仕事を辞めたい

辛い仕事を1ヶ月で辞める前に悩み・苦しんだ事と実際に辞めて感じた事

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「新しい仕事を始めてまだ1ヶ月だけど、もう仕事を辞めたい…」

このような気持ちで悩んでいる人はいないでしょうか?

何を隠そう、私自身が1ヶ月で仕事を辞めたいと思い、実際に辞めてしまった1人になります。

この記事では、私が実際に1ヶ月で仕事を辞める前に悩み苦しんだことや実際に仕事を辞めて感じたことについて紹介しています。

今の仕事を始めて1ヶ月ほどなのに、もう仕事を辞めたいと悩んでいる人は、是非この記事を読んでみて下さい。

あなたが実際に仕事を辞めるかどうかはともかく、この記事があなたにとっていい方向に進むための参考になれば嬉しく思います。

1ヶ月で仕事を辞めたい人は…

働き始めて1ヶ月で仕事を辞めようと考えている人は現在の職場で我慢し続けることも1つの方法ですが、転職活動をすること自体には何のリスクもありません。

自分以外の会社の存在を意識することで、自分の会社を別の視点から見つめ直すこともできます。

私が実際に1ヶ月で仕事を辞めた時に利用した転職エージェントの就職Shopは紹介される全ての求人で書類選考が免除され、面接で必ず自分の気持ちを伝えることができます。

今の仕事を1ヶ月で辞めたいほど辛い人は実際に転職するかどうかはともかく、自分の会社以外の世界(自分の市場価値)を知るためにも就職Shopを利用してみて下さい。

就職Shopを利用する(無料)

えっ、もう辞めるの?私が1ヶ月で仕事を辞めたいと思った理由

上司
上司
1ヶ月じゃどんな仕事かも分からないし、仕事に慣れる慣れない以前の問題だぞ。男ならもっと根性を見せてみろ!

転職して1ヶ月が経った頃、上司に退職することを伝えた時に言われた言葉で、今でもはっきりと覚えています。

私が1ヶ月で辞めた仕事は老人ホーム内の経理で、2回目の転職先でした。

1回目の転職で自分が何もできないことを痛感したことから手に職をつけようと思い、独学で日商簿記2級を取得した後に初めて挑戦した職場でもあります。

日商簿記検定2級取得した日商簿記検定2級

これから新しい仕事を頑張ろうと気合も十分。

期待を大きく膨らませて転職した職場でしたが、働き始めた初日に職場内で衝撃的な出来事がありました。

同僚になる男性が私の上司に当たる人から、みんなの前でこれでもかというほど怒られている現場を目撃しました。

出勤初日で緊張していたこともありますが、大の大人がみんなの前であれほどの勢いで怒られる(罵倒される)光景を見た瞬間、出勤した時にはあれほど膨らんでいた期待が一気にしぼんでしまいました。

本当に大げさな表現ではなく、期待がプスーッと音を立てて小さくなるのを感じました。

正直、その光景を見た時にこの会社で働くことには既に後ろ向きになっている自分がいましたが、実際に働き始めてみると気持ちはさらに沈んだものになりました。

当時の私は簿記の資格を勉強したとはいえ、経理の実務経験は全くありませんでした。

何をやればいいのか全く分からない状態で毎日を過ごすことになりましたが、分からないことを聞きたくても初日の光景があまりにもインパクトが強く、上司に話しかけることすら勇気がいりました。

入社後に職場の人から聞いたところ、あのようにみんなの前で上司が怒ることは、この職場ではよくある光景とのことでした。

それを聞いた時には何でみんなが平気なのかと疑問に思いつつ、職場のみんなが常にピリピリしている状態で働き、会話をすることも遠慮しなければいけない雰囲気の中で仕事をするうちに、仕事に行くこと自体が辛いものになっていきました。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
みんなが心の中で不安や不満を感じているのに、上司への恐怖感から何も言えずにいる…

そんな何とも言えない息苦しくなるような職場の雰囲気でした。

  • 初日の衝撃的な光景
  • 恐ろしい上司にゴマをすりながら気に入られようと働く人
  • ギクシャクした人間関係
  • 話すことすら難しい職場の雰囲気

このような様々な原因が絡み合い、転職してから1ヶ月もしないうちに、精神的にはかなり追い詰められた状態で仕事をするようになっていました。

私が1ヶ月で仕事を辞めようとした時に悩み苦しんだ事

働き始めて1ヶ月もしないうちに仕事を辞めようか悩み始めた時、自分の中でいくつもの不安や苦しみが出てくるようになりました。

  • 自分は本当にこのまま仕事を辞めていいんだろうか?
  • 自分は1ヶ月でこの会社の何が分かったんだろうか?
  • もう少し働けば、この会社のいいところも見えてくるんじゃないか?
  • 今仕事を辞めるのは逃げなんじゃないか?
  • 同僚のみんなだって苦しい思いをしながら仕事をしているじゃないか?
  • 1ヶ月で仕事を辞めようとする自分は、やっぱりダメな人間なんじゃないか?
  • 仕事を辞めた後、こんな自分を雇ってくれる会社はないんじゃないか?

