【実体験】 私が精神的に楽に働けたおすすめの仕事4選と転職方法

管理人ミチオ

管理人ミチオ
「今の職場は人間関係も悪く、仕事で精神的な負担が大きすぎる。もっと精神的に楽な仕事に転職したい、、、」

このうように、精神的に楽な仕事へ転職したいと考えている人はいないでしょうか?

この記事では、精神的に辛い状態で仕事をしている人が、私が実際に経験した精神的に楽に働けるオススメの仕事と転職方法について紹介しています。

精神的に辛い状態で働いている現状を何とかしたい人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、あなたが精神的に少しでも楽に働けるようになれば、嬉しく思います。

精神的に楽な仕事とは?

精神的に楽な仕事へ転職を考えているあなたですが、そもそも精神的に楽な仕事とは何でしょうか?

精神的に楽だと感じることは、人によって大きく異なります。

同じ仕事をしていても、人によっては精神的に楽だと感じる仕事も、別の人にとっては精神的に負担を感じる仕事ということもあります。

例えば、私は工場でベルトコンベアから流れてくる部品を組み立てる仕事をした経験がありますが、私は黙々とやる仕事が好きだったので、工場の仕事は私が経験した仕事の中でも、かなり精神的に楽な仕事になりますた。

しかし、同じ作業を繰り返す単純作業が苦手な人や、人とコミュニケーションを取りながら仕事をすることが好きな人にとっては、精神的に苦痛を感じる仕事になります。

このように「精神的に楽な仕事」と一言でいっても、人によって精神的に楽だと感じる仕事が大きく異なることを覚えておくことが大切です。

精神的に楽な仕事だと感じられない理由とは?

精神的に楽だと感じる仕事が、人によって大きく異なることを見てきました。

そのため、精神的に楽な仕事へ転職したい人は、逆に自分がやっていて苦痛を感じる「精神的に楽ではない仕事」を考えることが大切です。

精神的に楽な仕事だと感じられない理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

職場の人間関係

職場の人間関係を理由に、精神的に楽な仕事だと感じられないことがあります。

程度の差はありますが、仕事をしていれば様々な人と関わりながら仕事をすることになります。

職場の人全員が自分と合う人なら問題ありませんが、現実は職場に自分と合わない人が1人や2人はいるものです。

また、職場の人間関係は仕事をする上で避けることが難しい上に、相手がいる問題のことから、解決するのも簡単にはいきません。

自分と合わない人と関わりながら仕事をすることで大きなストレスを感じることになり、精神的に楽な仕事だと感じられないことがあります。

労働環境が合わない

毎日遅くまでの残業や自分と合わない社内の雰囲気など、労働環境の問題から精神的に楽な仕事だと感じられないことがあります。

残業することでプライベートの時間を削りながら働くことになり、仕事から帰りたいのに帰れないことで、日々大きなストレスを感じながら仕事をすることになります。

仕事で連日の残業!会社から早く帰りたい人が定時に会社から帰る方法

また、アットホームな雰囲気の職場で働きたい人が成果主義の会社で働くなど、自分と合わない雰囲気の職場で働くことでも、大きなストレスを感じながら働くことになります。

自分と合わない労働環境の中で仕事をすることにより、精神的に楽な仕事だと感じられないことがあります。

仕事の頑張りに対価が伴わない

自分がやった仕事に対する対価が伴わないことで、精神的に楽な仕事だと感じられないことがあります。

自分がやった仕事の対価は、給料という形で「お金」を受け取ることになります。

貰える金額の多さが仕事を頑張った評価となり、仕事を頑張ればれば頑張るほど、貰える対価のお金も多くなります。

しかし、給料の金額は様々な条件によって決まることになり、自分が思っている仕事の頑張りが、必ずしも給料の額に反映されているわけではありません。


自分はこんなに仕事を頑張っているのに給料は少ないし、昇給も全然しない。なんか、仕事を頑張るのがバカらしくなってくる

このように、自分の仕事の頑張りが評価されずに対価が伴わないことで、精神的に楽な仕事だと感じられないことがあります。

【実体験】私が精神的に楽に働けたおすすめの仕事4選と転職方法

精神的に楽な仕事だと感じられない理由には、職場環境が大きく影響していることを見てきました。

このような理由を踏まえつつ、私が14回の転職で実際に経験した「精神的に楽に働けた仕事」には、次のようなものがあります。

ルート営業の仕事

営業の仕事をやる前は、職場の先輩や取引先など、色々な人に合わせながら仕事をするイメージを、営業の仕事に持っていました。

しかし、営業の仕事を実際に経験してみると自分のペースで働くことができ、精神的にも楽に働くことができました。

私がやった営業の仕事はペット用品のルート営業で、決まった取引先にペット関連の商品を届けながら営業活動をすることが主な仕事でした。

転職して最初の2週間は先輩に同行しましたが、2週間を過ぎてからは一人で営業活動をするようになりました。

会社を出た後は帰社するまでの移動中の車内はもちろん、お昼も1人で食べることができるので、社外では全ての時間を自分のペースで働くことができました(もちろん、取引先の納品時間などはしっかりと守る必要がありました)

帰社後も、日報を作成した人から帰宅していく雰囲気の職場だったため、1日を通して精神的にも楽に働くことができました。

営業の仕事も様々で、働く業種や職場によって環境も大きく変わることになりますが、色々な人に合わせながら働くイメージのある営業の仕事も、働く職場によっては精神的にも楽に働くことができます。

