転職前の悩み

あなたならできる!転職する自信がない人が、自分に自信をもって転職成功する方法

管理人ミチオ
管理人ミチオ
  • 「転職したいけど、自分にはアピールするものがないし」
  • 「自分は年だし、どうせ転職してもうまくいかないし」

このように、自分に自信がないことで、転職に踏み切れない人はいないでしょうか?

私は何度も転職を繰り返してきた自分の経歴に引け目を感じ、自分に自信を持つ事ができませんでした(今もありませんが、、、)

この記事では、自分に自信がない人が、転職を成功させる方法を紹介しています。

自分に自信がないことで、転職活動の最初の一歩が踏み出せない人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

自分に自信が持てない、、、転職に踏み切る自信が持てない原因とは?


転職できれば今すぐ転職したいのに、自分に自信がないことで転職に踏み切れない。

転職する自信が持てない理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

自分の学歴や職歴に自信がない

中卒や短期間で転職を繰り返した人など、今までの自分の学歴や職歴に自信がもてないことから、転職に踏み切れない人がいます。

転職が成功するかどうかは、実際に転職活動を始めてみなければ誰にも分かりません。

採用活動を行う企業には学歴や職歴をあまり気にせず、転職者の人柄や仕事に対する姿勢を重視する企業も数多くあり、学歴や職歴に引け目を感じている人が採用されるケースもよくあります。

しかし、中途半端な学歴や職歴の自分を採用してくれる会社はないと考えてしまい、自分に自信が持てないことで転職に踏み切ることができず、今の状況に留まってしまう人もいます。

自分の学歴や職歴に自信が持てないことを理由に、転職に踏み切れない人がいます。

自分にアピールするものがない

転職をする時には、自分がどんな人物で、どんなことが出来るのかをアピールする必要があります。

  • 〇〇の資格があります
  • 全社で営業成績が◯位でした

今までの仕事の実績や資格のようにアピールできるものがあれば、自信をもって転職活動に臨むこともできます。

しかし、今までの仕事からはこれといってアピールできる実績もなく、資格も普通免許くらいしかないという人もいます。

転職を考えたことをきっかけに、自分には人にアピールできるものが何もないと感じてしまい、さらに自分に対する自信を失ってしまうことから、転職に踏み切る自信が持てないことがあります。

面接が怖い

転職活動をする時に避けて通ることができないものに「面接」があります。

面接では、自分が転職先の会社でどのような働きをしていけるのかをアピールする必要があります。

しかし、そのアピールも自分に自信がないことで面接中には極度に緊張することになり、緊張から面接がうまくいかないことで、さらに面接が苦手になってしまうという悪循環に陥ることがあります。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
私も面接が大の苦手で、面接の帰り道はいつもうつむきながら帰ることになっていました。

転職をする限り必ず面接をすることになり、その面接を突破する自信がないことで、転職に踏み切れない人がいます。

年齢が高い

自分の年齢が高いことで、転職に踏み切れない人がいます。

転職では、年齢が高くなるほど求人の数も少なくなり、転職活動も難しくなります。

そのため、自分の年齢を理由に自信が持てず、転職を諦めてしまう人がいます。

みんな自信を持って転職してる?転職する自信がない人に考えて欲しい4つのこと


転職をする自信が持てない理由には、今までの学歴や働き方、転職活動に対する苦手意識が大きく影響していましたが、転職する自信のない人が最初の一歩を踏み出すためには、どうすればいいのでしょうか?

みんな自信を持って転職しているわけではない

自分に自信がない人は周りの人がみんな自信を持って転職活動をしているように考えがちですが、本当にそうなのでしょうか?

下のデータは転職成功者の平均応募者数になりますが、転職成功者が転職活動を始めてから内定をもらうまでに応募した求人の数が平均して17.7社となっています。

「DODA転職成功者 平均応募社数」より

また、約48%の人が11社以上の企業に応募していることが分かります。

複数の内定をもらっている人もいるため一概には言えませんが、逆の見方をすると「転職者の半数近くの人が10社以上の企業に応募しなければ内定をもらえない」という見方もできます。

自分に自信がない人は、自分以外の人は転職活動をスムーズに進めているように考えがちですが、このデータからは多くの人が転職先がなかなか決まらないことで自信を失いつつ、それでも何とか転職活動を進めていることが読みとれます。

転職活動に自信がないのは自分だけではなく、多くの人が自分に自信のない中で転職活動を進めていることを意識することで、転職活動の最初の一歩が踏み出しやすくなります。

アピールポイントはいっぱいある

転職する自信がない人の多くが、自分には企業にアピールするものが何もないことを理由に転職できないと考えてしまいますが、本当にそうでしょうか?