仕事のことを考え始めると次から次へとこんな不安が頭の中に浮かんでは消えることを繰り返し、食欲もなくなる状態が続きました。

仕事から帰っても頭の中は仕事のことだけしか考えらず、仕事が休みの日も気が休まることがありませんでした。

仕事を1ヶ月で辞めようとしている自分に対して、いつも心のどこかに大きな引け目を感じる辛い日が続きました。

私が1ヶ月で仕事を辞めようと決意したきっかけ

いつもあたふたと仕事をしている自分も、みんなと同じように上司から怒られることが増え始めることで精神的にも辛い状況が続いていました。

そんな中、何とか仕事を続けていましたが、仕事を辞めようと決意する出来事がありました。

ある日、上司から1週間後の夕方までにやるよう仕事を頼まれたので、早めにやってしまおうと、仕事を頼まれた日の午前中に仕事に取りかかりました。

翌日の夕方に上司から頼んだ仕事を出すように言われ、まだ締め切りが来週なので出来ておらず、明日には終わることを伝えると、突然大声で怒られました。

最初は自分が仕事の締め切りを間違えたのかと思いスケジュールを確認してみると、やはり締め切りは1週間後の夕方になっていました。

そのことを上司に伝え、明日の午前中に仕事が終わり次第確認してもらいたい旨を伝えると、上司からは仕事が遅いということで、またさらに怒られることになりました。

自分としては締め切りから5日ほど前倒しで仕事を仕上げようとしていたので、どうしても上司の言い分に納得できませんでした。

仕事の締め切り日だけでなく、いつまでに仕事を上司に見せたほうがいいのかを確認していなかった私にも非はありました。

しかし、いつものようにみんなの前で怒られた事と、理不尽なことを言われた怒りも加わって、自分の中で張り詰めていた何かが壊れるような感覚になりました。

仕事をしていればこんな些細なことではなく、もっと理不尽なことに耐えて仕事をしている人もたくさんいます。

当時のことを思い出すと、自分の幼稚さに恥ずかしくなりますが、その当時の自分はそれを我慢することができず、その怒られた3日後に上司へ退職することを伝え、冒頭に書いような言葉を上司から言われました。

この文章を読んで頂いている人の中には私が怒られたことをきっかけに我慢ができず、1ヶ月で仕事を辞めてしまうことに対して、仕事に対する考え方の甘さや子供のようだと感じる人も多くいるかもしれません。

今から振り返れば、あの時すぐ仕事を辞めずに働き続ければ仕事の違った面を経験できることも間違いなくあったでしょうし、仕事を続けることで上司との関係もまた違ったものになっていたかもしれません。

しかし、それはあくまでも今から当時を振り返った感想であり、あの当時の自分は1分1秒でも早く今の仕事を辞めたい気持ちで頭の中が一杯になっていました。

これ以上仕事を続けたら心が壊れてしまい、もう元の自分に戻れないのではと、本気で考えるほど追い詰められていました。

私が辛い仕事を実際に1ヶ月で辞めてみて感じた事

精神的に追い詰められたことや自分の未熟さから結果的には1ヶ月という短期間で仕事を辞めることになりましたが、実際に仕事を1ヶ月で辞めてみて感じたことは

「今の仕事に自分が満足しているから1ヶ月で仕事を辞めて良かった」

ということになります。

はっきりと「1ヶ月で仕事を辞めて良かった!」と言いたいのですが、今の自分が当時の自分に対して「1ヶ月で仕事を辞めても大丈夫だよ」とは、どうしても言えません。

私と同じように1ヶ月ほどで仕事を辞めようか悩んでいる人に対して、何かビシッとアドバイスを言えればいいのですが、正直そんな立派なアドバイスを私は持っていません。

しかし、優柔不断な私でも1つだけ自信を持って言えることがあり、今から当時のことを振り返ってみると

「仕事を1ヶ月で辞めたことが問題ではなく、辞めた後の自分の生き方が大切」

ということがあります。

「生きていく」というと何だか大げさに聞こえますが「どんな仕事を選び、どんな働き方をしていくか」と言い換えることができるかもしれません。

仕事を辞めた後に自分が望む働き方ができなければ辛く苦しい思いをした1ヶ月間も、ただの嫌な思い出になってしまいます。

しかし、辛く苦しい思いをした経験を何かの形で生かしながら自分が望む働き方をその後にできれば、その辛かった経験も嫌な思い出ではなく、むしろ自分の財産のように感じることができます。

