仕事の悩み

仕事とプライベートは割り切る?2つの上手な切替え方法と両立ポイント

管理人ミチオ
管理人ミチオ
  • 「毎日仕事ばかりの生活で、プライベートの時間が全くない」
  • 「仕事とプライベートの両方を充実させたいけど、うまくいかない」
  • 「仕事を割り切るようにしたけど、仕事とプライベートの切り替えがうまくできない」

このように、仕事とプライベートの両立に悩んでいる人はいないでしょうか?

この記事では、仕事とプライベートの上手な切り替え方法から、2つを両立させるためのポイントを紹介しています。

仕事とプライベートのどちらか1つではなく、2つを充実させたいと考えている人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

仕事とプライベートの両立が難しい理由とは?


仕事とプライベートを両立させ、どちらも充実させることが理想です。

しかし「二頭追うものは一頭を得ず」と、ことわざにもあるように、仕事とプライベートの両立を求めるあまり、結局どちらも中途半端になってしまうことがあります。

なぜ、仕事とプライベートを両立することは難しいのでしょうか?

職場環境

職場環境によって、仕事とプライベートの両立が難しくなることがあります。

仕事が終わればプライベートの時間となり、定時になれば帰宅しても問題ありません。

しかし、業種や職種によっては繁忙期に仕事量が増加するため、会社都合で残業をしなければいけないこともあります。

また、残業が当たり前の雰囲気になっている職場では、自分だけ先に帰ることは難しく、残業によってプライベートの時間が少なくなっていきます。

会社都合や職場の雰囲気のような職場環境によって、仕事とプライベートの両立が難しくなることがあります。

仕事とプライベートを割り切れない

自分の中で仕事とプライベートを割り切れないことで、2つの両立が難しくなることがあります。

仕事で起きた問題や職場の人間関係など、プライベートの時間になっても仕事のことが頭から離れないこがあります。

家に帰ってからも頭のどこかに仕事のことがあり、完全にリラックスすることが難しくなります。

逆に、プライベートの問題を仕事に持ち込んでしまうことで仕事に支障をきたし、問題になることもあります。

仕事とプライベートをうまく割り切ることができずに、仕事とプライベートの両立が難しくなることがあります。

仕事とプライベートを割り切ることのメリット

仕事とプライベートの両立が難しくなる理由を見てきましたが、そもそも仕事とプライベートを両立させる働き方が一番いい働き方なのでしょうか?

仕事とプライベートを割り切るからこそ、得られるメリットはないのでしょうか?

精神的な負担を減らせる

仕事とプライベートを割り切る働き方をすることで、精神的な負担を減らせるメリットがあります。

仕事をしていれば、楽しい事ばかりがあるわけではありません。

自分と合わない上司との人間関係や、やりたくない仕事、連日遅くまでの残業など、仕事をする時には精神的に辛くなることも少なくありません。

しかし、仕事とプライベートを割り切る働き方をすることで、仕事が終わればプライベートの時間となり、仕事の辛さからは自動的に解放されることになります。

仕事とプライベートを両立させることで、プライベートの時間にまで仕事のことを持ち込んでしまうこともありますが、仕事とプライベートを割り切ることで、そのような心配もなくなります。

仕事とプライベートを割り切ることで、精神的な負担を減らしながら働けるメリットがあります。

働き方が効率的になる

仕事とプライベートを割り切ることで、働き方が効率的になるメリットがあります。

仕事とプライベートを割り切ることで、自然と就業時間内に仕事を終わらせる働き方になります。

そのため、就業時間内で仕事が終わるように自分で働き方を工夫することになり、仕事の進め方も自然と効率的な働き方となります。

仕事とプライベートを割り切ることで、仕事の進め方が効率的になるメリットがあります。

仕事とプライベートを割り切ることのデメリット


仕事とプライベートを割り切ることで得られるメリットがある一方、2つを割り切ることで、次のようなデメリットもあります。

職場の人間関係が限定的になる

仕事とプライベートを割り切ることで、仕事中は自分がやるべき仕事に集中することになります。

働き方としては正しく、本来仕事中は仕事以外のことを話す必要はありません。

しかし、職場の中にはそのような働き方をする人を「コミュニケーションが取れない人」「協調性がない人」と判断し、快く思わない人もいます。

そのため、職場の中での人間関係が限定的なものになり、ひどい場合には仕事をする上で支障が出るほど人間関係がこじれてしまうこともあります。

職場は友達づくりをする場ではありませんが、仕事とプライベートを割り切ることで、職場の人間関係が限定的になるデメリットがあります。

仕事とプライベートを両立させるためのポイント

仕事とプライベートを割り切る働き方をすることで得られるメリットとデメリットを見てきましたが、仕事とプライベートを割り切る働き方をすることで、自分が満足のいく働き方を手に入れられる人もいます。

