働き方

仕事を頑張るのやめません?自分が無理をしない「頑張らない働き方」とは?

仕事 頑張らない
管理人ミチオ
管理人ミチオ
こんにちは。今までに14回の転職を経験してきた管理人のミチオです。
  • 「毎日深夜までの残業。でも仕事だから頑張らないと…」
  • 「職場の人間関係がうまくいかない。でも仕事だから頑張らないと…」

このように様々な苦しい思いを我慢しながら仕事を頑張ろうとしている人はいないでしょうか?

この記事では、自分が無理をしない「頑張らない働き方」について紹介しています。

日々の仕事を頑張ることに苦しさを感じている人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

あなたが仕事を頑張る理由はなんですか?

1日の中で起きている時間の半分近くを過ごすことになる仕事の時間。

この仕事の時間を1週間、半年、1年、3年と延ばしていくと、人生の多くの時間を仕事に費やしていることが分かります。

自分の趣味や好きなことに時間を費やした方が楽しい時間を過ごせそうですが、なぜこんなにも多くの時間を仕事を頑張ることに費やすのでしょうか?

ずっと遊んでいられるならとっくにそうしてるよ……

そんな声も聞こえてきそうですが、現実は多くの人が自分が手に入れたいもの・実現したい事のために仕事をしています。

  • 生活・お金のため
  • スキルアップ
  • 自己実現
  • 社会貢献

仕事を頑張る理由は人それぞれ異なりますが、自分の得たいものを得るために仕事をやるのでどんなに疲れている時や辛いことがあっても「仕事=頑張ってやるもの」と考える人が多くいます。

仕事は何があっても頑張らなければいけないもの?

自分が手に入れたいものを得るために頑張る仕事ですが、その仕事は何があっても頑張らなければいけないものでしょうか?

ここで少し私の話をさせて下さい。

プロフィールでも紹介しているように私は人間関係を築くことが昔から大の苦手で、今でもそれは変わっていません。

その人間関係が苦手なこともあり14回という、何だかもうよく分からない転職回数を繰り返してきました。

その14回の転職の中で、ある通信販売会社で経理をしていたことがあります。

詳しくは次の記事で紹介していますが、職場の上司とうまくいかず日々のストレスから軽いうつ病になり、次の職場へ転職するまでに1年半の時間がかかりました。

【実体験】泣くほど辛い仕事を続る人がうつ病前にやるべき3つの対処法私が泣きたいほど辛い仕事を続ける中で軽いうつ病になった体験談も含めて、泣きたいほど辛い仕事を続ける人が今すぐやるべき3つの対処法について紹介しています。 今の仕事が泣きたいほど辛く仕事へ行くこと自体を辛いものに感じている人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。...

その時の経験から仕事を頑張ることはもちろん大切ですが、自分のこれからの働き方を考えることは仕事を頑張ること以上に大切なことだと考えるようになりました。

それまでは何も考えず周囲の人と同じように仕事を頑張ればいいと考えていましたが、体を壊してからは「仕事を頑張らない働き方」あってもいいと思うようになりました。

「仕事を頑張らない」と言うと少し語弊があるかもしれませんが、「仕事を頑張らない」ということは「仕事をいい加減にやる」ということではなく「自分に合った働き方をする」ということです。

仕事を頑張らない「自分に合った働き方」とは?

「頑張る」という言葉の意味を辞書で調べてると次のような説明があります。

「頑張る」

①あることをなしとげようと,困難に耐えて努力する。 「 - ・って店を持とう」 「負けるな,-・れ」
②自分の意見を強く押し通す。我を張る。 「ただ一人反対意見を述べて-・る」
③ある場所を占めて,動こうとしない。 「入口には守衛が-・っている」

引用:三省堂大辞林

困難に耐えて努力することが「頑張る」ということですが、そもそも困難に感じるものが人により異なります。

「今やっている仕事が大好きで24時間やっていたい」

このような人にとっては長時間の残業も体力的には疲れますが困難ではありません。

しかし、仕事よりも家族との時間を大切にしたい人にとっては長時間の残業が家族との時間を減らす「問題」となり、家族との時間を増やすためには乗り越えなければいけない「困難」となります。

どちらの人が良いと言っているわけではなく、それぞれの人に合った頑張らない働き方をすることが大切だと、体を壊して働けなかった1年半の間に強く感じるようになりました。

誰もが同じように仕事を頑張る必要はなく、自分が大切にしたいものを大切にできる働き方が自分に合った頑張らない働き方となります。

仕事を頑張らない「自分に合った働き方」を見つける方法

今の職場で自分らしい「頑張らない働き方」ができる人は本当に幸せな人ですが、全ての人が自分に合った働き方をできているわけではありません。

  • 「自分の時間を持ちたいけど、毎日残業で仕事中心の生活になっている」
  • 「子供との時間を増やしたいけど、仕事が忙しくて子供と過ごす時間がとれない」

今の職場で自分に合った働き方を実現することが難しい人は、働く環境を変えることも考えてみて下さい。

世の中には17,000以上の職業があり、その中には自分に合った働き方ができる「頑張らない仕事」が必ずあります。

自分が大切にしたいものを大切にできる環境で働けるようになれば、1日の中で起きている時間の半分近くを過ごすことになる「仕事の時間」がより良いものとなり、より充実した人生を送ることができます。

