転職に失敗!退職した会社に出戻りしたい人が出戻り前に考えるべき事

管理人ミチオ

管理人ミチオ

  • 「退職したのはいいいけど、転職先が決まらない。元の会社に戻ることはできるかな」
  • 「転職したけど、自分が思っているような会社じゃなかった。もし可能なら退職した会社に出戻りしたい、、、」

このように退職したことを後悔して、もう一度退職した会社に出戻りしたいと悩んでいる人はいないでしょうか?

この記事では、転職に失敗してしまった人が、退職した会社に出戻りする前に考えるべきことを紹介しています。

退職したことで前の会社に対するイメージが変わり、出戻りをすれば全てがうまくいくと感じている人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職に失敗して退職した会社に出戻り。それって自分だけ?


一度辞めた会社へ出戻りすることに抵抗を感じる人もいますが、あなたのように出戻りすることを考える人はいないのでしょうか?

企業に行なったアンケートによると、一度辞めた社員を再雇用したことがある企業は全体の7割を超え、多くの企業で出戻り社員を受け入れた経験があることが分かります。

「エンジャパンHP」より

また、出戻りを受け入れている割合は2016年に比べて増加しており、出戻り自体が珍しいことではなくなっていることが分かります。

一方、ほとんどの会社が制度を設けて出戻り社員を受け入れているのではなく、退職した社員ごとに対応していることが分かります。

「エンジャパンHP」より

そのため、このデータの裏側には出戻りがしやすい社員(仕事で実績があった人、円満退社した人など)と、出戻りしにくい社員(円満に退社できなかった人など)がいることも分かります。

いずれにしても、出戻りを考えているのはあなただけではなく、多くの人が退職した会社に出戻りしていることが分かります。

転職に失敗!退職した会社に出戻りしたい理由とは?

出戻り自体が珍しくなくなっていることが分かりましたが、そもそも、なぜあなたは退職した会社に出戻りしたいと思うようになったのでしょうか?

新しい転職先が決まらない

会社を退職したのはいいものの、なかなか転職先が決まらないことから、退職した会社へ出戻りを考えることがあります。

転職先が決まるかどうかは、実際に転職活動を始めてみなければ分かりません。

実際に転職活動を始めたのはいいものの、思うように転職先が決まらないことで、気持ちも日に日に焦っていくことになります。

あまり無職期間が長引くことで生活面での問題もあり、背に腹はかえられず、退職した会社に出戻りを考えることがあります。

思っていたような転職ができなかった

無事に転職先は決まったものの、転職先の会社が思うような会社でなかったことから、退職した会社へ出戻りを考えることがあります。

転職前はいい会社だと思っていたものの、実際に働くことで初めて分かることもあります。

  • 実際に働いてみると、職場の人間関係が最悪だった
  • 残業はないと聞いていたのに、毎日当たり前のようにサービス残業がある

また、新しい職場で働くことで、様々な点において前の会社との比較もできるようになり、新しい職場で働くことが辛くなればなるほど、退職した会社に出戻りしたい気持ちも強くなっていきます。

自分が思っていたような会社に転職できなかったことで、退職した会社に出戻りしたくなることがあります。

退職した会社に出戻りするメリットとは?

自分が満足のいく転職ができないことが、退職した会社へ出戻りを考える理由になっていました。

あなたが実際に退職した会社に出戻りすることで、あなたと会社にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

即戦力として仕事ができる

あなたが今まで働いていた会社です。

新しい転職者を受け入れた場合は仕事のやり方も一から教える必要がありますが、あなたが会社に出戻りした時は、あなた自身がスムーズに仕事を始められることはもちろん、会社にとっても即戦力として働いてもらえるメリットがあります。

