事に転職するおすすめの方法

土日休みの仕事を見つけるときは、求人の条件を細かく設定できる転職サイトの利用をおすすめします。

求人の絞り込みで、土日休みの仕事も絞り込むことができるので、自分が希望する求人を効率的に探すことができます。

「リクナビネクスト 求人検索画面」

また、転職サイトはサイトを開いた瞬間に求人探しから応募までの転職活動を始めることができるため、土日休みの仕事に転職したいと思い立った時に、すぐ転職活動を始めることができます。

しかし、転職サイトといっても様々な転職サイトがあり、どれを利用すればいいのか迷ってしまう人もいますが、土日休みの求人が多い転職サイトを利用することをおすすめします。

1件でも多くの土日休みの求人を見ることで、自分に合った求人に出会う確率を少しでも高めることが大切になります。

下のグラフは、土日祝日休みの求人が絞り込める大手転職サイトの求人を比較したものになりますが、リクナビネクストが最も多くの土日祝休みの求人があることが分かります。

※2018.2.24時点

リクナビネクストは転職者の8割が利用する転職サイトになります。

※「リクルートキャリアHP」より

また、転職サイトの中で転職決定数がNO1となっているため、リクナビネクストを利用することで、土日祝日の仕事へ転職できる可能性を高めることができます

「リクナビネクストHP」より

リクナビネクストは今すぐ求人検索はできますが、求人の応募には無料登録が必要になります。

初期登録はプロフィールの入力だけで出来るため、1分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

無料登録する時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

[metaslider id=”7336″]

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

[metaslider id=”7578″]

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

リクナビネクスト登録時の入力項目
会員情報の入力
  • パスワードの設定
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所(任意)
  • 電話番号(任意)

全ての項目を入力すれば登録完了となります。

登録後はサイト内で見つけた求人に申し込むことができるので、求人に応募後は書類選考、面接と進んでいきます。

※求人に申し込んだからといって、必ず転職をする必要はありません。

どの企業に転職するのかを決めるのは、あなた自身です。

そのため、少しでも気になる求人には積極的に応募していきましょう。

リクナビネクストの求人は毎週水曜日・金曜に更新されます。

まとめ

土日休みの仕事に転職する時のポイントと、おすすめの転職方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

土日休みの仕事へ転職することで、周りの人との予定も合わせやすくなり、プライベートの充実にも繋がります。

また、決まった休みの中で生活を送れことから生活のリズムも作りやすく、プライベート・仕事の両面で、充実した生活を送ることができます。

転職サイトをうまく利用しながら、あなたが希望する土日休みの仕事に転職できることを願っています。リクナビネクストで土日休みの仕事を探す(無料登録)

転職を決意した人は…

職場の人間関係やマンネリ化したサービス残業など、様々な仕事の悩みから転職を決意した人は今すぐ求人探しを始めて下さい。

求人を探すだけなら何のリスクもなく、在職中から無理なく転職活動を進められます。

求人誌やハローワークなど求人探しには様々な方法がありますが、ネットで簡単に求人を探せる転職サイトや希望条件に合った求人を紹介してもらえる転職エージェントがおすすめです。

私が14回の転職で実際に利用したおすすめの転職サイトや転職エージェントをまとめたので、転職サイトや転職エージェント選びの参考にして下さい。

私のおすすめ転職サイト・エージェント