【例文付き】転職活動の面接で自己紹介をする時に、企業へアピールすべきポイントとは?

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「転職活動での面接。自己紹介をすることもあるけど、一体何をアピールすればいいんだろう?」

このような悩みを抱えている人はいないでしょうか?

この記事では、転職活動の時に行う自己紹介について、アピールすべきポイントや、自己紹介を成功させるためのポイントについて紹介しています。

これから面接を受ける予定の人は、ぜひ参考にして下さい。

面接で自己紹介をする意味とは?

面接で質問される自己紹介ですが、氏名や名前の職務経歴など、応募書類を見れば分かるも分かっています。

なぜ、面接で自己紹介をする必要がるのでしょうか?

転職者の話す様子を見る

面接官は転職者が自己紹介で話す内容はもちろん、話す内容と同じくらい話す時の様子に注目しています。

転職者が自己紹介をする時の話し方や話す時の表情、声の様子など、話をしている時の様子から様々なことが見えてきます。

  • コミュニケーション能力はあるか
  • 論理的思考ができているか
  • 冷静な判断ができるか

転職者が話す様子や自己PRの内容を通して、採用後に仕事を任せられるかどうかの判断しています。

面接で自己紹介をすることの効果とは?

企業側には、採用する時の大きな判断材料の1つになる面接での自己紹介ですが、転職者側からすると、面接での自己紹介には、どのような効果があるのでしょうか?

自分の印象が決まる

面接で行う自己紹介は、ほとんどの場合、面接の最初に行うことになります。

人は初めて会った人の第一印象を、出会ってから3秒で決めるという話もあり、自己紹介をする時の様子が、転職者の印象を決める大きな要因になります。

第一印象は簡単に変わることがなく、ましてや短い面接のうちに変えることは難しくなるため、自己紹介をする時の様子で抱かれた第一印象が、面接の終わり・転職の成否に大きな影響を与えることになります。

転職者の自信に繋がる

先ほども言ったように、ほとんどの自己紹介は面接の最初で行うことになります。

そのため、多くの人が緊張した状態で臨む面接で、最初に話すことになる自己紹介がうまくいくことで、その後にされる質問にも自信を答えることができるようになります。

一方、自己紹介がうまくできなかった場合、その面接の最後まで自己紹介の失敗を引きずってしまい、面接自体を失敗してしまうことも少なくあります。

自己紹介の出来が、面接の出来に大きな影響を及ぼすことがあります。

【例文紹介】面接で自己紹介をする時にアピールすべきポイントとは?

転職の成否に関わる面接での自己紹介ですが、自己紹介には話す時間以外にほとんど決まりがなく、自分が伝えたいことを自由に話すことができます。

そのため、逆に何を伝えればいのか迷ってしまい、面接の自己紹介を苦手にしている人も少なくありません。

面接で自己紹介をする時には、どのようなことをアピールすればいいのでしょうか?

転職先の会社で生かせること

転職者の詳しい情報は、既に提出している履歴書や職務経歴書を読めば、面接官は知ることができます。

そのため、履歴書や職務経歴書に書いてあることをただ棒読みに読むのではなく、

自己紹介をする内容としては、制限時間があることなども考え、転職先の仕事に生かせる前職の経験に絞って話すようにしましょう。

仕事以外に、自分の趣味や関心があること話したくなる人もいますが、自己紹介以外にも、面接が進む中で話す機会は多くあります。

この自己紹介では多くのことをダラダラと話すのではなく、仕事の話に絞って話すようにしましょう。

【自己紹介 例文】経理で転職するケース

〇〇と申します。

本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございます。

前職では経理として、日々の現金出納管理から売掛金・買掛金の管理、年次決算業務までを行なっていました。

キャッシュフローの観点から売掛金を削減するために、取引先に対して支払いサイクルを短縮してもらい、前期比で自己資本比率を15%改善することができました。

経理での経験をさらに深めたく、国際会計にも挑戦したい気持ちから、長年西欧を中心に海外展開を行なっている御社に応募させていただきました。

本日はどうぞよろしくお願いいたします。

面接での自己紹介を成功させるための3つのポイント

面接でアピールすべきポイントについて紹介しましたが、面接での自己紹介を成功させるには、いくつかのポイントがあります。

ポイントの中でも、特に大切な3点を紹介しますので、面接を控えている人は、参考にして下さい。

事前に準備しておく

面接では、ある程度本番にならなければ分からない質問もあり、その場で答えを考えなければいけない質問も多くあります。

しかし、自己紹介のように、回答にある程度まとまった時間を与えられるような質問の場合、その場で答えを考えることは至難の技になります。

完全に暗記する必要はありませんが、箇条書きのようにして、どのような自己PRをするのか事前に準備しておくことで、本番の面接で聞かれた時にも焦ることなく、落ち着いて対応することができます。

大きな声ではっきりと

何度も確認しているように、自己紹介は面接の最初に行われ、何を答えればいいのか正解はありません。

そのため、最初の自己紹介を自分が納得できる形で伝えることにより、その後にされる質問にも自信を持って答えることができるようになり、面接成功に大きく近づくことができます。

正解はなく、自己PRの答えは自分しか分からないため、先ほど伝えたアピールすべきポイントを外さなければ、何を言っても間違いではありません。

そのため、面接開始の緊張をほぐすためにも、自信を持って大きな声ではっきりと自己紹介をするようにしましょう。

転職の専門家に相談する

面接の自己紹介で話す内容を考えた場合、自分の今までの職歴や自分自身の強みを通して、自分の何がアピールできるのかを考えることになります。

しかし、自分のことは自分が一番分かっているようで、いざ自分のアピールポイントを考えてみると、思いつかない人も少なくありません。

そのような人は、転職エージェントに相談しながら、自分のアピールポイントを考えてみて下さい。

転職エージェントは、転職の専門家であるキャリアアドバイザーが、あなたの転職成功のために、様々な転職サポートを行なってくれるサービスになります。

転職サポートには、面接対策はもちろん、応募書類の履歴書や職務経歴書の添削も含まれているため、自分では気づかない、転職の専門家から見たアピールポイントを見つけてもらうこともできます。

しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあるため、どの点エージェントを利用すればいいのか迷ってしまいますが、転職エージェントの中でも特に面接対策に力を入れているリクルートエージェンをおすすめします。

リクルートエージェントは、タウンワークやリクナビなど、求人探しや転職でおなじみのリクルートが運営している転職エージェントになります。

リクルートエージェントは面接対策の1つとして、「面接力向上セミナー」を主催しています。

もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの面接力向上セミナーに行ってきました!

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が35%UPし、受講者の99%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

面接での具体的な対策はもちろん、なぜ面接をするのかといった「面接をする意味」を考えるセミナーとなります。

そのため、面接に臨む意識そのものを変えることができるセミナーとなるため、面接に苦手意識を持った人には、特におすすめのセミナーとなります。

セミナーへの参加は、リクルートエージェンの無料登録後にすることができます。

登録は下の公式サイトから5分ほどで出来ますので、面接での自己紹介や自己PR対策をしたい人は、ぜひ登録をしてみて下さい。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたの面接がうまくいくことを願っています。

公式サイト:リクルートエージェンに登録する(無料)