今まで経験してきた仕事を通して、本当にアピールできるものは何もないでしょうか?

会社に勤めた経験がある人は仕事の職種や勤務期間に関わらず、出勤日には毎日会社へ出社していたはずです。

「毎日決まった時間に会社へ行く」

これも立派なアピールポイントです。

そんなの誰でもやってる当たり前のことだよ

そう考える人も多くいると思いますが、本当にそうでしょうか?

言葉だけを見ると当たり前のことのようにも思えますが、毎日会社に行くには当然仕事に向けて体調を整えておく必要があります。

自分が好き放題の生活をして、出勤日に体調を崩していれば、会社に行くことはできません。

また、決まった時間に会社に行くためには出勤に使う電車やバスの時間から逆算して、出勤するまでの準備時間なども考えて朝も起きる必要があります。

誰もが当たり前に考えていることですが、決まった時間に会社に行くというその裏側には、努力しなければできないことがたくさん隠されています。

しかし、面接の時にそのまま伝えても、アピールすることができない場合もあります。

正直者転職者A
正直者転職者A
私は毎日真面目に遅刻をせず会社に行きました!
面接官A
面接官A
それはすごい!もう即採用!

という反応にはならず、多くの場合

正直者転職者A
正直者転職者A
私は毎日真面目に遅刻をせず会社に行きました!
面接官A
面接官A
、、、、、、、
面接官A
面接官A
、、、、、、?
面接官A
面接官A
、、、だから?

こんなつれない反応をされることも、あるかもしれません。

そのため、まずは「毎日会社に通っていただけで自分に自信を持っていい」ということは胸にしまいつつ、面接の時には別のポイントをアピールする必要があります。

時間通りに出社することは当たり前だと思われますが、始業前に仕事の段取りを行い、仕事を効率的に進めて残業時間なども実際に減らすような「働き方の工夫」をしていれば、面接時にも十分なアピールポイントになります。

このような働き方の工夫など、資格や仕事の実績以外にも自分が普段当たり前のようにやっている仕事の中にも、アピールできることがたくさん隠されていることがあります。

今の自分の働き方を振り返り、何かアピールできるものを見つけることで、自信を持って転職活動に臨むことができます。

アピールできるものがどうしてもない人は、明日からでも会社で働き方の工夫をしていくことで、面接時のアピールポイントを生み出すことができます。

今の自分にアピールできるものが無いと感じている人は、自分には何もないと考えるのではなく、アピールできることを生み出すことで、転職活動にも自信を持って臨むことができます。

1年後の自分を想像してみる

自分に自信がないことで転職に踏み切れない人は、1年後の自分の姿を想像してみて下さい。

今の自分に自信が持てないことで転職に踏み切れない状態が続いた場合、1年後の自分はどのような生活を送っているでしょうか?

  • 幸せそうな自分の姿が見えますか?
  • 自分に自信がないことで転職に踏み切れず、苦しみ続けている自分の姿がみえますか?

転職をすれば全ての問題を解決できるわけではありませんが、悩み続けているだけでは、現状が変わらないことは間違いありません。

転職したいと悩み続けながら過ごす1年間も、行動を起こして転職活動を始めた後に過ごす1年間も、どちらも「同じ時間」を過ごすことになります。

この過ごした「時間」は、後からどんなに頑張っても取り戻すことはできません。

目の前の状況で頭が一杯になり、1年後の自分の姿を想像することが難しい人もいるかもしれませんが、少し未来の自分の姿を想像することで、今の自分がやるべき事が見えることもあります。