実際に私も1ヶ月で仕事を辞めてしまった当時の経験を嫌な思い出ではなく、今では自分の人生の財産のように感じることができています。

働く期間や何かを続けることはもちろん大切なことですが、「経験したことをこれからの自分にどのように生かしていくのか」ということは、それと同じか、それ以上に大切なことなのかもしれません。

辛い仕事を1ヶ月で退職した後にやった私の転職活動

自分の中では1年にも感じるほど長く感じた1ヶ月の仕事ですが、退職後にすぐ転職活動を始めたかというと、すぐに転職活動を始めることはできませんでした。

簿記の資格も自分なりに努力して取得し、これから手に職をつけるために経理の仕事を続けていく気持ちは強く持っていましたが、何かをする気が全く起きませんでした。

その時はまだ実家にいたのでご飯も食べるのさえ面倒に感じ、外に出る気はもちろん起きず、ただ寝ていたいという気持ちだけでした。

今思うと半分鬱のような状態になっていたのだと思いますが、その後1ヶ月ほどは寝ているだけの何もしない状態が続き、その後次第にもう一度働きたいという気持ちが出てくるようになりました。

転職活動を始める前は「簿記の資格さえあれば転職もすんなりいくだろう」と、どこか甘く考えていましたが、転職活動を進めていくうちに自分の考えが甘いことを痛感するようになりました。

実際に転職活動を初めてみると「1ヶ月で退職」という事実は思っていた以上に大きな壁で、書類選考で落とされることはもちろん、面接をしても1ヶ月で退職した理由がうまく答えられず、なかなか内定をもらうことができませんでした。

このように転職活動が思うように進まない中、自分一人で転職活動を進めることに限界を感じ転職エージェントを利用することにしました。

 

転職エージェントは転職者が自分1人で求人探しから応募までをやる「検索型転職サイト」ではなく、転職者と企業の間に入り様々な転職サポートをしてくれる無料の転職サービスになります。

検索型転職サイト 転職エージェント 違い

転職エージェントを利用する主なメリットとデメリットは次のようになります。

  • 転職希望に合った求人を紹介してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先のリアルな情報が分かる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報、本当の残業時間等)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある

私は退職後に利用しましたが、転職エージェントを利用すれば条件に合った求人を紹介してもらえるので、在職中に転職活動をする人も仕事と転職活動を無理なく両立することができます。

また、自分1人の転職活動では知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先のリアルな情報が転職前に分かるため、転職前後のギャップによる転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

一口に転職エージェントといっても大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで全国に約18,000もの転職エージェントがありますが、私がこの時利用した転職エージェントは就職Shopになります。

 

就職Shopは業界最王手のリクルートが運営する転職エージェントで、私のように前職を短期間で退職した人やフリーターから正社員を目指す人など、自分の職歴に自信のない20代の転職サポートに特化した転職エージェントになります。

私が就職Shopを利用した最大の理由は何度も落とされた書類選考対策で、就職Shopで紹介された求人は全て書類選考が免除され、応募後はいきなり面接へ進むことができます。

就職Shop 書類選考なし引用:就職Shop HP

実際に利用すると面接で落とされることもありましたが、自分の気持ちを面接で必ず伝えられるため、書類選考で落とされた時のような何とも言えない歯がゆい思いをすることがなくなりました。

また、書類選考がないからといってブラック企業のような変な求人を紹介されることもなく、私は簿記の資格を生かせる事務職の仕事に転職することができました。

全ての求人が100%安心とは言えませんが、就職Shopで紹介される求人は担当者が実際に企業へ足を運び確認している求人のため、他の転職エージェントに比べて変な求人を紹介される可能性は低くなっています。

就職Shop 紹介求人 取材済み引用:就職Shop HP
管理人ミチオ
管理人ミチオ
就職Shopを利用したからといって必ず転職をする必要はありません。あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。

公式サイト:就職Shopで求人を紹介してもらう

まとめ

私が実際に1ヶ月で仕事を辞める前に悩み苦しんだことや実際に仕事を辞めて感じたことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

たった1ヶ月で仕事を辞めようとしている自分に対して、自分を責める気持ち将来の自分に強い不安を感じる人も多くいると思います。

しかし、1ヶ月で仕事を辞めるかどうか悩み苦しんだことで将来の自分や仕事について今まで以上に真剣に考えるた人は、たとえ1ヶ月で仕事を辞めることになっても今の会社で働いた意味は必ずあります。

先ほども言ったように、仕事を1ヶ月で辞めることが問題ではなく仕事を辞めた後の自分の生き方が大切です。

いきなり転職することに不安を感じている人は私が退職後に利用した就職Shopを在職中から利用し、仕事と転職活動をうまく両立させてみて下さい。

あなたが実際に1ヶ月で仕事を辞めるかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになれることを願っています。

就職Shop LP就職Shop公式サイト