 

転職をする時には転職先の会社で自分が希望する働き方ができるか事前調査を行うことが大切になりますが、残業時間が5時間/月と求人票に書かれていても実際の残業時間は30時間/月というように、個人ができる事前調査には限界があります。

そのため、少しでも転職前後のギャップを小さくするために転職エージェントを利用した転職活動をおすすめします。

 

転職エージェントは転職者のあなたと企業の間に入り様々な転職サポートをしてくれる無料の転職サービスになります。

転職エージェント 仕組み

転職エージェントを利用する主なメリットとデメリットは次のようになります。

  • 転職希望に合った求人を紹介してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先のリアルな情報が分かる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報、本当の残業時間等)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に希望条件に合った求人を探してくれるため、仕事と転職活動を無理なく両立することができます。

また、自分1人の転職活動では知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先のリアルな情報が転職前に分かるため、転職前後のギャップによる転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

 

一口に転職エージェントといっても大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントではいきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

様々な転職エージェントがある中、私が14回の転職をする中で実際に利用したおすすめの転職エージェントはリクルートエージェントになります。

他の転職エージェントに比べてリクルートエージェントが良かった点は次の3点になります。

リクルートエージェントが良かった点
  1. 豊富で質の高い求人紹介
  2. 担当者の変更が柔軟
  3. 面接対策に強い

良かった点1.豊富で質の高い求人紹介

多くの大手転職エージェントが平均して2件〜3件の求人紹介でしたが、リクルートエージェントでは4件〜5件の求人を紹介してもらえました。

実際にリクルートエージェントの求人数は他の大手転職エージェントに比べて圧倒的に多くなっているようです。

リクルートエージェント 求人数比較 ロゴ

1件でも多くの求人を紹介してもらうことで、自分が希望する求人に出会える可能性を高めることができます。

また、リクルートエージェントでは他の大手転職エージェントでは紹介してもらえなかった好条件の求人を紹介してもらえましたが、求人の多くが非公開求人となります。

非公開求人はその名の通り、一般の転職サイトには公開されていない非公開の求人となります。

企業が求人募集を非公開にする理由には、次のようなものがあります。

企業が求人募集を非公開にする理由
  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

非公開で求人を募集することでピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあるため、非公開求人には好条件の求人が数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人となり、転職活動を有利に進めることができます。

良かった点2.担当者の変更が柔軟

リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O.Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。

「なぜ転職するのか?」といった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認から、面接対策・応募書類対策の具体的なアドバイスまで、一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら転職サポートを受けることができました。

しかし、2回目に利用した時の担当者(K.Kさん)は、全ての対応が事務的な方でした。

担当者のK.Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。

正直、自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。

この時、私はどうしても担当者のK.Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。

すると、お願いした翌日には対応してくれて、すぐに担当者を変更してもらうことができました。

担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントはメール担当者を変更してもらうことができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

担当者が合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

管理人ミチオ
管理人ミチオ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。私は「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。

良かった点3.面接対策に強い

リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによる模擬面接も行なっていますが、都内で毎日開催されている「面接力向上セミナー」がとても有効な面接対策になりました。

面接力向上セミナーは、セミナー受講者の面接通過率が17%UPし、受講者のセミナー満足度が97%の「受講効果と満足度が高いセミナー」となります。

企業が面接をする意味から面接本番の具体的な行動まで、面接をトータルに考えるセミナーとなっており、面接前の準備から面接本番で注意すべきことが具体的に分かるだけでなく、面接に臨む意識そのものを変えることができました。

もう面接は怖くない!?リクルートエージェントの「面接力向上セミナー」に行ってきました! 面接力向上セミナーはどんなセミナー? まずは、今回受講した面接力向上セミナーが、どのようなセミナーなのか概要を簡単...

3つの理由からおすすめできるリクルートエージェントですが、5分ほどの簡単なプロフィール登録で利用することができます。

この5分間の手間で16万件以上のライバルの少ない非公開求人を紹介してもらえるようになり、面接対策もすることができます。

リクルートエージェント登録時の入力項目

転職希望

  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • メールアドレス

プロフィール・職務経歴

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 最終学歴
  • 経験社数
  • 現在の就労状況
  • 業種
  • 現在、直近の勤務先
  • 雇用形態
  • 在職期間
  • 英語力
  • 海外赴任経験

全ての項目を入力すれば登録完了となり、登録後は全ての転職サポートを無料で受けられるようになります。

リクルートエージェントの転職サポート
  • 転職希望に合った求人紹介
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 企業別面接対策(模擬面接や過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 応募先企業の情報提供(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報、実際の残業時間等)
  • 応募先企業との面接日程調整
  • 応募先企業との給与交渉

リクルートエージェント登録画面

管理人ミチオ
管理人ミチオ

登録後にリクルートエージェントが気に入らない時も、メール1つで退会できるので安心して下さい。また、リクルートエージェントを利用したからといって必ず転職をする必要もありません。あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。

転職エージェントを利用することで、転職前に転職先企業の内側を知ることができるため、転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのはあなた自身です。

「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」という、未来の自分の姿を想像しながら自分が今やるべきことを考えてみて下さい。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

リクルートエージェントLP公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)