営業の仕事は他の職種に比べて求人数が多く、どの営業の仕事に転職すればいいのか迷ってしまうこともあります。

私がペット用品のルート営業の仕事に転職した時は、リクルートエージェントを利用して仕事を決めることができました。

リクルートエージェントは業界最王手の転職エージェントで、他の転職エージェントに比べて求人数が圧倒的に多くなっています。

※2018.6.13時点

そのため、多くの求人の中から仕事を紹介してもらえることで、自分が希望する営業の求人に出会える確率も高まり、転職成功の可能性も高くなります。

その証拠として、リクルートエージェントは現在までに40万人以上の転職者を転職成功に導いており、年間3万人以上の転職成功者を生み出しています。

「リクルートエージェントHP」より

営業の仕事に転職を考えている人は、リクルートエージェントの利用をおすすめします。

公式サイト:リクルートエージェントで営業の求人を探す(無料)

工場の仕事

工場の仕事も、精神的に楽に働けた仕事になります。

私が工場で働いていた時の仕事は、ラインの中に入りスマートフォンを組立てる「組立て」の仕事をしていました。

私が未経験で営業職から工場の仕事に転職して感じた魅力とは?

一度作業をするラインに入ってしまえば基本的には人と話すことはできず、黙々と目の前の仕事に取り組むことに。

そのため、誰かと話さなければいけないという人間関係のストレスもなく、精神的にも楽に働くことができました。

管理人ミチオ

管理人ミチオ
ただし、休憩時間などに休む場所がない職場では、大勢の人がいる中で休憩時間を耐えなければいけないこともあるので、注意が必要です。

私が働いた工場は、休憩時間も各自が自由に好きな場所で休憩する工場だったため、1日を通して精神的に楽に働くことができました。

休憩時間に1人でリラックスできるスペースが確保できれば、1日を通して快適に働ける職場となります。

工場の仕事を探す時は、工場の求人に特化した転職サイトの利用をオススメします。

私がスマートフォンの組み立て工場の仕事に転職した時は、工場ワークスを利用して仕事を決めることができました。

工場ワークスは工場求人に特化した転職サイトで、一般の大手転職サイトとの比較はもちろん、工場の求人に特化した転職サイトに比べても、工場ワークスは求人数が圧倒的に多くなっています。

2018.6.30時点

また、求人数だけでなく、作業内容はもちろん、寮の有無座り作業かどうかなど、工場の仕事独特の細かな項目で求人を探すこともできます。

かなり細かい点まで指定しながら、求人を探すことができます

工場の求人を探している人は、工場ワークスの利用をおすすめします。

公式サイト:工場ワークスで工場求人を探す(無料)

トラックドライバー

トラックドライバーの仕事は、かなり精神的にも楽に働けた仕事になります。

仕事の大半はトラックの運転となり、仕事の大半がトラックの中で1人過ごすことになります。

そのため、対人関係によるストレスはほとんどなく、精神的にはかなり楽に働くことができた仕事になります。

働く会社にもよりますが、荷物の積み下ろしが手積みの場合は体力はもちろん、腰への負担も大きくなります。

そのため、トラックドライバーへの転職を考えている人は、荷物の積み方を転職前に確認しておくことをオススメします。

私はトラックドライバーの仕事を2度経験したことがありますが、初めてトラックドライバーの仕事をやる人は派遣から仕事を始めることをオススメします。

派遣の場合、雇用契約を会社と直接結ばず派遣会社と結ぶことになるため、運送業界で多い違法なサービス残業を回避することができます。

私がトラックドライバーとして働き始めた時に利用したのがランスタッドになります。

ランスタッドは世界39ヶ国・地域に4,700以上の拠点を持つ、世界最大級の総合人材サービス会社で、日本国内には117もの拠点があります。

オランダで創業後、50年以上にわたり転職サポートを行ってきた歴史から大手企業とのパイプも強く、大手企業のドライバー求人も数多くあります。

ドライバー求人を探している人は、ランスタッドの利用をおすすめします。

公式サイト:ランスタッドでドライバー求人を探す(無料)

税理士事務所

税理士事務所も、精神的に楽に働けた仕事の1つになります。

税理士事務所の仕事は、担当者ごとに顧客を担当することが多くなります。

私が働いた税理士事務所も担当者ごとに顧客を担当していたため、自分のペースで仕事を進めることができました。

そのため、何か分からないことがない限り、職場の人と関わる機会も少なく、精神的にも楽に仕事をすることができました。

税理士事務所への転職を考えている人はMS-Japanの利用をオススメします。

MS-JAPANは税理士事務所の仕事を始め、経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェントになります。

1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェントになります。

公式サイト:MS-Japanを利用する(無料)

まとめ

精神的に辛い状態で仕事をしている人に向けて、精神的に楽に働けるオススメの仕事と転職方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

世の中には約17,000の職業と420万社を超える企業があるとされていますが、多くの職業や企業の中には、紹介してきたように精神的にも楽に働ける仕事が数多くあります。

精神的に辛い状態で働いている人は今の仕事で頑張り続けることも大切ですが、自分が無理をしないで働ける「自分に合った仕事」について、もう一度考えるようにして下さい。

あなたが、今より少しでも自分らしく働けるようになれることを願っています。