仕事を辞めたい

もうこの仕事は無理かも。新卒が転職を考える理由とは?

管理人ミチオ
管理人ミチオ
「もうこの仕事は無理かもしれない」

今の仕事を、これ以上続けることが無理だと感じている新卒の人はいないでしょうか?

社会に出て初めての仕事に戸惑い、今の仕事を続けることが辛くなっている新卒の人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事を読んで、あなたが仕事を続けることの辛さが、少しでも小さなものになれば嬉しく思います。

新卒の人が仕事を無理だと感じやすい理由とは?

社会に出て初めて経験する仕事。

仕事が自分の思うようにいかないことも少なくありませんが、新卒の人が仕事を無理だと感じる理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

仕事自体が初めて

今までの学生時代と比べて、社会に出ることで周囲の環境が大きく変わることになります。

職場の仕事を覚えるだけでなく、働く上で必要な最低限のマナーなど、覚える事ややるべき事が多くあります。

自分がやるべきことの多さに戸惑い、これから仕事を続けることに不安を感じることで、仕事をこれ以上続けることが無理だと感じてしまうことがあります。

他の比較する仕事を知らない

新卒の方の多くは初めての仕事となるため、自分の仕事と他の仕事を比較する尺度を持っていません。

そのため、今の仕事が他の人の仕事に比べて本当に大変なものなのかも分からず、自分の仕事の大変さもあとどれくらい続くのかも分からないためこれから仕事を続けていくことを無理だと感じてしまうことがあります。

無理だと思う仕事を新卒の人が続けることで起きる問題とは?

新卒の人が仕事を無理だと感じてしまう理由には仕事に慣れていないことからくる不安が大きく影響していることがわかりましたが、無理だと思う仕事を続けることでどのような問題があるのでしょうか?

転職の機会が少なくなる

続けることが無理だと感じる今の仕事を、辞めずに我慢して続けることで学べることも必ずあります。

しかし、年齢が上がるにつれて転職が難しくなっていくこともまた事実。

仕事を我慢して続けていき今の仕事を続けることがどうしても無理だとわかった時には、月日が経ち過ぎて自分が新卒ではなくなっていることで転職が難しくなってしまうことも。

仕事が無理だと思いつつ仕事を続けることで転職のチャンスを失ってしまうことがあります。

肉体的、精神的に大きなストレスを感じる

初めての仕事で毎日仕事に行くだけでも大きな疲労を感じるもの。

その仕事がもう続けることが無理だと感じるほど大きなストレスを感じる仕事の場合、ストレスを感じている状態が続くことで肉体的に疲れるだけでなく、精神的にも大きなストレスを感じてしまい、ひどい場合には仕事にいけなくなるような状態になってしまうこともあります。

仕事が嫌いになる

新卒の方の多くが初めてとなる仕事が続けることが無理だと感じるほど辛い仕事に。

働く人の考え方によって楽しいものにもなる仕事が辛くつまらないものになってしまい、仕事自体が嫌いになってしまうことがあります。

新卒の人が仕事を無理だと感じた時に考えるべきこと

新卒の人が仕事を無理だと感じながら仕事を続けることで転職の機会が少なくなってしまうだけでなく、働けない状態になったり仕事が嫌いになってしまうことも見てきましたが、新卒の方は無理だと思う仕事にどのように向き合っていけばいいのしょうか?

転職をして無理だと思う仕事と距離を置くことで全てが解決するのでしょうか?

転職することは悪いことではない

一昔前の終身雇用が当たり前の時代は転職自体が珍しいもので、転職に対しては

「今の仕事を続けられなかったからするもの」
「今の仕事を我慢できなかったからするもの」

というネガティブなイメージがあり、今でもそのイメージが多少なりとも残っています。

その一方、現在は転職自体が珍しいものではなくなり、2人に1人が転職をするような時代になっている事実も。

DODA 2人に1人が転職経験あり 〜転職活動の実態調査より

年代別にみても、新卒の人の多くが該当する25歳から29歳の人も実際に転職した人が35.3%と、3人に1人以上が転職を経験している状況に。

そのため未だに残っている

「転職が今の仕事が続けられなかった」

というようなネガティブなイメージを持つことなく、自分により合った仕事に出会うためのポジティブな手段の1つと考え、無理だと思う仕事に対しては転職を否定的に考えないことが大切です。

転職すれば必ず全て解決するわけではない

転職を否定的に考えないことが大切な一方、転職すれば続けることが無理だと思う仕事の問題全てを解決してくれる魔法のような手段ではないことも知っておく必要があります。

転職することで、一時的には自分が無理だと感じている仕事から離れることができるため精神的に余裕をもち、これからの仕事についても冷静に考えることができることに。

しかし自分が無理だと思う仕事には転職先でまた同じように出会うこともあり、転職すればもう永遠に無理だともう仕事に出会わないわけではないことを知っておく必要があります。

