あなたもヘッドハンティングされてみる?ヘッドハンターを利用して転職する方法

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「転職活動で『ヘッドハンティング』っていう言葉を聞くようになったけど、どんなサービスなの?経歴に自信はないけど自分も利用できるの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、ヘッドハンターからスカウトを受けて転職活動を進めていくヘッドハンティングについて、メリットやデメリットを交えながら紹介していきます。

ヘッドハンティングに興味はあるものの、どのような転職サービスなのか分からないことで利用を躊躇している人は、ぜひ参考にして下さい。

ヘッドハンティングを利用した転職活動とは?

転職方法には、求人を探す方法から次の3つに分けることができます。

求人検索方法 転職方法
自分で求人を探す ・ハローワーク
・転職サイト
依頼して求人を探してもらう ・転職エージェント
求人を紹介してもらう(スカウトを受ける) ・知人からの紹介
・ヘッドハンティング

自分で求人を探す方法には、転職者の多くが利用するハローワークや転職サイトがあります。

また、依頼して求人を探してもらう方法には、自分の転職希望をキャリアアドバイザーに伝えて、希望条件に合った求人を探してもらう転職エージェントがあります。

そして、こちらから求人探しの依頼をせずに、ヘッドハンターから一方的におすすめ求人の紹介をしてもらう(スカウトを受け取る)ヘッドハンティングがあります。

最終的に求人を紹介してもらうという点では、転職エージェントもヘッドハンティングも同じになりますが、「転職者から求人を探す依頼をしたかどうか」が主な違いになります。

今は少なくなったかもしれませんが、あなたの周りにはこちらから仕事を探しを頼んでもいないのに、仕事の紹介をしてくるような世話好きなおばちゃんがいなかったでしょうか?


あんた、私の知り合いでこないな仕事やっている人がおってな。今人探してるみたいなんやけど。あんた手先が器用やし、今仕事探してるんやろ?やってみるかい?

少し変な言い方かもしれませんが、ヘッドハンティングは「世話焼き好きなおばちゃんから仕事を紹介される全国版サービス」と言い換えることもできます。

ヘッドハンティングの仕事に誤解を与えては申し訳ありませんが「こちらから仕事探しを依頼していなくても、あなたの優れたスキルに注目して仕事の紹介をしてもらえる」

これがヘッドハンティングによる転職活動になります。

転職活動でヘッドハンティングを利用するメリット

自分から仕事を探さなくても仕事を紹介してもらえるヘッドハンティングですが、ヘッドハンティングを利用することで、仕事の紹介以外にどのようなメリットがあるのでしょうか?

自分の市場価値が分かる

ヘッドハンティングを利用した転職活動をすることで、自分の市場価値が分かるメリットがあります。

ヘッドハンターからのスカウトはあなたの社内での評価ではなく、市場におけるあなたの評価になります。

確実に転職できるかどうかは別問題ですが、提示される労働条件やポストによって、自分の市場価値を知ることができます。

転職活動の負担が軽くなる

ヘッドハンティングを利用した転職活動をすることで、転職活動の負担が軽くなるメリットがあります。

求人の紹介から面接のセッティング、作成する職務経歴書などのチェックまで、全てヘッドハンターがやってくれます。

そのため、あなたは転職活動の負担を軽くしながら、紹介された求人のチェックに専念しながら、転職活動を進めることができます。

転職成功の可能性が高くなる

自分で求人を探して応募する場合、応募後するまで転職できるかどうかは全く分かりません。

しかし、ヘッドハンティングによる転職では、ヘッドハンターが転職者と企業とのマッチッグを行なった上で、転職者に求人を紹介します。

ヘッドハンターは転職を成立させることで成果報酬を得ているため、実現が難しいスカウトをすることは少なく、紹介された求人はある程度、転職が成立する可能性が高い案件となります。

またヘッドハンターによる転職サポートもあるため、ヘッドハンティングを利用した転職活動をすることで、1人で転職活動をする場合に比べて、転職成功の可能性が高いメリットがあります。