しかし、仕事とプライベートの2つをバランスよく両立させることで、自分が満足のいく働き方を手に入れられる人もいます。

仕事とプライベートを両立させてどちらも充実させたい人は、次のことを試してみて下さい。

理想の「仕事とプライベートのバランス」を考える

仕事とプライベートを両立させてどちらも充実させたい人は、自分が理想とする「仕事とプライベートのバランス」を考えてみて下さい。

  • 仕事はマイペースにできて、アットホームな雰囲気の職場で働けたらいいな
  • 生活の中で仕事が占める割合は8割。残りの2割で好きな所に旅行に行ければ、仕事もプライベートも充実
  • 仕事が忙しい時の方が充実感を感じる。自分の頑張りが評価されやすい成果主義の職場で働けると、仕事の充実を感じられる。
  • 趣味のシュノーケリングを1年中やっていたい!生活の中で3割が仕事で7割は趣味の時間にできたら最高!

このように、仕事やプライベートに対する考え方は人によって大きく異なるため、仕事とプライベートに充実を感じる状態も人によって異なります。

仕事とプライベートを両立させてどちらも充実させたい人は、自分が理想とする「仕事とプライベートのバランス」を考えてみて下さい。

今日の仕事は今日中に終わらせる

仕事とプライベートを両立させてどちらも充実させたい人は、今日の仕事は今日中に終わらせることを意識してみて下さい。

今日やるべき仕事を今日中に終わらせることで、できなかった仕事のことをプライベートの時に気にする必要もなく、仕事とプライベートをうまく両立させることが出来ます。

また、今日の仕事を今日中に終わらせるためには、今日にやるべき仕事を把握する必要があり、自然と「自分がやるべき仕事の全体」を確認することになります。

そのため、自分がやるべき仕事の全体が分からず「仕事が終わらない漠然とした不安」を感じることもなくなります。

今日やるべき仕事を今日中に終わらせることで仕事がうまく回ることになり、仕事とプライベートの2つが充実することになります。

とにかく仕事に集中する

仕事とプライベートを両立させてどちらも充実させたい人は、仕事中はとにかく仕事に集中することを意識してみて下さい。

仕事とプライベートを両立させた働き方をするためには残業をなくす必要があり、自分のやるべき仕事を就業時間内に終わらせる必要があります。

本来、仕事中は仕事以外のことを話す必要もありませんし、本当に仕事に集中していれば周りと話す余裕もなくなります。

自分がやるべき仕事をやらずに定時に帰れば問題もありますが、自分がやるべき仕事をやった上で定時に帰るのは問題なく、会社にとっても望ましい働き方です。

しかし、仕事とプライベートの両立が難しい理由のところでも紹介したように 、職場の中には「残業=仕事を頑張っている」と考えている人もおり、定時に帰ることをよく思わない人もいます。

そのような職場では、就業時間中は職場の誰よりも仕事に集中することで、誰からも文句を言われない状況を作ることができます。

就業時間中は仕事に集中することで、仕事とプライベートの両立ができるだけでなく、あなたの働きが会社にとっても大きなメリットになります。

気持ちを切り替えるルーティーン作業を作る

仕事とプライベートを両立させてどちらも充実させたい人は、自分の中で気持ちを切り替えるルーティーン作業を作ってみて下さい。

作業内容は何でもいいのですが、自分が会社帰りに必ずやる作業の中から1つの作業を選び、その作業をした後はどんなことがあっても仕事のことは一切考えないようにします。

  • タイムカードを押したら仕事のことは考えない
  • 会社のエレベータに乗ったら仕事のことは考えない
  • 会社の最寄駅に着いたら仕事のことは考えない

このように、自動的に頭の中を仕事のことからプライベートへ切り替えるようなルーティーン作業を作ることで気持ちの切り替えがスムーズになり、仕事とプライベートの両立がしやすくなります。