「不採用」の心配ではなく「後悔しないこと」を考える

自分に自信がないことで転職に踏み切れない人は「不採用」の心配ではなく「後悔しないこと」について考えてみて下さい。

転職活動で100社の企業に応募し、100社の企業から不採用通知を受けても、何も問題はありません。

しかし、自分に自信がないことで悩み続けるだけでは、時間だけが過ぎていきます。

先ほども見たように、どんなに頑張っても、時間だけは後から取り戻すことはできません。

悩み続けても問題は解決しませんが、何か行動を起こせば必ず目の前の現実は変わります。

また、転職活動を始めたからといって、必ず転職する必要はありません。

転職活動を進める中で自分の会社の良いところが見えてきて、転職活動を途中で止める人も多くいます。

転職活動を始めた後に「転職をしない」という選択をすることも、1つの転職活動です。

本当に考えるべきことは「不採用」の心配をすることではなく「後悔しないこと」についてです。

自分に自信がない人が転職を成功させる方法


転職する自信がない人は、現在の自分や未来の自分を見つめ直すことで、転職するための最初の一歩が踏み出しやすくなることをみてきました。

しかし、自分に自信がない人の中にはどうしも自分に自信を持つことができず、転職活動をうまく進められない人もいます。

そのような人は第三者に転職サポートを受けながら転職活動を進めてみて下さい。

「自分に自信がない」という悩みは、突き詰めていくと自分1人の思い込みと考えることもできます。

周りから見るとずば抜けて優れた能力をもっている人も、本人が自分ができないと思っていれば、結局は自信を持てず悩み続けることになります。

そのため、第三者の視点から自分のことを客観的に見てもらうことで、無駄に自信がない自分に悩むこともなくなります。

そのため、転職する自信がない人は転職エージェントを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

 

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動の調整をしてくれる転職サービスになります。

あなたの転職相談にのってくれるキャリアアドバイザー(CA)と、求人開拓をして企業からの情報収集を行うリクルーティングアドバイザー(RA)の2人によって、様々な転職サポートが行われます。(※CAとRAを1人で行う場合もあり)

転職エージェントの具体的な転職サポートには、次のようなものがあります。

転職エージェントの転職サポート
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方のアドバイス等)
  • 転職前に転職先の現場情報を教えてくれる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)

これらの転職サポートを、全て無料で利用することができます。

特に職場の雰囲気や人間関係、上司の情報や本当の残業時間といった現場情報を転職前に教えてもらえるため、転職前後のギャップが小さくなり、転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

良いことだらけの転職エージェントですが、転職エージェントでは利用する転職エージェント転職サポートをしてくれるキャリアアドバイザーによって、転職結果に大きな違いが生じることになります。

特に、利用する転職エージェントによっては、転職サポートどころか転職の大きな妨げになる可能性もあります。

転職エージェントの人材紹介業は、転職を成立させることによって初めて、企業側から紹介料を受け取ることができる「成功報酬型」のビジネスとなっています。

そのため、転職エージェントは企業からもらう紹介料を元に運営されることになり、転職者は全てのサービスを無料で受けられる仕組みになっています。この企業から支払われる紹介料は、一般的に転職者の年収の30%前後と言われており、転職の成立件数を増やし、転職者の年収が高ければ高いほど、受け取る紹介料も多くなります。

そのため、転職エージェントの中には転職者の転職希望を十分に聞かず、無理に転職をさせようとする「ブラック転職エージェント」も存在しているため、注意しながら利用する必要があります。

このように、転職エージェントを利用する時には「転職エージェント選び」が重要な鍵になりますが、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントではいきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

私が実際に利用した転職エージェントの中で、自分に自信がないことによって転職の最初の一歩が踏み出せない人におすすめの転職エージェントは就職Shopになります。

 

就職Shopは業界最王手のリクルートが運営する転職エージェントで、中卒やフリーター、短期間で転職を繰り返した第二新卒など、学歴や職歴に自信のない人をメインに転職サポートを行なっています。

就職Shopの大きな特徴は、次の2つになります。

  1. 書類選考がない
  2. 紹介求人が100%訪問取材済み

1.書類選考がない

転職する自信がない人が最初にぶつかる壁として書類選考があります。

いくら次の転職にかける強い思いや働く意欲があっても、その気持ちを面接で伝える前に、学歴や職歴によって書類選考で落とされてしまうことがあります。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
私も短期間で転職を繰り返した時は、短い職務期間が評価されないのか、書類選考の段階で何度も落とされる経験をしました。書類選考で落とされた時は、自分を否定されたような、なんとも言えない悲し気持ちになりました。