あなたが退職した会社に出戻りすることで、即戦力として働けるメリットがあります。

採用・教育コストがかからない

先ほどの即戦力とも関連しますが、新しい転職者を採用する時は、お金も時間もかかります。

求人広告を出して募集をかけ、応募者の中から自分の会社が求めている人材を見つけていきます。

また、採用後も仕事を教える時間はもちろん、場合によっては外部のセミナーへ参加させるなど、新しい転職者の採用活動と教育には、多くの時間とコストがかかります。

しかし、今まで働いていたあなたを採用すれば求人広告を出す必要もなく、仕事を一から教える教育面の負担もほとんどありません。

出戻りするあなたを受け入れることで、会社側には採用・教育コストがかからない大きなメリットがあります。

安心して採用できる

新しい転職者を採用する時は、履歴書や職務経歴書、面接などを通して、転職者がどのような人なのかを確認していきます。

しかし、職場のみんなとうまくやっていけるかなど、一緒に働かなければ分からないことも少なくありません。

一方、今まで一緒に働いていたあなたを採用する時は、会社はあなたがどのような人なのか既に分かっているため、全く分からない人を採用する場合に比べて、安心して採用できるメリットがあります。

新たな視点で会社を見ることができる

一度外の世界を経験してから元の会社に出戻ることで、新たな視点で会社を見ることができます。

今まで働いていた時には当たり前だと思っていた事も、他の会社を経験することで、他社と比較しながら今までと違った視点で会社を見ることができます。

あなた自身のメリットだけでなく、会社側にも新しい風が入ることになり、職場が活性化するメリットもあります。

退職した会社に出戻りするデメリットとは?

退職した会社に出戻りすることでメリットがある一方、出戻りすることで次のようなデメリットもあります。

職場での目が厳しい

一度仕事を辞めて戻ってきたことに対して、退職理由や出戻りしてきた理由はともかく、職場の中にはあなたの行動を快く思わない人もいます。


戻ってきたのはいいけど、またすぐに辞めちゃうんじゃない?

すごいな。よく辞めた会社に戻ってこれるな、、、

出戻りすることで、職場の厳しい視線に耐えながら働かなければいけないデメリットがあります。

思っていた会社と違う

出戻りするまでの期間によっては、自分が働いていた頃の会社と比べて、環境が大きく変わっていることがあります。

仕事のやり方はもちろん、職場の人間関係も大きく変わっていることになり、自分が思っていたような会社でなくなっていることで、思うような働きができない可能性もあります。

出戻りした社員が期待していた働きができないことで、受け入れた会社側も周りの従業員に示しがつかず、苦しい立場になってしまうことがあります。

出戻りした会社が以前の会社と変わっていることで、出戻りした人と会社の双方が、苦しい思いをするデメリットがあります。

退職した会社に出戻りする前に考えるべき事とは?


退職した会社に出戻りすることで、あなたと会社の双方にメリットとデメリットがあることを見てきました。

これらのメリットとデメリットを踏まえた上で、退職した会社に出戻りする時には、次のことを考えてから行動を起こすようにして下さい。

自分が退職した理由を考える

退職した会社に出戻りする前に、あなたが元の会社を退職した理由について、もう一度よく考えてみて下さい。

今は出戻りしてもう一度働きたいと考えている会社ですが、以前働いていた時には、何かに不満を感じていたはずです。

その不満も、時間とともに記憶の中から薄れていきます。


前は職場の人間関係がうまくいかなかったけど、今の自分ならきっとうまくやれる!

このように感じる人もいますが、退職した時のあなたと今のあなたに、どのような変化があるでしょうか?

退職した時の自分と今の自分に何の変化もなく、一時的な感情の高まりや目の前の状況から解放されたい気持ちで出戻りをした場合、出戻りした後にもう一度会社を辞める可能性もあります。

自分が以前に退職した理由を十分考えずに出戻りをした人の中には、再び会社を辞めてしまう人が少なくありません。

以前に自分が退職した理由についてもう一度よく考えた上で、出戻りするかどうかの決断をして下さい。

出戻りしたい自分の意思を再確認する

出戻りするデメリットで見たように、あなたが出戻りすることに対して、様々な感情を持つ社員がいます。


戻ってくるなら、初めから辞めなければいいのに。1回辞めてから戻ってくるのって、ちょっとビックリ

俺主任になったけど、戻ってきたからまた平に戻るのかな。今まで頑張ってやってきたのに、、、

このような感情を持った人の中で働く可能性もありますが、それでもあなたの出戻りしたいという気持ちに変わりはないでしょうか?