時間管理する

仕事とプライベートを両立させてどちらも充実させたい人は、時間管理を意識してみて下さい。

仕事とプライベートを両立させるには、手帳やスマホを使ってそれぞれのスケジュール管理をすることが不可欠になります。

自分のスケジュールを目に見える形で確認することで、仕事の時間とプライベートの時間を意識しやすくなり、仕事とプライベートの切り替えもしやすくなります。

時間管理を意識することで、仕事とプライベートの両立がしやすくなります。

仕事とプライベートを両立させやすい仕事へ転職する

これまで紹介したポイントを実行しても、仕事とプライベートの両立が難しい人もいます。

  • 上司が意味なく残業するので、どうしても定時に帰ることができない
  • 職場の人間関係が悪く、平常心で仕事をすることが難しい

今の職場で働き続ける限り、仕事とプライベートを両立させてどちらも充実させることが難しい人は、転職することも考えてみて下さい。

自分が希望する働き方が実現しやすい仕事へ転職することで、仕事とプライベートのどちらか1つではなく、2つを両立させながら生活することができます。

しかし、勇気を出して転職したからといって、自分が希望する転職を必ずできるわけではありません。

自分がいいと思って入った会社の人間関係が最悪で、毎月30時間のサービス残業をするような「ブラック企業」に転職してしまう可能性もあります。

あなたの目的は転職することではなく、転職後に自分が気持ちよく働けることです。

いくら転職できても、ブラック企業のような会社で苦しみながら働くことになれば、何のための転職だったのか分かりませんが、現実は4人に1人が転職したことを後悔しています。

「転職会議report」より

転職を後悔する理由には様々なものがありますが、どの理由も突き詰めていくと「転職前後のギャップ」が転職を後悔したことに繋がっています。

転職して後悔したこと
1位 給料が希望と異なる
2位 経営者や社員と合わない
3位 社風が合わない
4位 経営状態や将来性が不安
5位 残業が多い
6位 仕事内容が希望と異なる
7位 組織や環境が整っていない
8位 休日が少ない
9位 正当に評価してもらえない
10位 キャリアアップできない

「DODA 転職して良かったこと・後悔したことTOP10」を元に作成

このような転職の後悔や失敗のリスクを最小限にするためにも、転職エージェントを利用した転職活動を進めてみて下さい。

 

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントのメリット・デメリット
メリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の生の情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
デメリット
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、転職エージェントが希望条件に合った求人を探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人で転職活動をする時には知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報を、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントではいきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

様々な転職エージェントがある中、私が14回の転職で実際に利用しておすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

1.求人数・転職成功実績の多さ

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて求人数が圧倒的に多くなっています。

下のグラフは大手転職エージェントの求人数を比較したものになりますが、リクルートエージェントの求人数が圧倒的に多くなっています。

※2018.6.13時点

多くの求人の中から紹介してもらうことで、自分が希望する求人に出会える確率が高まり、転職成功の可能性も高くなります。

その証拠として、リクルートエージェントは現在までに40万人以上の転職者を転職成功に導いています。

「リクルートエージェントHP」より

また、求人数比較のグラフ内容を見ると、非公開求人が求人全体の約80%を占めています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする主な理由には、次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認から、面接対策・応募書類対策といった具体的なアドバイスまで、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、全ての対応が事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

管理人ミチオ
管理人ミチオ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

3.面接対策に強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによる模擬面接も行なっていますが、都内で毎日開催されている「面接力向上セミナー」がとても有効な面接対策になりました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が35%UPし、受講者の99%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

※「リクルートエージェント 公式HP」より

セミナー内容が面接をする意味から面接本番の具体的な行動まで、面接をトータルに考えるセミナーとなっていました。

セミナーを受講することで、面接前の準備から面接本番で注意すべきことが具体的に分かるだけでなく、面接に臨む意識そのものを変えることができました。

もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの面接力向上セミナーに行ってきました!

このように、リクルートエージェントでは、模擬面接やセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

  1. 求人数・転職成功実績の多さ
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

これら3つのポイントによって「自分が納得できる転職」ができるため、リクルートエージェントがオススメの転職エージェントになります。

 

リクルートエージェントを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「リクルートエージェント HP」より

リクルートエージェントを利用するためには、まず無料会員登録をする必要がありますが、登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

この5分間の手間をかけるだけで、先ほどの「面接力向上セミナー」にも参加できるようになり、16万件以上のライバルの少ない求人の中から自分に合った求人を紹介してもらえるようになります。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

  • リクルートエージェント 無料登録開始
  • 1.転職希望
  • 2.プロフィール・職務経歴

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

  • 1.転職希望時期、希望勤務地
  • 2.直近の年収、直近の経験職種、生年月日
  • 3.メールアドレス、性別、名前
  • 4.住所、電話番号、最終学歴
  • 5.英語力、就業状況、これまでの職歴
  • 6.直近の勤務先情報
  • 7.資格、サイトアクセスのきっかけ
  • 8.求人志向チェック
  • 9.登録完了

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

リクルートエージェント登録時の入力項目
転職希望
  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • メールアドレス
プロフィール・職務経歴
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 最終学歴
  • 経験社数
  • 現在の就労状況
  • 業種
  • 現在、直近の勤務先
  • 雇用形態
  • 在職期間
  • 英語力
  • 海外赴任経験

全ての項目を入力すれば、登録完了となります。

登録後は担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
転職エージェントを利用したからといって、必ず転職をする必要はありません。あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進むようにしましょう。

転職エージェントを利用することで、転職前に転職先企業の内側を知ることができるため、転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのはあなた自身です。

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)