しかし、就職Shopでは学歴や職歴に自信のない人への転職サポートを中心に行なっています。

そのため、採用する企業も転職者の人柄や仕事への意欲を大切にしている企業が中心となるため、書類選考は行われずにいきなり面接へ進むことができます。

「就職Shop HP」より

実際、就職Shopを利用して採用活動を行なった企業も、転職者の今までの経歴だけでなく、人柄や熱意、価値観を採用基準にしている企業が多くいることが分かります。

「就職Shop HP」より

もちろん、面接をしたからといって必ず採用されるわけではありません。

しかし、今まで書類選考の段階で落とされてしまい、面接で自分の気持ちを伝えるチャンスがなかった人も、就職Shopを利用することで、自分の気持ちを面接で確実に伝えられるチャンスを得ることができます。

2.紹介求人が100%訪問取材済み

「紹介求人が100%訪問取材済み」は一見すると当たり前の事のように思えますが、実は当たり前の事ではありません。

先ほど紹介したように、転職エージェントの中には転職の成立だけを考えて、企業側の方だけを向いたブラック転職エージェントも存在します。

あなたは、どちらの求人を紹介されたいでしょうか?

  • 実際に企業へ行って確認され求人
  • 紙面上だけでやり取りされた求人

就職Shopで紹介される全ての求人は、担当者が企業へ実際に足を運んで取材した求人となります。

「就職Shop HP」より

そのため、実際に足を運ばなければ分からない労働環境や職場の雰囲気なども教えてもらうことができるため、求人を出している企業と転職者のミスマッチも少なくなります。

就職Shopでは担当者によって実際に確認された「確かな求人」を紹介してもらえることで転職前後のギャップが小さくなり、転職後の後悔を防ぐことができます。

  1. 書類選考がない
  2. 紹介求人が100%訪問取材済み

これら2つの特徴から、自分に自信のない人におすすめの就職Shopですが、就職Shopを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「就職Shop HP」より

面談予約

就職Shopを利用するためには、まず面談予約をする必要があります。

面談予約後に「求人紹介」「面接対策」と転職サポートが進んでいきます。

就職Shopの面談予約は、名前や生年月日などの基本情報を入力すればできるため、1分ほどあれば多くの方が面談予約を終えることができます。

面談予約する時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、予約する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用の画像もありますので、参考にして下さい。

パソコン用

[metaslider id=”6318″]

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

就職Shopの面談予約時の入力項目
面談予約フォーム
  • 行きたい店舗
  • 予約日時
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • お住いの都道府県
  • 現在の状況

全ての項目を入力すると、下の面談予約の完了画面が出てきます。

この時点で面談予約は完了していますが、そのまま画面内にある「プロフィール事前登録へ」を選択して、プロフィール登録しておくことをおすすめします。

プロフィール登録は面談日当日に記入することもできますが、事前にプロフィールを登録しておくことで、面談をスムーズに進めることができます。

また、プロフィール登録を面談日当日にする人は、早めに店舗へ行く必要があるので注意して下さい。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
私は慌ててやることが苦手なので、事前にプロフィール登録しておきました。自分の職務経歴なども落ち着いて振り返ることができるので、事前のプロフィール登録をおすすめします。

プロフィールの登録内容を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

[metaslider id=”6325″]

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

面談日当日の持ち物、服装

面談日当日は履歴書等、持ち物は何も必要ありません。

服装に関してもスーツではなく、HP内に書かれているようにカジュアルな服装で問題ありません。

服装については指定はございませんので、自由な服装でお越しください。

「就職Shop HP」より

ただし、面接に着ていく服装を確認してもらいたい人は、面談日にスーツで行き服装を確認してもらうことをおすすめします。

まとめ

自分に自信がない人が、転職を成功させる方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

あなただけではなく、多くの人が自信のない中で転職活動を進めていましたが、転職活動を始めたからといって必ず転職をする必要はありません。

実際に転職をするかどうかはともかく、まずは転職活動を始めてみて、転職できないと悩み続ける日々から一歩を踏み出してみて下さい。

就職Shopをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。 公式サイト:就職Shopで求人を探す(面談予約)

10月は転職のチャンス!私が14回の転職で実際に利用したおすすめ転職サイト3選をチェック!
私のおすすめ転職サイトはコチラ
\ 14回の転職で実際に利用 /
私のおすすめ転職サイト3選