自分が出戻りすることに対していい感情を持っていない人が職場にいても出戻りしたい意思が変わらないのか、自分の意思の固さについてもう一度よく確認してみて下さい。

出戻りしたい理由を考える

退職した会社に出戻りしたい人は、数ある会社の中から、なぜ以前に辞めた会社に出戻りしたいのか「出戻りする理由」について考えてみて下さい。

世の中には420万社を超える企業があるとされています。

数ある会社の中から、あなたが一度辞めた会社に戻らなければならない理由はあるのでしょうか?

  • もし転職先が嫌なら、他の会社に転職するのではダメなのでしょうか?
  • 転職先が決まらない人は、もう少し転職活動を続けることはできないのでしょうか?

数ある会社の中から、なぜ前の会社に出戻りしたいのか、もう一度よく考えてみて下さい。

前の会社に戻る必要がない人は転職も考える

  1. 以前に自分が退職した理由を考える
  2. 出戻りしたい自分の意思を再確認する
  3. 出戻りしたい理由を考える

退職した会社に出戻りしたい人に3つのことを確認してもらいましたが、この確認作業の中で、自分が前の会社に戻らなければいけない理由が見つからない人は、転職することも考えてみて下さい。

確かに働いたことのある職場は、全く知らない会社に転職するより安心感はありますが、先ほども確認したように、あくまであなたが一度辞めた会社です。

会社の状況はもちろん、あなた自身が以前と変わっていなければ、出戻り後にまた仕事を辞めることになり、その後の転職がさらに難しくなることもあります。

  • 思うような会社に転職できなかったので出戻りしたい
  • 転職活動がうまくいかないから出戻りしたい

このような人は転職エージェントを利用した転職活動をしてみて下さい。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人で転職活動をする時には知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報を、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントではいきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

様々な転職エージェントがある中で、私が実際に利用しておすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

1.求人数・転職成功実績の多さ

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて求人数が圧倒的に多くなっています。

下のグラフは大手転職エージェントの求人数を比較したものになりますが、リクルートエージェントの求人数が圧倒的に多くなっています。

※2018.6.13時点

多くの求人の中から紹介してもらうことで、自分が希望する求人に出会える確率が高まり、転職成功の可能性も高くなります。

その証拠として、リクルートエージェントは現在までに40万人以上の転職者を転職成功に導いています。

「リクルートエージェントHP」より

また、求人数比較のグラフ内容を見ると、非公開求人が求人全体の約80%を占めています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする主な理由には、次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認から、面接対策・応募書類対策といった具体的なアドバイスまで、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、全ての対応が事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

管理人ミチオ

管理人ミチオ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

3.面接対策に強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによる模擬面接も行なっていますが、都内で毎日開催されている「面接力向上セミナー」がとても有効な面接対策になりました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が35%UPし、受講者の99%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

※「リクルートエージェント 公式HP」より

セミナー内容が面接をする意味から面接本番の具体的な行動まで、面接をトータルに考えるセミナーとなっていました。

セミナーを受講することで、面接前の準備から面接本番で注意すべきことが具体的に分かるだけでなく、面接に臨む意識そのものを変えることができました。

もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの面接力向上セミナーに行ってきました!

このように、リクルートエージェントでは、模擬面接やセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

これら3つのポイントによって「自分が納得できる転職」ができるため、リクルートエージェントがオススメの転職エージェントになります。

 

リクルートエージェントを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「リクルートエージェント HP」より

リクルートエージェントを利用するためには、まず無料登録をする必要がありますが、登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

この5分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルの少ない求人の中から自分に合った求人を紹介してもらえるようになり、面接対策も強化することができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

  • リクルートエージェント 無料登録開始
  • 1.転職希望
  • 2.プロフィール・職務経歴

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

  • 1.転職希望時期、希望勤務地
  • 2.直近の年収、直近の経験職種、生年月日
  • 3.メールアドレス、性別、名前
  • 4.住所、電話番号、最終学歴
  • 5.英語力、就業状況、これまでの職歴
  • 6.直近の勤務先情報
  • 7.資格、サイトアクセスのきっかけ
  • 8.求人志向チェック
  • 9.登録完了

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

全ての項目を入力すれば、登録完了となります。

登録後は担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

転職エージェントを利用することで、転職前に転職先企業の内側を知ることができるため、転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのはあなた自身です。

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)