どうしても今の状況が難しければ転職も考える

転職に対して悪いという認識をなくす一方、転職が全てを解決できるものではないことも知っておく。

その上で今の仕事に向き合ってもどうしても転職をしたいという気持ちがなくならない人は転職することも考えてみてください。

無理な仕事を続けることで先ほど紹介したように肉体や精神に大きなストレスを与え続け、働けなくなるような状態になることが一番の問題です。

転職を考えた時に、新卒の人の中には転職自体が初めてという人も少なくありません。

新卒の人で、転職に慣れていない人はぜひ転職の専門家である転職エージェントを利用してみてください。

 

転職エージェントは、あなたに代わって求人探しをしてくれる転職サポートで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントの利用
メリット デメリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 担当者によって、サービスのばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていけるため、求人探しや応募書類の添削のような転職活動の実務のサポートはもちろん、転職活動を続けていくモチベーションも維持しやすくなります。

そして、転職エージェントを利用する大きなメリットに、1人で転職活動をする時には知ることが難しかった転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」のような転職先の生の情報も、転職エージェントを通して知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントといっても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国に約18,000事業所の転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

私も転職する時に複数の転職エージェントを利用しましたが、利用する転職エージェントによって、自分が希望している転職条件が同じ場合でも、紹介してもらえる求人が全く異なる時にはともて驚きました。

私が実際に利用して、おすすめする転職エージェントはリクルートエージェントになります。

 

リクルートエージェントは1977年の創業以来、37万名以上の転職者を転職成功に導いてきました。

この転職成功者の実績は業界NO1で、現在も年間23,000人の転職成功者を生み出し続けています。

転職エージェントの中には転職実績を公表していないところも多くあります。

そのため、リクルートエージェントはイメージではなく実際に結果が出せる転職エージェントであることが分かります。

 

またリクルートエージェントは、他の大手転職エージェントに比べて、紹介できる求人数が圧倒的に多くなっています。

このように、紹介してもらえる求人数が多いことで、多くの求人の中から自分に合った求人に出会える確率も高くなります。

 

グラフの求人内容を見てみると、非公開求人の割合が大きくなっています。

この非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人を非公開にする理由には、次のような理由があります。

・急な退職者など、すぐに人材が必要な場合

・会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合

・大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合

・採用にかかる費用を抑えたい場合(成功報酬型→転職が成立して初めて企業は転職エージェントに紹介料を支払う)

・採用活動を知られたくない場合

企業が転職エージェントに依頼して求人を募集することにより、採用にかかるコスト削減や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も多く存在しています。

さらに、この非公開求人は転職エージェントに登録することで初めて見ることができるため、誰もが見られる公開求人とは違いライバルの少ない求人となります。

 

リクルートエージェントは10分ほどあれば登録することができます

この10分間の手間をかけるだけで、16万件以上のライバルが少ない非公開求人から求人を選べるようになります。

少しでも多くの求人の中から、自分に合った求人を選びたい人は、全て無料で利用できる
リクルートエージェントをフル活用してみて下さい。

 

管理人ミチオ
管理人ミチオ
先ほど、転職エージェントのデメリットとして、担当者によってサービスのばらつきがあることを紹介しました。

転職エージェントを利用する時に、担当者との相性は転職を成功させるための大切な条件になります。

私も実際にリクルートエージェントを利用した時に、どうしても自分と合わない担当者に当たったことがあります。

担当者を変えてもらうことは少し気まずかったのですが、メールで連絡すると2日後に担当者を変更してもらうことができました。

リクルートエージェントでは、どうしても担当者が合わない時はメールで気軽に担当者の変更もできますので、気軽に利用してみて下さい

リクルートエージェントの担当者変更はこちらからできます → 問い合わせ

 

もう無理だと思う仕事も嘆いているだけでは、何も現実は変わりません。

自分が新卒という特権を活かし、自分のやりたい仕事に向けて積極的に行動してみてください。

転職エージェントをうまく利用して、あなたが辞めることがもう無理だと思うほど好きな仕事に出会えることを願っています。


公式サイト:リクルートエージェントに登録する(無料)

転職を決意した人は…

職場の人間関係やマンネリ化したサービス残業など、様々な仕事の悩みから転職を決意した人は今すぐ求人探しを始めて下さい。

求人を探すだけなら何のリスクもなく、在職中から無理なく転職活動を進められます。

求人誌やハローワークなど求人探しには様々な方法がありますが、ネットで簡単に求人を探せる転職サイトや希望条件に合った求人を紹介してもらえる転職エージェントがおすすめです。

私が14回の転職で実際に利用したおすすめの転職サイトや転職エージェントをまとめたので、転職サイトや転職エージェント選びの参考にして下さい。

私のおすすめ転職サイト・エージェント