転職活動でヘッドハンティングを利用するデメリット

ヘッドハンティングされることが難しい

自分にアピールできる強みがない人は、ヘッドハンティングされることが難しいデメリットがあります。

自分で求人を探す時は面接へ進めるかどうかはともかく、自分が希望する仕事へ必ず応募することができます。

また、転職エージェントも、自分が希望する求人を紹介してもらえない場合もありますが、面談で自分の転職希望を伝えることで、応募書類の添削をしてもらったり、転職希望の見直しなど、必ず転職活動でステップアップすることができます。

しかし、ヘッドハンティングによる転職活動では、一方的に求人の紹介を待つという「完全な受け身の転職活動」になるため、ヘッドハンターからスカウトをもらえない人は、転職活動を全く進めることができないデメリットがあります。

転職活動でヘッドハンティングを利用する方法

ヘッドハンティングのデメリットでも見たように、ヘッドハンティングを利用した転職活動は受け身の転職活動になるため、ヘッドハンターからスカウトを受けることが難しい人もいます。

そのような人は、ヘッドハンティング型の転職サイトを利用することで、ヘッドハンティングを利用した転職活動をすることができます。

ヘッドハンティング型の転職サイトは、ヘッドハンターからのオファーを待つだけでなく、転職者自身が一般の転職サイトと同じようにサイトへ自分のプロフィールや経歴を登録します。

登録後、登録データを見たヘッドハンターからスカウトを受けて転職活動を進めていくことになります。

ヘッドハンティング型の転職サイトのおすすめとして、会員数が100万人を突破したビズリーチがあります。

ビズリーチの大きな特徴として、自分でヘッドハンターを選べることがあります。

一般的なヘッドハンティング型の転職サイトでは、登録データを元に求人を紹介してもらう転職エージェントと転職サービスが変わらず、ヘッドハンティングを利用するメリットも小さくなります。

しかし、ビズリーチでは転職者自身が希望するヘッドハンターを選ぶことができるため、自分が転職サポートを受けたいヘッドハンターから転職サポートを受けることができます。

ビズリーチには1,800人以上のヘッドハンターが登録されており、どのヘッドハンターに転職サポートをお願いすればいいのか迷ってしまう人もいますが、ビズリーチでは担当業種や経験年数などからヘッドハンターの絞り込みを行うことができます。

また、ヘッドハンターの検索には採用決定人数や作用決定者の決定年収などの客観的なデータを元にしたビズリーチスコアからもヘッドハンターを絞り込むことができます。

「ビズリーチ HP」より

「ビズリーチ ヘッドハンター検索画面」より

そのため、自分が転職サポートをお願いしたいヘッドハンターをピンポイントで見つけることができるため、転職者自身が納得できる転職活動をしやすくなります。

ヘッドハンティングの利用を考えている人の中には、自分の年収を気にして利用を躊躇している人もいますが、下の記事では私が実際に登録した時の年収も紹介していますので、参考にして下さい。

BIZREACH(ビズリーチ)の会員登録は年収いくらからできるの?分からないから実際に登録して確認してみた!

ビズリーチの登録はほとんどが選択方式になるので、多くの方は10分ほどあれば登録をすることができます。

入力する時の手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

  • 1.ビズリーチ 無料登録開始
  • 2.性別の選択
  • 3.住所の選択
  • 4.生年月日の入力
  • 5.語学レベルの選択
  • 6.最終学歴
  • 7.氏名
  • 8.連絡先
  • 9.転職経験の有無
  • 10.転職希望時期
  • 11.直近の在職企業
  • 12.直近の業種
  • 13.直近の職種
  • 14.直近の業務内容

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スライド写真の項目を全て入力すると下の画面が出てきますので、この時点で登録完了となります。

登録が完了した時点で企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることはできますが、より詳細な職務経歴を登録しておくことで、より多くのスカウトを受け取ることができます。

まとめ

ヘッドハンターからスカウトを受けて転職活動を進めていくヘッドハンティングについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

まだ日本では一般的ではないヘッドハンティングですが、終身雇用制が変化し、20代から40代までの社会人の2人に1人は転職を経験している※1ほど、現在では転職することが一般的になっています。

今後ヘッドハンティングによる転職活動も広がっていくことが予想される中、ヘッドハンティングを積極的に利用しながら、あなたが希望する仕事に転職できることを願っています。

※1「2人に1人が転職経験あり 〜転職活動の実態調査」より

公式サイト:ビズリーチで求人を探す(無料)