働き方

また発作が、、、仕事でのパニックとうまく付き合う方法とは?

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「どうしよう、全然仕事が終わらない」

仕事をしていると、仕事の忙しさやミスをきっかけにパニックになってしまう人も。

仕事でパニックになってしまうことで悩んでいる方は是非この記事を読んでみてください。

この記事を読んで明日からの仕事をパニックにならずに少しでも落ち着いて取り組めるようになればうれしく思います。

仕事でのパニック。どんな状態になるの?

「仕事でパニックになる」

一言でパニックと言っても、パニックになることでどのような状態になるのでしょうか?

頭の中が真っ白になる

パニックの状態として頭の中が真っ白になり、何も考えられなくなることがあります。

仕事を早くやるように言われて焦って仕事をしているうちに、何からやればいいのか分からなくなってしまいパニックに。

頭の中が真っ白になり、どうしていいのか分からず何もできなくなってしまうことがあります。

発作が起きる

パニックになることで発作が起きてしまい動悸や呼吸困難、過呼吸などになることがあります。

状態によっては危険な状況もあるので医師の診断も必要になりますが、多くの場合、パニックが治ればいつも通りの状態に戻ることになります。

泣く

パニックになるとわけもなく涙が出てきてしまい、涙が止まらなくなってしまうことも。

急に泣いてしまうことで周りも驚くことがありますが、パニックが収まることで涙も止まり元の状態に戻ります。

仕事でパニックになる原因は?

仕事でパニックになると様々な症状があわられ、状況によっては危険な場合もありますが、パニックの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

仕事での緊張

上司に怒られたり人前での発表など、仕事で緊張することによってパニックを引き起こすことがあります。

相手は普通に伝えたつもりでも、受け手がひどく怒られたと感じることでパニックを引き起こすことがあるので注意が必要です。

仕事のミス

仕事でのミスを必要以上に気にすることでパニックを引き起こすことがあります。

周りから見ると誰でもするような些細なミスも、本人にとっては許すことができない大きなミスと感じ、自分のミスによって周りの人に迷惑をかけてしまうのではと不安な気持ちになりパニックを引き起こすことがあります。

まじめな性格

「仕事は完璧にやらなけれならない」

「ミスは許されない」

仕事への責任感が強く、仕事に真面目に取り組むような人が仕事でパニックを引き起こすことが多いと考えられています。

先ほども紹介したように、周囲からみるとなんでもないミスも本人にとっては大きなミスに感じることも。

本人の性格がパニックの原因に関係していることがあります。

仕事でのパニックはもう嫌だ!パニックを防ぐ対処法とは?

仕事でパニックを引き起こす原因にはその人の性格も大きく影響していることをみてきましたが、仕事でのパニックを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか?

気持ちを落ち着ける

普段から仕事でパニックを起こしている人は、パニックが起きそうな時が自分の中で分かることも。

自分の中でパニックが起きそうな時だと感じた時は、深呼吸をしてリラックスしたり冷たい水を飲むことで気分を切り替えることでパニックになることを少しでも抑えることができます。

医師に診てもらう

仕事でのパニックはあがり症や極度に緊張しやすいというだけでなく、パニック障害という可能性も。

仕事でのパニックが度々起き、仕事を進める上でも支障が出ている状態の時には病院へ行き診察してもらうことも必要です。

どうしても今の仕事が合わない時は、、、

仕事内容が自分に過度な緊張を強いるような場合には仕事を変えたり働き方を変えてみることで、仕事でのパニックを減らし自分がより働きやすい環境を作ることができます。

そんな時は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

転職を14回繰り返す中で様々な転職エージェントを利用しましたが、他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。

  1. 求人数の多さ(非公開求人数)
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

 

1.求人数の多さ(非公開求人数)

リクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介してもらえる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)
  • 採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認や、面接対策・応募書類対策などの具体的なアドバイスなど、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、対応の全てが事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

私はリクルートエージェントを2回しか利用していませんが、担当者の当たりはずれがある転職エージェントであることを感じました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

このように、リクルートエージェントには担当者の当たり外れがありますが、これに関してはどの転職エージェントにもある問題となります。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール連絡担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

どうしても担当者と合わない時は、変更してもらうようにしましょう。

リクルートエージェントの担当者変更は、こちらからできます → 問い合わせ

※担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼も伝えるようにしましょう。

私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

 

3.面接対策が強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

担当者の面接アドバイスも具体的なものが多く参考になりましたが、都内ではほぼ毎日開催されている「面接力向上セミナー」が面接対策にとても効果がありました。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が15%UPし、受講者の97%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

リクルートエージェントでは、担当者による面接サポートやセミナー受講を通して、面接対策に取り組むことができます。

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます。

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになり、面接対策も強化することができます。

 

転職エージェントを利用することで、自分とは違った転職の専門家の視点で求人を探すことができるため、自分に合った求人に出会える可能性を高めることができます。

しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのはあなた自身です。

今やっている「目の前の仕事の事」だけではなく

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」

という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

 

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたがパニックとうまく付き合いながら働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)

転職を決意した人は…

職場の人間関係やマンネリ化したサービス残業など、様々な仕事の悩みから転職を決意した人は今すぐ求人探しを始めて下さい。

求人を探すだけなら何のリスクもなく、在職中から無理なく転職活動を進められます。

求人誌やハローワークなど求人探しには様々な方法がありますが、ネットで簡単に求人を探せる転職サイトや希望条件に合った求人を紹介してもらえる転職エージェントがおすすめです。

私が14回の転職で実際に利用したおすすめの転職サイトや転職エージェントをまとめたので、転職サイトや転職エージェント選びの参考にして下さい。

私のおすすめ転職サイト・エージェント